企業・事業者

※このイベントは終了しました

事業者向け地球温暖化研修セミナー

伝わるCSR・環境報告書を作ろう!

伝わるCSR・環境報告書を作ろう!

「伝わるCSR・環境報告書とは何か」をテーマに、読み手のニーズを考慮した報告書制作のポイントを学ぶ講義とワークショップを実施します。
実際に報告書を使ってワークショップを行い、気づいた点や参考にしたい点を洗い出しながら分析をしていきます。既に報告書を発行しているが内容を変えたいという企業の方から発行を検討中の企業の方まで、ぜひご参加をお待ちしております。

【日時】
2015年2月27日(金)
14:00~17:00(13:30受付開始)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室
東京都新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内)

【講師】
浅井豊司 氏
(株)フルハシ環境総合研究所 代表取締役

【主な講演内容】
1. 講義 
CSR・環境報告書の最新動向
制作の基礎(制作の流れ、ターゲットの絞り込み、構成時の注意点、他)

2. ワークショップ
個人ワーク(他社報告書を活用した事例分析)
グループワーク(分析結果の共有、着眼点の説明、他)

<<続きを読む>>

第8回 新宿エコワン・グランプリ

環境にやさしい取り組みナンバーワンを決めるよ!
みんなのエコライフを教えてね!

新宿エコワン・グランプリとは…

新宿での環境活動に関し優れた取り組みをした個人・団体・事業所に対し、その功績をたたえるため表彰を行います。
また多様な環境活動の情報を共有し、展開していく場でもあります。

【応募期間】
2014年10月1日~2015年1月15日(当日消印有効)

【募集対象】
新宿区の環境を守る取り組みや活動

【募集部門】
(1)「個人・ファミリー部門」(区内在住の個人または家族)
(2)「グループ(区民団体)部門」(区内で活動するグループ(区民団体等))
(3)「事業者部門」(区内に事業所を有する事業者)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

環境経営塾 公開講座

地球温暖化リスクと人類の選択
―IPCCの最新報告から―

地球温暖化リスクと人類の選択

IPCCの第5次評価報告書によれば、産業化前を基準に世界の平均気温上昇を2℃以内に抑えるという国連の⽬標を達成するには、世界の⼆酸化炭素排出量を今世紀末に向けてゼロに近づけていかねばなりません。
この状況に私たちはどう向き合ったらよいのか、リスク管理の観点から考えます。

【日時】
2014年9月3日
15:00~17:00(14:30受付開始)

【会場】
新宿区立区民ギャラリー(エコギャラリー新宿1F)

【講師】
江守 正多(えもり せいた)氏
1970年神奈川県生まれ
東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。
1997年より国立環境研究所に勤務。
2006年より国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長、
2011年より室名変更のため気候変動リスク評価研究室長。
2004年4月より2009年3月まで海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センターグループリーダー、
2009年4月より2012年3月まで海洋研究開発機構IPCC貢献地球環境予測プロジェクト近未来気候変動予測研究グループサブリーダー、
2006年4月より2012年3月まで東京大学大気海洋研究所客員准教授を兼務。
専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する政府間パネル第5次評価報告書主執筆者。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

中小事業者向け省エネ技術研修セミナー

いまさら人に聞けない!? 簡単!効果が出やすい!
オフィス・ビルの省エネのポイント

効果の出る省エネをやりたいけれど、いまさら人に聞けないような基礎的な内容を学ぶことができます。
オフィスやビルで効果が出やすい省エネのポイントを、事例を交えてわかりやすく解説します。
また、省エネ補助金の解説を聞いて即行動で、即効果を出しましょう。

【日時】
2014年6月2日(月) 14:00~16:30 (受付開始 13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

事業者向け地球温暖化研修セミナー

~フィールドワーク&ワークショップ~

企業が取り組む生物多様性保全「生物多様性を社内に浸透させる取っておきの方法!」

今年の5月にご好評をいただいた「企業が取り組む生物多様性保全」講座の第二回を開催します。企業にとって、取組み方が難しい「生物多様性」について、「体験と理解」の組合せによる従業員の意識向上、本業と生物多様性の関係理解を目的としたワークショップのデモンストレーションを実施します。

まずは、新宿中央公園で、都市公園の中でも体感できる五感を使ったフィールドワーク。さらに、室内型のワークショップを行います。ワークショップは「本業と生物多様性の関係性」を可視化し、直感的に理解することを目的としています。業務、生物多様性(恩恵・影響)、環境問題の3要素がカード化されており、それを組み合わせて図式化するワークショップです。また、具体的な生物多様性の取組み事例をご紹介します。社員への生物多様性の理解を高めるヒント、取組や成果物のヒントをご紹介します。初心者の方から既に活動を始めている方まで幅広くご参加をお待ちしております。

【日時】
2014年1月23日(木) 14:00~17:00(受付開始13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

第7回 新宿エコワン・グランプリ

環境にやさしい取り組みナンバーワンを決めるよ!
みんなのエコライフを教えてね!

【応募期間】
2013年10月1日~2014年1月15日(当日消印有効)※期間延長しました

【募集内容】
(1)「個人・ファミリー(家族)」、「グループ(区民団体)」において、各家庭や地域における、自然保護、省エネルギー・省資源、ゴミの減量など環境にやさしい暮らしの実践のうち、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

(2)「事業所」において、地球温暖化防止のために、事業所で省エネルギー・省資源に取り組み、環境経営を実践し、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

日本は地震活動期に入ったと言われており、南海トラフ(静岡~九州)は、大震災が30年以内に80%の確率で発生すると予想されています。
企業は、社会的責任(CSR)として、震災が発生しても、その初期対応から事業復旧までを速やかに対応することが求められます。その事前準備としてBCP(事業継続計画)を作成することが、今できるもっとも効果的な対策です。ところが、そのBCPが「実際に使えるもの」か、どうか、検証が難しいところに大きな課題があります。
そこで、本講座では震災発生後どのように対応するべきか、シミュレーショントレーニングを行います。

【日時】
2013年12月17日(火)
14:00~17:30 (受付開始13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

待ったなしの、 省エネ!今こそエコで経費削減を目指そう!

