お知らせ:2010年8月

 エコギャラリー新宿では、様々な昆虫が観察出来ます。今回、セミの羽化とアゲハチョウの誕生の様子を観察できたので、皆さんにお知らせします。

【セミの羽化】
 昆虫が少ない大都会・新宿でも、セミはたくさんいます。いまごろは町じゅうで、セミの鳴き声大合唱ですが、街路樹や公園の樹木にはセミの抜け殻を見かけますね。セミは意外と私たちの身の回りでも生まれています。
 今ならエコギャラリー新宿のある新宿中央公園でも毎夜、セミの羽化を見る事が出来ます!

【アゲハチョウの誕生】
 8月14日の朝9時ごろ、クロアゲハが、さなぎから出てきました。残念なことに、羽化の瞬間は誰も気づきませんでした。
 クロアゲハは、その日のお昼すぎに、エコ広場新宿の子どもたちに見送られて、中央公園の木々の中へ飛んで行きました。
 エコギャラリーには、まだ幼虫やさなぎがいます。次は、なんのアゲハ生まれるかお楽しみに!

<9月1日追記>
 エコギャラリー新宿では、8月14日にクロアゲハが羽化して以来、8月中に次々と10匹ほどが羽化し、大空に飛んで行きました。(※チョウの数え方は、1頭、2頭というのが正しいそうです)
 皆様のお家にミカンの木はありませんか? エコギャラリー新宿では、このアオムシ君たちを大空へ旅立たせるために、ミカンの葉っぱを集めています。ご協力をお願いします。(お問い合わせ:矢野)