人づくり

※このイベントは終了しました

20160821142953.jpg
2016年度のテーマは「暮らしに活かすエコライフカフェ」です。お茶を飲みながら、環境について楽しく学び、考え、話し合います。講義・体験・ワークショップによる全11回の連続講座を通して、エコライフのヒントを見つけていきましょう。 →「エコリーダー養成講座」について

【会場】
 エコギャラリー新宿・他
【期間】
 2016年10月6日(木)~ 2016年12月15日(木):全11回
【日程】
20160929114833.jpg
 画像はクリックで大きく表示されます。
 時間は原則、13時30分 ~ 16時00分です(変更・延長になる場合があり)。
 ※DAY3及びDAY4の内容について更新致しました。ご確認下さい(9/29更新)
【定員】
 20名(応募者多数の場合は抽選。区内在住・在勤・在学の方を優先。)
 →申込方法はこちら
【その他】
 ○参加費は無料です。
 ○託児サービス(2歳~未就学児)が無料でご利用いただけます。
  ※見学会(DAY3,DAY5,DAY7)を除く
 ○8回以上出席された方に、修了式で区長から修了証が授与されます
  ※DAY9,DAY10の出席は必須

【チラシ】
 ※DAY3及びDAY4の内容について更新致しました。ご確認下さい(9/29更新)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

20160821142953.jpg
 10月から始まるエコリーダー養成講座を前に、過去の受講生から特に人気の高いプログラムを「公開講座」として実施します。まずはお試しください。
 →本講座について詳しくはこちら
 新宿区内のびん、缶、ペットボトル、容器包装プラスチックなどを回収し、資源化に取り組んでいる「トベ商事(足立区入谷8-10-29)」。日頃、わたしたちの出しているごみが、どのように資源化されているか・・現場を見に行く、バス見学ツアーです。

【日時】
 9月29日(木)12時30分~18時
【プログラム(予定)】
 12:30 JR新宿駅西口 出発
 13:20 トベ商事 到着
 13:30 レクチャー・施設見学
 16:30 トベ商事 出発
 18:00 JR新宿駅西口周辺 到着・解散
20160823174700.jpg
【参加費】
 無料
【定員】
 30名(応募者多数の場合は抽選)

【申込み方法】
 件名に「9/29公開講座」、本文に氏名、住所、年代、電話(FAX)番号、メールアドレスを明記し、メールまたはメールフォーム、FAXまたは往復ハガキでお申し込みください(9/15必着)
【お申し込み先】
 新宿区立環境学習情報センター「新宿区エコリーダー養成講座 公開講座」係
 住所:〒160-0023 新宿区西新宿 2-11-4(新宿中央公園内)
 メール:info@shinjuku-ecocenter.jp
 (エラーが出ましたらメールフォームにて)
 FAX:03-3344-4434

暮らしに活かすエコライフ・カフェ⑤を行いました

第5回は「伊勢丹の環境への取り組みー伊勢丹新宿本店見学ー」です。業務推進部 管財担当 施設・環境の小川達夫さんから「三越伊勢丹グループの環境対策について」をお話いただきました。三越伊勢丹では、社を挙げて省エネ・CO2削減に取り組んでおり、とくにLED化は徹底しているそうです。まず店長にLED化した場合の売り場の写真を見せて相談。納得した後に本格的な導入をすすめるそうです。また、小学校への出前授業の実施(環境教育・啓発)、屋上緑化(アイ・ガーデン)、そして宮城県岩沼市での「森の長城プロジェクト」の植樹祭への参加(経営トップも!)など、幅広い環境活動を行っていることを知りました。「ものを売ることが社会課題の解決につながる」という信念をもって活動されているというお話に「わたしたち消費者がすべきこともたくさんあるのでは」と思いました。
つぎに、物流部門での環境配慮を見学しました。ファッション関連で使用するダンボールハンガーは、使いまわしていること。紙ごみとビニールを分別するスペースがあること。従業員休憩所では、分別が徹底されていることを知りました。
屋上のアイ・ガーデンでは、安らぎの空間を作り出す植栽の配置の工夫や、庭園の楽しみ方についてお話いただきました。羽のある生きものは、近隣の新宿御苑からも遊びにくるそうで、"植物を介して楽しめる空間"は、区内の屋上やベランダ、庭をつないでひろがってゆくのだ、と嬉しくもなりました。