電力消費量の削減が急務の課題となっています。省エネ活動は各々の企業で行われていますが、一部の人たちの努力では、これからの夏・冬は乗り切れません。
今回は、省エネルギー対策の実践、クラウド型省エネルギーの見える化の先進事例、環境経営・CSR 経営の推進ポイントと事例をご紹介します。
ぜひ、多くの企業の方に聞いていただきたいと思います。

【日時】
2013年10月9日(水)
14:00~17:00 (受付開始13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

資源・エネルギーの使い方を分析して、コストダウン&CO2 削減!
~無駄ナシを実現して、筋肉質の経営体質を実現しよう!~

従来の省エネ活動では見つけられなかった資源・エネルギーのムダをなくす方法をわかりやすく事例と実演を交えてご紹介します。
これまで製造業で行われてきたカイゼン活動とは切り口が異なりますので、新たなコストダウン効果が期待できます。
すでに省エネ等に取組んでいるが、新たな視点で取組みたい!費用対効果を明確にして取り組みたい!こんな事業者の方にはぜひ聞いていただきたい講座です。

【日時】
2013年7月12日(金) 13:00~17:30 (受付開始12:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

今こそエコで経費削減を目指そう!

電力消費量の削減が急務の課題となっています。オフィスの省エネ活動は各々の企業で行われていますが、一部の人たちの努力では、これからの夏・冬は乗り切れません。
今回はオフィスの節電のポイントを事例を交えてご紹介しま
す。省エネは電力供給不足への対応だけでなく、地球温暖化防止やコスト削減など多くの効果が期待できます。
ぜひ、多くの企業の方に聞いていいただきたいと思います。

【日時】
2013年6月28日(金) 14:00~17:00(受付開始13:30)

【会場】
フーハ東京
(新宿区西新宿2-4-1 NS ビル1階 ロビーエスカレーター前集合)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

事業者向け地球温暖化研修セミナー

~新宿中央公園でフィールドワーク~

企業が取り組む生物多様性保全「生き物調査体験&事例紹介」

COP10の成果を踏まえ、生物多様性国家戦略が改訂され、愛知目標の達成に向けてロードマップを実現するために企業には、どのような取組みが求められているのでしょうか?生物調査や自然環境の保全・修復のプロフェッショナルである(株)ラーゴと環境経営コンサルティングの(株)フルハシ環境総合研究所が講師を務め、企業の事業所内でどのように生物多様性保全の取組みが行われているかをご紹介し、実際に中央公園内でフィールドワークを行います。また、保全計画を策定し、保全活動、コミュニケーションツール作成までの流れをご紹介しますので、初心者の方から既に活動を始めている方まで幅広く聞いていただけます。ご参加をお待ちしております。

【日時】
2013年5月10日(金) 14:00~17:00(受付開始13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

資源・エネルギーの使い方を分析して、コストダウン&CO2 削減!
~無駄ナシを実現して、筋肉質の経営体質を実現しよう!~

従来の省エネ活動では見つけられなかった資源・エネルギーのムダをなくす方法をわかりやすく事例を交えてご紹介します。
これまで製造業で行われてきたカイゼン活動とは切り口が異なりますので、新たなコストダウン効果が期待できます。
すでに省エネ等に取組んでいるが、新たな視点で取組みたい!費用対効果を明確にして取り組みたい!こんな事業者の方にはぜひ聞いていただきたい講座です。

【日時】
2013年1月18日(金) 14:00~17:30(受付開始13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

環境にやさしい取り組みナンバーワンを決めるよ!
みんなのエコライフを教えてね!

【応募期間】
2012年10月1日~2013年1月15日(当日消印有効)
※応募期間を延長しました

【募集内容】
各家庭や地域活動、事業活動における自然保護、省エネルギー・省資源、ごみの減量など環境にやさしい暮らしや環境経営の実践のうち、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

中小事業者向け省エネセミナー(実践編)

待ったなしの、省エネ! 今こそエコなオフィスを作ろう!

電力消費量の削減が急務の課題となっています。オフィスの省エネ活動は各々の企業で行われていますが、一部の人たちの努力では今年の夏・冬は乗り切れません。
今回はオフィスの節電のポイントをご紹介します。省エネは電力供給不足への対応だけでなく、地球温暖化防止やコスト削減など多くの効果が期待できます。
ぜひ、多くの企業の方に聞いていいただきたいと思います。

【日時】
2012年11月22日(木) 18:00~20:30(受付開始17:30)

【会場】
フーハ東京(新宿区西新宿2-4-1 NSビル1階)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

中小事業者向け省エネセミナー(基本編)

待ったなしの、省エネ! 今こそエコなオフィスを作ろう!

電力消費量の削減が急務の課題となっています。オフィスの省エネ活動は各々の企業で行われていますが、一部の人たちの努力では、これからの夏・冬は乗り切れません。
今回はオフィスの節電のポイントをご紹介します。省エネは電力供給不足への対応だけでなく、地球温暖化防止やコスト削減など多くの効果が期待できます。
ぜひ、多くの企業の方に聞いていいただきたいと思います。

【日時】
2012年10月25日(木) 14:00~17:00(受付開始13:30)

【会場】
フーハ東京(新宿区西新宿2-4-1 NSビル1階 ロビーエスカレーター前集合)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました


東京商工会議所 江戸川支部でも講座がありますので、よろしければご覧ください。

東京商工会議所 江戸川支部 「eco検定受験対策セミナー」

環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”、そして環境と経済を両立した「持続可能な社会」を目指すのが「eco検定(環境社会検定試験®)」です。企業にお勤めの方には、今後の環境ビジネスの展開に向けて、また、ISOなどEMS取得後の学習の一環として、社員の意識改革や自己啓発に。一般の方には、日常生活の中で環境に配慮した生活知識を身につけることや、地域の環境活動への知識や情報がえられます。
eco検定対策セミナー実績ナンバーワンの評判の講師がやさしく解説します。是非お役立てください。

【日時】
2012年6月17日(日)10:00~17:30

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

本年度も、新宿エコワン・グランプリを実施いたします。
ご家庭における環境への取り組みや、事業者の方々における環境に配慮した活動など、様々な取り組みを募集いたします!色々な方々の取り組みを参考に、新宿の環境を守るためのアイデアを共有していきましょう!

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2011年10月26日(水) 14:00~17:00 (受付開始13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

【講師】
笹岡源蔵 (東京都地球温暖化防止活動推進センター技術専門員)

【内容】
省エネルギーの必要性と背景、メリット、対策のポイント、改善提案事例などを具体的に説明。
後半は、ワークショップにより課題解決の方策を探ります。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2011年10月21日(金) 14:30~17:00 (受付開始14:00)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

【講師】
岩田茉莉江 (株式会社フルハシ環境総合研究所)
清藤城宏 池田浩二 (公益財団法人オイスカ)

【内容】
森は生物の多様性保全、二酸化炭素吸収、炭素固定、土砂災害からの防御等の様々な役割を担っています。
世界、日本の森が今どのような状況かを専門家が解説します。
それに対して企業ができる取り組みとして、
1. 社会貢献
2. 本業
3. 敷地内
これら3つの切り口から事例を紹介します。
他企業の取り組み事例を通して、自社のCSR活動・本業での生物多様性への取り組みについて考え、行動に移す参考にしていただきたいと思います。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2011年7月22日(金) 14:00~17:30

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

【講師】
松岡守 (株式会社フルハシ環境総合研究所)
鈴木和男 (株式会社 KAZコンサルティング)

【内容】
電力消費量の削減が急務の課題となっています。オフィスの省エネ活動は各々の企業で行われていますが、一部の人たちの努力では今年の夏は乗り切れません。今回はオフィスの節電と時短(業務効率の向上)のポイントをご紹介します。省エネは電力供給不足への対応だけでなく、地球温暖化防止やコスト削減など多くの効果が期待できます。ぜひ、多くの企業の方に聞いていいただきたいと思います。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
7月14日(木) 14:00~16:00

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

【対象】
省エネ活動を実践しようと考えている事業者の方

【講師】
東京都地球温暖化防止活動推進センター
技術専門員 石澤敏彦氏

【メッセージ】
今回の東日本大震災の影響で、使用できる電気エネルギーの供給量が減少した結果、中小企業の皆様も15%の電気使用量削減が必要となっております。また、今までの地球温暖化防止の観点からも、今回の省エネ活動が一つのモデルとなると思います。
本セミナーでは、省エネルギー活動を具体的に分かりやすく説明します。実現できる省エネのかたちを、一緒に探ってみませんか?

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2011年6月25日(土)10:00~17:30

【会場】
環境学習情報センター 2階研修室

【内容】
環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”、そして環境と経済を両立した「持続可能な社会」を目指すのが「eco検定(環境社会検定試験®)」です。企業にお勤めの方には、今後の環境ビジネスの展開に向けて、また、ISOなどEMS取得後の学習の一環として、社員の意識改革や自己啓発に。一般の方には、日常生活の中で環境に配慮した生活知識を身につけることや、地域の環境活動への知識や情報がえられます。
eco検定対策セミナー実績ナンバーワンの評判の講師がやさしく解説します。是非お役立てください。

<<続きを読む>>

2011年3月11日に発生しました宮城県北部で発生しました地震のため、
3月12日の新宿区のイベントは、全て中止になりました。

そのため、3月12日に予定しておりましたエコワン・グランプリは、延期することに決定いたしました。

後日、新たな日程等をホームページでも掲載していきますので、逐次チェックをお願いいたします。

<<続きを読む>>

本年度も、新宿エコワン・グランプリを実施いたします。
ご家庭における環境への取り組みや、事業者の方々における環境に配慮した活動など、様々な取り組みを募集いたします!色々な方々の取り組みを参考に、新宿の環境を守るためのアイデアを共有していきましょう!

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

~エネルギー・材料の流れを分析すれば、ムダが見つかる!~

従来の省エネ活動では見つけられなかったムダをマテリアルフロー(資源の流れ)分析により発見し、省エネ&コストダウンする手法を紹介します。

【日時】
2010年11月19日(金)14:00~16:30(受付13:30)
【会場】
環境学習情報センター
【定員】
30名

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【開催日時】
2010年10月16日(土) 10:00~17:30
【開催場所】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室(エコギャラリー新宿)
【研修講師】
エコピープル支援協議会 公認講師 鈴木和男氏 [(株)KAZコンサルティング代表取締役・経営士]
【定 員】
30名 ※定員になり次第締め切ります。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

「どんな取組みをすればよいのかわからない」
企業の生物多様性の取組みについて、担当者様からよく出る言葉です。

今回のセミナーでは、企業の生物多様性に対するさまざまな取組事例をご紹介します。事例を通して、生物多様性に対する理解を深めていただき、事業活動を通じてどのような関わりを持っているかを整理していただきます。

五感を使って自然に感じる体験プログラムもご用意します。
とかく難しいと思われがちな『生物多様性』をなるべく楽しく、わかりやすくご案内します。

生物多様性の取組みに頭を悩ます民間事業者の方々にヒントを得てもらうための導入編セミナーです。どうぞお気軽にご参加ください。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

省エネ対応を求められる「オフィス」。
投資をかけずにどんな対策ができるのか、を解説します。

ひとつは整理・整頓(2S)です。簡単そうで、実施・継続が難しい2Sをどのように実現するのかを事例を交えて解説します。
2Sにより業務効率を上げると残業時間が削減でき、ナレッジマネージメントにも役立ちます。

講座の後半では、東京都の温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度の経緯や特徴を説明し、制度の状況や今後の動きについて解説します。
さらに、改正省エネ法についても、法制度や対応方法についてご紹介します。

【日時】
2010年9月8日(水)13:30受付 14:00~16:30
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【募集人数】
30名

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

最近の法改正により、地球温暖化対策や環境へ配慮した取り組みは、今や誰もが行動に移していかなければならない課題となっています。そこで、省エネルギーって一体どのように取り組んでいけばよいのでしょうか。
本セミナーでは、省エネルギーによる地球温暖化防止と経費節減の両方のメリットを事業者に分かりやすく説明します。実現できる省エネのかたちを、一緒に探ってみませんか?