【企画運営】平成27年度(第17期)新宿区エコリーダー養成講座企画運営プロジェクトチーム


20151111144541.jpg
つかいまわしているハンガー


20151111144613.jpg
紙ごみとビニールを分別しているスペース


20151111144659.jpg
従業員休憩所の分別スペース(説明:望月さん)

20151111144741.jpg
アイ・ガーデンの竹。あおあおしています(説明:西野さん)


暮らしに活かすエコライフ・カフェ④を行いました
第4回は「暮らしの3R―トベ商事(資源リサイクル工場・びん商)見学―」です。はじめに、戸部昇社長から「新宿区が回収した資源の流れ」をお話いただきました。大量生産・大量消費社会で見落としがちなこと・・・。それは、そもそも"リサイクル(再資源化)"には費用がかかること。残念ながら、"リサイクルしているから大丈夫(環境に配慮している)"といった風潮があることも否めません。また、スチール缶、アルミ缶、PETボトルの回収率が90%に達している反面、容器包装プラスチック、ガラスびんの回収率は減っていること。そして新びん生産量が、リユースびんの15倍近いことも知り、リユースびんの代表格だった"びんビール"をすっかり見かけなくなったことを思いました。明治26年に空きびん回収販売からスタートしたトベ商事。時代の流れや、とりまく地域環境に適応しながら3R事業を貫くその姿勢に感銘をうけました。
そして、"百聞は一見にしかず"の見学です。人の手で選別されてゆく資源の山を見ると、消費者として私たちがすべきことは正しい分別であり、その行動が"未来"をつくるという責任も感じました。帰りのバス中では、ゲストの鈴木富士生さん(新宿清掃事務所事業係長)から、新宿区のごみ分別についての質問にたっぷりお答えいただきました。

【企画運営】平成27年度(第17期)新宿区エコリーダー養成講座企画運営プロジェクトチーム

20151111143148.jpg
戸部さんのレクチャー。

20151111143249.jpg
洗びん。

20151111143320.jpg
PETボトルの山。フレーク状になるまでの過程を見学しました。


20151111143353.jpg
S印は、新宿区の容器包装プラスチックごみ。
うず高く積みあがっています。

第3回は「暮らしの省エネ」。エコアドバイザーの沼田美穂さんをお招きし、「家庭できる省エネのコツ」についてお話いただきました。地球温暖化が進む2100年未来の天気予報では、東京の真夏日が年間107日!最高気温が44℃の日もあります、と紹介。「家庭で1年間に使う電気の量、もっとも多いのは?(答え・エアコン)」「家庭で1年間に使うエネルギーでもっとも多い用途は?(答え・給湯)」といった省エネクイズや"実験"も交えながら、少ないエネルギーで快適に暮らすコツについて教えていただきました。白熱電球とLED電球、電球形蛍光灯のコスト比(電球代+電気代)には、みなさん「ほほぅ」と納得の様子でした!
後半は話し合い。「講義を聞いて目からウロコだったこと/自分で取り組みたいと思ったこと」、そして新聞のエコ関連記事の切り抜きなどを手掛かりに「最近気になるエコ活動」について、なごやかに情報交換しました。

【企画運営】平成27年度(第17期)新宿区エコリーダー養成講座企画運営プロジェクトチーム
暮らしに活かす エコライフ・カフェ③を行いました
ドライヤーの強と弱では、20倍も消費電力が違うという実験!びっくりです(写真は沼田さん)

20151020165043.jpg
家電をチェックします、さっそく節水シャワーヘッドを買います、といった声も。

暮らしに活かす エコライフ・カフェ②を行いました
第2回は「暮らしの水循環と下水道の未来-落合水再生センター見学-」。まず、下落合駅に集合し、せせらぎの里公苑に向かいました。せせらぎの里公苑は、落合水再生センターの上部空間にある公苑。センターで全量砂ろ過された高度処理水が、日量50立方メートル膜ろ過処理され、親水用水として供給されているそうです。
センターでは、下水道の役割としくみ、そして落合水再生センターの特徴(膜ろ過設備)についてレクチャーを受け、第一沈澱池、反応槽、第二沈澱池を見学しました。飲めるレベルまで処理される下水。微生物の働きに驚き、下水汚泥をレンガやブロックに変えるという技術に驚き、そして限りある資源"水"の大切さにもあらためて気づかされる見学会でした。