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年7月3日(土)10:00~17:30
【会場】
環境学習情報センター
【内容】
環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”、そして環境と経済を両立した「持続可能な社会」を目指すのが「eco検定」です。企業にお勤めの方には、今後の環境ビジネスの展開に向けて、また、ISOなどのEMS(環境マネジメントシステム)認証取得後の学習の一環として、社員の意識改革や自己啓発に。区民の方には、日常生活の中で環境に配慮した生活知識を身につけることや、地域の環境活動への知識や情報が得られます。

<<続きを読む>>

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 チャレンジ賞
「地場産業「染色」による体験学習支援」特定非営利活動法人 山の幸染め会


 環境にやさしい染色法であり、芸術性も高く評価されている「山の幸染め」。特定非営利活動法人 山の幸染め会は、その新宿区の地場産業でもある「染色(山の幸染め)」を通して、環境活動と教育、福祉をリンクさせた活動を展開しています。

取り組み内容
 伝承文化「染め」を普及する目的でNPO法人(特定非営利活動法人)として、2001年11月に設立。以来、本部にある新宿区の環境団体である「新宿活動学習ネット」が管理する環境学習情報センターをはじめ、学校、児童館、老人ホーム、リサイクル活動センターで体験会や、作品展示会を開催し、日本の伝統芸術であり、新宿区の地場産業でもある「染色(山の幸染め)」を通して、「環境によいこととは・・・?」何かを体験学習する活動を継続して行っています。

 山の幸染めとは
 「山の幸染め」は、紙状の染料を用いてアイロンで染めるため、水も空気も汚さない、環境にやさしい染色法として誕生しました。また、リサイクルを楽しむ染色としても、リサイクル繊維を染めたり、家の中にある衣類やインテリア小物などに彩りを加えて楽しむなど、別名「新宿生まれのエコ染色」としても親しまれています。
 さらに、単に環境にやさしいだけでなく、60以上の多彩な染色技法によって表現される作品は、展示会などでもその芸術性が高く評価されています。

 2008年度の新宿区での主な活動

1. 2月21日四谷小学校で「町の先生見本市」に参加、ワークショップなどを実施
2. 3月1日新宿リサイクル活動センターで「こどもまつりに参加、リサイクル繊維ではし袋染めを実施
3. 6月6日新宿活動学習情報センターでの「センター開設5周年記念イベント」で作品展示と染色体験会を実施
4. 7月23日新宿区富久小学校の「夏休み親子教室」でエコ染色大家印会を実施
5. 8月19日東戸山小学校の「夏休みエコにトライ!」に参加、「エコ染色にトライ」を実施
6. 9月12日東戸山小学校の3年生の総合学習(環境教育)で公開授業を担当
東戸山の自然をハンカチで染める体験学習
※学校の開校60周年記念の作品展示で完成したハンカチを展示
7. 9月27日新宿リサイクル活動センターの「リサイクルフェスタ」でリサイクル繊維のエコバック染色体験
8. 11月3日~8日新宿区立区民ギャラリーで作品展示会「暮らしを彩る幸染展」を開催
9. 11月11日法政大学市ヶ谷キャンパス環境展でサツマイモプロジェクトのさつまいもの葉を染める体験会を実施
10. 12月5・6日消費生活展に「新宿生まれのエコ染色」として出展
11. 12月10~12日エコプロダクツ展2009に「環境にやさしい染色」として出展

 新宿エコ隊にも団体登録(隊員No.2-1007)し、年間を通してストップ温暖化新宿大作戦にも参加しています。

これからにむけて
 今後も、新宿の地場産業「染色」を通じて、
  1.世界に誇る日本の伝統文化「染め」の普及
  2.環境学習 出張授業や体験学習
  3.自然保護 地元の自然を染めて、保全意識を高める
  4.医療・福祉 障害者の就労支援・職能開発など
を地域の企業、団体、個人との連携をより深めて活動していく予定です。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 優秀賞
「まち美化の成果を緑に変える「きこりクラブ」プロジェクト」株式会社 オギノ


 株式会社オギノでは、ガム取り清掃活動に参加するボランティアに苗木をプレゼントし、植樹に参加する権利を授与する「きこりクラブ」プロジェクトをスタートさせました。植樹によるCO2の削減、ボランティアの参加を促し、まち美化活動を活発化させるものとして期待されています。

取り組み内容
 毎週2、3回、新宿区内で新宿区生涯現役塾をはじめとするボランティアが多数参加し、路上などのガム取り清掃活動を実施。2009年の活動実績は、96回、のべ288名が参加しています。
 これまでは完全にボランティア活動でしたが、参加者に参加する楽しみを提供するために、2009年11月からガム清掃のボランティアに対してエコポイントを付与し、エコポイントが一定の基準に達した人に苗木をプレゼントして植樹に参加する権利を授与する事業「きこりクラブ」プロジェクトをスタートさせました。これにより、植樹活動によるCO2の削減に寄与するとともに、より多くの人たちに身近なまち美化活動としてのガム清掃活動への参加を促すことにもつながります。

【エコポイント】
 ガム10グラム(10個)除去につき1ポイントを付与。ガム1つが約1グラムに相当し、1人が1時間作業をして約20グラム(20個)が除去できます。

【ポイント引き換え】
 当社「きこりクラブ事業部」より、1000ポイント貯まった方に苗木などをプレゼント、植樹体験会へ参加できます。なお、植樹体験会に参加できないけれども、ポイント引き換えを希望する方には、間伐材を利用した箸・コースター・パズルなどのなかからポイントに応じて引き換えをいたします。

 植樹活動による効果
1.苗木が吸収するCO2
 1平方メートルあたり、1年間に100グラムのCO2を吸収します。※独立行政法人森林総合研究所が「広葉樹は1年間に1炭素トン/haのCO2を吸収する」と試算していることから推定。

2.植樹事業のPR
 新宿区の植樹事業が50人の人に深く浸透します。植樹に必要なポイントを貯める熱心なボランティアは2009年度中に5名程度想定されますが、熱心なボランティアが1人あたり10人に口コミで活動を広げるからです。

 ガム清掃活動による効果
 ガム清掃は直接CO2を削減するものではありませんが、身近なまち美化活動として多くのボランティアに参加を呼びかけることができます。まち美化の結果としてポイントを貯めて、植樹に結びつけることができます。

これからにむけて
 まち美化の成果を緑に変える「きこりクラブ」プロジェクトを広め、拡大していきます。それによって、植樹活動によるCO2の削減に貢献し、またボランティア活動の参加を促し、身近な街美化活動としてのガム清掃活動により一層の推進を図っていきたいと考えています。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 優秀賞
「混雑の緩和や環境負荷の低減を図る共同配送事業「摩天楼スタッフ」」協同組合 新宿摩天楼


 新都心・新宿の環境負荷の低減、物量の効率化を目指して、1992年に共同配送事業をスタートさせた協同組合 新宿摩天楼。摩天楼スタッフが一括配送する都市型物流システムの構築により、道路、駐車場などの混雑緩和や環境負荷の軽減を図っています。

取り組み内容
 多くの高層ビルが林立する新都心・新宿の環境負荷の低減、物量の効率化を目指して、1992年から「摩天楼スタッフ」事業をスタート。西新宿高層ビル街、東口駅ビル・地下街、南口駅ビル(ルミネ2)などにて、都市型物流の新提案として共同配送事業を展開しています。摩天楼スタッフが一括配送することで、道路、駐車場などの混雑の緩和や環境負荷の低減、物流の効率化を図っています。また、当初から環境にやさしい天然ガス車を積極的に導入することでCO2の削減に努め、都市型環境問題に対処しています。
 これらの功績により、2000年には「東京都知事賞」を受賞しました。

 「摩天楼スタッフ事業」の業務の流れ
 新宿(南口近く)の摩天楼センターに持ち込まれた荷物をビルごとに仕分けし、各ビルへ一括配送し(センター~ビル/CNG車にて配送/横もち)、各ビルに配送された荷物は専従の配達要員(縦もち)がビル内の各階に配送。車両のドライバー(横もち)は運転、ビル間配送に専念し、配送要員(縦もち)は配達に専念する分業システムとなっています。
 配達回数は、午前:3~5便、午後:1便を運行。その後、配送用カーゴテナーを回収します。

「摩天楼スタッフ配送ビル名一覧」
新宿エルタワー/エスティック情報ビル/工学院大学/新宿センタービル/安田火災海上本社ビル/新宿野村ビル/新宿三井ビル/京王プラザホテル/新宿モノリス/KDDビル/新宿NSビル/新宿住友ビル/第一生命ビル/ホテルセンチュリーハイアット/東京都庁/ワシントンビル/アイランドウィング/アイランドタワー/東京ヒルトンホテル/新宿国際ビル新館/オークタワー/日土地新宿ビル/新宿グリーンタワー/マイシティー/ルミネ2/サブナート

これからにむけて
 今後も協同組合加盟の各社と協力しながらより一層の業務の効率化を図り、新都心・新宿の混雑の緩和、環境負荷の低減に貢献していきたいと考えています。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

※このイベントは終了しました

 地球温暖化をはじめとして、地球はいま、さまざまな問題をかかえています。今こそ、地球を救うために、私たちが身近でできることを考えていかなければなりません。
 区では、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」を行い、多数の応募作品がありました。その中から、エコワン・グランプリ大賞、区民・ファミリー部門、グループ部門、事業者部門の受賞者が決まりました。
 下記の内容で表彰式を開催しますので、ぜひご来場下さい。皆様で是非とも様々な取組みを共有していただければありがたいです。

受賞者一覧及び作品の紹介はこちら
当日の様子はこちら

【日時】
2010年3月13日(土) 10:00~
【場所】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
10:00~ 新宿エコワン・グランプリ表彰式
 応募のあった区民・グループ・事業者の環境に関する優秀な取り組みを表彰・発表します。
11:25~ 環境白書を読む会
 区担当課より環境施策について紹介・質疑応答等を行います。
【参加費】
無料(直接会場にお越しください)
【主催】
新宿区/新宿区立環境学習情報センター
【問い合わせ先】
新宿区立環境学習情報センター

【関連リンク】
エコワン・グランプリについてはこちら
ポスターのダウンロードはこちら
 

【エコワン・グランプリ 受賞者一覧】
エコワングランプリ大賞 箪笥地区協議会
個人・家庭部門 優秀賞 亀井ファミリー
個人・家庭部門 優秀賞 友永 陸子
グループ部門 優秀賞 新宿区立弁天町保育園
グループ部門 優秀賞 新宿区立大久保小学校5年1組
グループ部門 優秀賞 新宿区立大久保小学校5年2組
グループ部門 チャレンジ賞 ソーラーエネルギージャパン
事業者部門 優秀賞 協同組合 新宿摩天楼
事業者部門 優秀賞 株式会社 オギノ
事業者部門 チャレンジ賞 NPO法人 山の幸染め会  (敬称略)

また次の賞も同時に表彰します。
【エコ自慢ポイント賞】
1月末時点で登録ポイント数上位10名に敢闘賞を贈ります。
また、表彰式当日の来場者の中からポイント数上位3名をその場で表彰します。
【みどりのカーテンプロジェクト賞】
エコライフまつり、年末年始みどりのカーテン展、まちの先生見本市にて、参加者に投票していただき、各地域上位1名(同点の場合は同点者全て)を表彰します。
【省エネ賞】
5月から翌1月までの省エネナビデータにて、省エネ率上位5名を表彰します。
赤荻 やよい 竹谷 玲 下山田 恵子 橋本 道夫 桐山光史(敬称略)
以上、5名の方に贈られます。