【企画運営】平成27年度(第17期)新宿区エコリーダー養成講座企画運営プロジェクトチーム

せせらぎの里公苑。ガイドはプロジェクトメンバーの小山さん(中央)。
せせらぎの里公苑。ガイドはプロジェクトメンバーの小山さん(中央)。

神田川の新堀橋手前の高田馬場分水路を確認。増水の際、分水路に水を逃がす段差構造になっています。
神田川の新堀橋手前の高田馬場分水路を確認。増水の際、分水路に水を逃がす段差構造になっています。

微生物が大活躍する反応槽
微生物が大活躍する反応槽

※このイベントは終了しました

暮らしに活かすエコライフ・カフェ

~話し合いながら、理解を深めよう!~

講義と体験学習と話合い(WS)による連続講座!

くらしや地域の環境課題に気づき、地球環境とのつながりを知り、自分達にできることを考え、実行することを目標にしています。
今期のテーマは、「暮らしに活かすエコライフ・カフェ」です。

【期間】
2015年10月1日(木)~12月3日(木) 全10回
時間:13時~16時 (10/22は12時~18時)。若干延長の場合あり。
詳しくは下記の開催予定一覧をご覧ください。
 
【修了規定】
11/19、11/26 を含む8回以上出席した方に、新宿区長より修了証が授与されます。

【会場】
新宿区立環境学習情報センター(西新宿2-11-4)ほか

【対象】
区内在住・在勤・在学の方優先 

【定員】
20名 (先着)
 
【費用】
無料
※託児サービスあり。無料(見学回(2・4・5)の託児サービスはありません)。
2歳から就学前までのお子さんをお預かりします。1歳以下のお子さんについてはお問い合わせください。

【申込み】
「エコリーダー養成講座受講希望」、氏名、住所、年齢、電話(FAX)番号、メールアドレス、託児サービスをご希望の方はお子さんの年齢を明記し、往復はがき、FAX、メール、または「イベントお申し込みフォーム」で環境学習情報センターまでお申し込みください。

新宿区立環境学習情報センター
〒160-0023
東京都新宿区西新宿2-11-4 (新宿中央公園内)
TEL:03-3348-6277
FAX:03-3344-4434
E-mail:
イベントお申し込みフォームはこちら

【募集締切】
2015年9月30日(水)必着

【関連リンク】
チラシのダウンロードはこちら(PDF)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【新宿区エコリーダー養成講座】公開講座『暮らしと未来をつなぐ、エコライフ・カフェ』

第1回 『地球温暖化対策と私たちの暮らし~約束草案実現のキーマンと話そう!』

【日時】
2015年8月31日(月) 13:30~15:30

【講師】
服部桂治 氏 (経済産業省 産業技術環境局 環境経済室長)
コーディネーター 崎田裕子 氏 (NPO法人新宿環境活動ネット代表理事)

【内容】
日本が世界に示したCO2削減目標値「2030年に2013年比-26%」をどう実現する?私のできることは何?約束草案をまとめた担当者と話す、ここがポイント!

【募集人数】
70名(先着)

【会場】
エコギャラリー新宿 1階区民ギャラリー

第2回 『水素社会と私たちの暮らし~水素・燃料電池研究のキーマンと話そう!』

【日時】
2015年9月17日(木) 17:00~19:00

【講師】
佐々木一成 氏 (九州大学主幹教授、水素エネルギー国際研究センター長)
コーディネーター 崎田裕子 氏 (NPO法人新宿環境活動ネット代表理事)

【内容】
燃やすエネルギーから燃やさないエネルギーへ。CO2を出さない水素を活用して、私たちのくらしはこれからどう変わる?どう変える?水素研究を牽引するキーパーソンと描く将来!

【募集人数】
50名(先着)

【会場】
エコギャラリー新宿 2階研修室

<<続きを読む>>

こちらで随時公開してまいりますので今しばらくお待ちください。