 当日の様子
 
表彰式の様子
 
受賞者発表の様子
 
受賞者発表の様子
 
記念撮影の様子
 
受賞者による会場展示の様子
 
受賞者による会場展示の様子
 
環境白書を読む会の様子

【2010年3月13日のイベント一覧】
10:00~ 2009年度新宿エコワングランプリ表彰式
11:25~ 環境白書を読む会
12:30~ ランチタイムコンサート『心の唄をあなたと共に』(要応募)
14:30~ 家庭の省エネルギー推進フォーラム(要応募)

※このイベントは終了しました

エネルギーや材料を、どの工程で・どれだけ使ったのか、またどれくらいの廃棄があったのか? これがわかれば、省エネの大きなヒントになります。マテリアルフロー(資源の流れ)を分析し、図や数字で「見える化」すると、工程ごとの見えないムダをあぶりだすことができます。このセミナーでは、従来の省エネ活動では見つけられなかったムダをマテリアルフロー分析により発見し、省エネ&コストダウンする手法をご紹介します。また、中小企業がマテリアルフローを導入した実践事例を具体的に解説します。
ますます厳しくなっている価格競争、低価格化要求。これに打ち勝つには「資源生産性」を更に上げなければなりません。まだまだ隠れたムダはあります! 省エネにこれから取組む事業者の方も、すでに取組んでいるが効果が上がらない事業者の方にもぜひ聞いていただきたいセミナーです。

【日時】
2010年2月26日(金) 14:30~17:00(受付14:00~)
【会場】
エコギャラリー新宿
【主な講演内容】
・マテリアルフロー分析の手法解説
・マテリアルフロー実施事例
・演習:マテリアルフロー分析
【講師】
株式会社フルハシ環境総合研究所 東京事務所長 浅井豊司
株式会社KAZコンサルティング 代表取締役社長 鈴木和男
【申込方法】
氏名・御社名(部署名・お役職)・連絡先・講座名を明記の上、ファックスまたはメールにてお申込みください。
【申込締切】
2010年2月24日(水)必着

※このイベントは終了しました


新宿の環境を守るためのアイデア 募集!

1 募集内容
  (1)「個人・ファミリー(家族)」、「グループ(区民団体)」において、各家庭や地域における、自然保護、省エネルギー・省資源、ゴミの減量など環境にやさしい暮らしの実践のうち、他の模範となる優れた取り組みを募集します。
  (2)「事業所」において、地球温暖化防止のために、事業所で省エネルギー・省資源に取り組み、環境経営を実践し、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

2 応募できる人
  (1)区内で活動する「個人」・「家族」及び「区民団体」
  (2)区内に事業所を有する事業者

3 対象となる活動
  (1)自然の保護、緑や水辺の創出などの活動、(2)省資源・省エネルギー、(3)ゴミの減量化・リサイクル 、(4)環境学習の推進 、(5)その他環境保全や地球温暖化防止に関して有効な活動
  
4 応募方法
  (1)応募用紙に必要事項をご記入の上、写真、新聞記事、報告書等、活動の実績をアピールする資料を裏面もしくはA4版の台紙に添付(必要な場合のみで結構です)して送付してください。なお、送付していただいた書類等はお返しできませんので、あらかじめご了承ください。
  (2)自らが応募するか、推薦者が応募をしてください。

5 募集期間
   2009年10月1日(木)~12月15日(火)(当日消印有効)

6 表彰
  区長賞(新宿エコワン・グランプリ大賞)
  優秀賞(各部門ごと)
  チャレンジ賞(各部門ごと)
  特別賞(みどりのカーテン優秀賞)
  特別賞(エコ自慢ポイント優秀賞)
  特別賞(省エネナビ活用による省エネ優秀賞) 予定

※「新宿エコワン・グランプリ賞」を受賞された個人・ファミリー、グループ、事業者は、表彰式にて内容を発表していただいたり、ホームページに掲載するなど活動を紹介させていただきます。

7 表彰の方法
   「新宿エコワン・グランプリ賞」は、各受賞者へ通知を行った上で、改めて表彰式で賞状及び副賞を授与します。

8 表彰の時期・会場
  平成22年3月13日(土)予定
  会場:新宿区立区民ギャラリー(エコギャラリー新宿1F)

9 コンテスト応募・問い合わせ先
  〒160-0023 新宿区西新宿2-11-4 新宿中央公園内
  新宿区立環境学習情報センター
  TEL 03-3348-6277、FAX 03-3344-4434
  E-mail:info★shinjuku-ecocenter.jp ★を@に変更してお送りください

応募用紙はこちら
ポスターはこちら(縮小版)

2008年度新宿エコワングランプリ 優秀作品紹介
2007年度新宿エコワングランプリ 優秀作品紹介

※このイベントは終了しました

 地球温暖化対策や環境へ配慮した取り組みは、今や誰もが行動に移していかなければならない課題となっています。では、省エネルギーっていったいどのように取り組んでいけばよいのでしょうか。
 本セミナーでは、省エネルギーによる地球温暖化防止と経費節減の両方のメリットを事業者に還元する手法を前回の初級編より詳しく中級編として分かりやすく説明します。実現できる省エネのかたちを、一緒に探ってみませんか?
 日時:12月9日(水)午後2時~5時
 場所:新宿区立環境学習情報センター(2階研修室)
 対象:省エネ活動を実践しようと考えている事業者の方
 講師:東京都地球温暖化防止活動推進センター
    技術専門員 常慶 隆一 氏
 定員:40名
 主催:新宿区立環境学習情報センター
 共催:新宿区エコ事業者連絡会
 後援:東京商工会議所新宿支部
 申込締切:12月7日(月)必着
 HP上のイベント申込にてお願いします。

※このイベントは終了しました

【日時】
10月31日(土)10:00~17:30
【会場】
環境学習情報センター
【内容】
環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”、そして環境と経済を両立した「持続可能な社会」を目指すのが「eco検定」です。企業にお勤めの方には、今後の環境ビジネスの展開に向けて、また、ISOなどのEMS(環境マネジメントシステム)認証取得後の学習の一環として、社員の意識改革や自己啓発に。区民の方には、日常生活の中で環境に配慮した生活知識を身につけることや、地域の環境活動への知識や情報が得られます。
【講師】
鈴木 和男氏(エコピープル支援協議会 公認講師)
【定員】
40名
【費用】
5,000円(公式テキストは別途各自持参)
【申込み・問合せ】
会社名、氏名、連絡先TELまたはE-Mail(一般の方は住所、氏名、連絡先 TEL)を明記の上、ファックスまたはメールにてお申込みください。
【申込締切】
10月26日(月)必着
※応募者多数の場合は先着順です。

【主催・お問合せ】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【協力】
東京商工会議所新宿支部

【関連リンク】
申込用紙のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

~ムリ・ムダ・ムラを無くしコストダウン
    環境経営でサービス品質・経営品質を改善し業績向上を~

皆様のビジネスに大きな影響をおよぼす環境問題・対策の最新動向、大手企業のグリーン調達の取組み状況と、日本生まれの環境経営システム『エコステージ』を使って環境経営に取り組んでおられる中小企業の活動内容など、皆様の今後の対応や方向性についてより具体的にお役に立つ施策をご紹介いたします。
【日時】
2009年10月09日(金) 14:00~16:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【講師】
鈴木 和男氏 株式会社 KAZコンサルティング代表取締役社長
【定員】
30名
【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【後援】
東京商工会議所新宿支部
【費用】
無料
【申込方法】
会社名、氏名、連絡先TELまたはE-Mail(一般の方は住所、氏名、連絡先 TEL)を明記の上、ファックス、メールにてお申込みください。
※お申込み多数の場合は先着順となります。
【関連リンク】
申込用紙のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

社会のインフラとして、なくてはならない存在になったコンビニエンスストア。しかし、利便性を追求するなかで、店舗における電気の使用や余剰食品の廃棄、商品発送における燃料使用などの課題を抱えています。来る低炭素社会に向け、これら課題の解決のためにローソンが取り組む環境経営の概要および「CO2 オフセット運動」についてご説明します。


【日時】
2009年09月30日(水) 14:00~16:00
【場所】
新宿区立環境学習情報センター(2階研修室)
【対象】
新宿区内に事業所を置く事業者及び関心のある方
【講師】
篠崎 良夫 氏 株式会社ローソン CSR担当 顧問
【定員】
40 名(先着順)
【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【後援】東京商工会議所新宿支部
【申込方法】
氏名・御社名(部署名・お役職)・連絡先・講座名を明記の上、ファックス、メールにてお申込みください。
お申込み多数の場合は先着順となります。
【応募締切】
2009年09月25日(火) 必着
【関連リンク】
申込用紙のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました


様々な環境配慮型商品の製造販売を実践しているプロから具体的な商品の紹介を通して、環境経営のキーポイントを分かりやすくお話ししていただき、新宿区の事業者の方々と一緒に新宿産(廃棄古紙を主原料とした)材料を利用して作った環境配慮型商品を展開していくきっかけづくりを目指します。

【日時】
2009年9月11日(金)14時~17時
【会場】
新宿区立環境学習情報センター(2階研修室)
【対象】
新宿区内に事業所を置く事業者及び関心のある方 参加無料
【講師】
株式会社環境経営総合研究所
代表取締役社長 松下 敬通 氏
【定員】
40名(先着順)
【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【後援】
東京商工会議所新宿支部
【申込方法】
氏名・御社名(部署名・お役職)・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募方法】
2009年09月08日(火)必着 (先着順)

↓チラシのダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

事業者向け省エネ技術研修セミナー第1弾(初級編)!

最近の省エネ法の改正、東京都の環境確保条例の改正に伴い、省エネルギーによる地球温暖化防止と経費削減の両方のメリットを生かすことは、企業・区民にとって待ったなしの状況です。環境における経営資源やコストマネジメントの考え方、実際の現場の運用改善事例などを通じ、「環境経営」の基礎を分かりやすくお伝えします。
参加費は無料。

【日時】
2009年07月14日(火)午後2時~5時
【会場】
新宿区立環境学習情報センター(2階研修室)
【対象】
新宿区内に事業所を置く事業者及び関心のある方 40名(先着順)
【講師】
東京都地球温暖化防止活動推進センター
技術専門員 大西 義人 氏
【申込方法】
氏名・御社名(部署名・お役職)・連絡先・講座名を明記の上、ファックス、メールにてお申込みください。
【応募締切】
2009年07月22日(水)

FAX申込書付チラシはこちら

【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【後援】
東京商工会議所新宿支部

平成20年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 チャレンジ賞
「都心のキャンパスに憩いの場を!~都市型緑化への挑戦~」 法政大学・市ヶ谷キャンパス

 法政大学の皆さんは、2004年度から、本大学が掲げる「グリーン・ユニバーシティ」の実現のため、さまざまな緑化運動に取り組まれています。その結果は着実にあらわれているようです。


取り組み内容
 1.憩いの場の創造
 2.環境教育の実施
 3.都市的自然の創造
 4.ヒートアイランド対策および地球温暖化対策 
 以上の4つを目的に、次のような活動を進めています。
?@学生の提案から実現した屋上庭園
?A都心でサツマイモ栽培
?Bみどりのカーテンで省エネ!
?Cオフィスで楽しめるペットボトル栽培


?@学生が提案した屋上庭園
 「キャンパスに緑を!」。2つの学生グループからの提案を受け、2004年4月、市ヶ谷環境委員会に「屋上緑化プロジェクト」が設置されました。そこで学生スタッフが調査・検討を重ね、たくさんの屋上を見学。その結果、2005年3月に「オリーブ・ガーデン」と「グリーン・テラス」という2つの屋上庭園が誕生しました。これは専門家からも高い評価を得ました。その後、2006年に富士見坂校舎5階の屋上庭園、2007年には外濠校舎7階に「外濠の里」も完成しています。設計から維持管理まで学生の手で行われています。


?A都心でサツマイモ栽培
 なぜサツマイモなんでしょうか? それは、サツマイモの葉が大量の熱を吸収するため、周辺の温度の上昇を抑制する効果があるのです。実際に調べてみたら、土耕サツマイモ表面温度と石畳表面温度の差が約10~14℃ありました。そのうえ、11月には約50kgのサツマイモが収穫されました。おいしくって地球にも優しい、一石二鳥の取り組みです。

?Bみどりのカーテンで省エネ!
 法政大学は、キャンパスの一部が新宿区に所在していることから、新宿区が地球温暖化対策の1つとして推進する「みどりのカーテン」プロジェクトに参加しています。「みどりのカーテン」とは、ゴーヤ等の蔓性の植物を窓際で育て、それをカーテンのようにする事で、冷房の使用を抑え、省エネを目指します。これだけで5℃近く温度が低くなりました。トウガラシやニンニクを使った自然農薬を使うので、環境にも優しいです。もちろん、ゴーヤとヘチマも収穫できました。枯れた葉などは腐葉土に生まれ変わります。


?Cオフィスで楽しむペットボトル栽培
  このペットボトルの鉢は、その前は柄杓(ひしゃく)でした。その柄杓は打ち水をするため、ペットボトルから手作りされたのです。打ち水とは、地面、特にコンクリートに水をまくことで、地表温度を下げ、涼しさを感じるという昔からの知恵です。最近ではこの活動が「打ち水大作戦」として、全国で実施されています(主催:打ち水大作戦本部)。法政大学もこの活動に参加しました。
 このように、1つのものを幾通りにも使用することを「リユース」といいます。ペットボトルに関してはリサイクルよりリユースの方が環境負荷が少ない可能性があり、注目されています。
 柄杓代も節約でき、オフィスに緑も増えました。


これからにむけて
 以上のような活動が、どの位の効果を生み出しているのかを知るために、2008年度、学内の数ヵ所の緑化スペースにサーモカメラを設置し、測定しました。確かに緑化の効果を実感できる結果が得られました。この実績はパンフレットにし、大学外とのコミュニケーション・ツールに活用します。
 今後は、学内の緑化スペースを地域の人々とも共有できるように検討していきたいと思っています。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 優秀賞
「未来を担う子どもたちへ -環境学習の支援-」 株式会社 熊谷組 首都圏支店

 熊谷組では、建設業の環境配慮技術を駆使して取り組んでいる事例を通して、子どもたち・住民の方と一緒に日常生活の中での環境問題にも挑戦しています。


取り組み内容
 平成14年ごろより、主に地域の児童・生徒を対象に環境学習の支援をしています。その他環境問題への取り組みを通じて地域社会とのコミュニケーションを図っています。


津久戸小学校の環境授業の支援
 特別学習として、児童による飯田橋周辺のゴミの実態を調査して区長に報告したり、平成14年のゴミゼロデーから、児童と社員が一緒に学校周辺のゴミ拾いをしたりしています。平成17年には、社員が講師となり、津久戸小学校の児童を招き、当社の環境保全活動の紹介、愛知万博における環境の取り組み等、標本や実験を通して学ぶ授業を行っています。


ホタルビオトープの紹介
 ビオトープとは物質循環や生態系を飼育環境内で成立させることです。
 当社では平成14年からホタルビオトープを作成し、津久戸地区の幼児、児童、生徒、保護者および住民を招待し、ホタルの棲める水と生態系について講義し、暗闇を光り飛び交うホタルの鑑賞会を行っています。


環境イベントへの参加
 新宿区内の各イベントで、建設業の活動を通して環境保全の大切さを説明しています。例えば“まちの先生見本市”には第1回から参加し、
伐採材の再使用・再資源、ホタルの棲める水環境、地球温暖化防止の建物、ヒートアイランド防止の舗装などを標本や模型を使って説明しています。その他“リサイクルフェスタ”や“神楽坂ゼロエミ実験”では伐採材をリサイクルした堆肥の説明や堆肥と花の種の配布なども行っています。


工事現場の見学会
 平成14年から、工事現場の見学を通して、完成後の施設の役割や工事中の3Rの取り組み、水生生物の棲息のための自然回復、公害防止対策等を見学者に現地で実感してもらっています。


その他の取り組み
・こまめなスイッチオフで省エネ運動
 空調温度を守ったり、電化製品の電源オフや昼休みの一斉消灯など、全社員の省エネ行動により、天然資源の消費削減に貢献しています。
・アイドリング・ストップで排ガス低減
 車両の利用が多いので、アイドリング・ストップは必ず守っています。止まった時はエンジンOFF。
・グリーン購入で環境にやさしい商品を
 「エコマーク」商品を積極的にアピールし、購入・利用をすすめています。
・コピー用紙の裏紙利用でムダなく活用
 使用済みのコピー用紙は裏側だって使えます。ホッチキスやクリップは外して、次の人が使いやすいように裏表をそろえます。


これからにむけて
 授業後に寄せられた感想文や、ゴミゼロ運動を通じてポイ捨て禁止・ゴミの分別を呼びかけるポスター作成など、子どもたちとのふれあいの中で、環境への意識が確実に向上していることが感じられます。今後もアニメテキスト・模型や現物等を用いて、視覚・手触覚等で体験し、環境保全の取り組みの重要性がわかるよう、楽しい学習をお手伝いしていきたいと思っています。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 優秀賞
「おいしい! 楽しい! エコ・クッキング」 東京ガス株式会社 中央支店

 「エコ・クッキング」とは、環境問題への気づきの場とし、「食」を通して「身近な題材で体験的に楽しく考える」というコンセプトのもと、「買いもの」「料理」「片づけ」の一連の流れを通して環境に配慮した食生活「エコ・クッキング」を提案するものです。


取り組み内容
 新宿区においては、2003年度から新宿区内小学校を中心に「エコ・クッキング」を学校教育支援活動のプログラムとして、東京ガス中央支店が実施してきました。最近では、小学校だけでなく、中学校、地域の環境イベントなどにも活動を展開しています。また07年度より新宿区立環境学習情報センターと連携して、エコ・クッキング講座などを実施しています。


具体的な講座内容
 まず、買い物からエコに取り組んでもらいます。ごみが少なくなるような買い物の方法・食材の選び方から、環境に配慮した容器包装とはどんなものか、などを知っていただきます。
 次にエコな料理の仕方です。エネルギーにやさしい省エネ料理や同時調理、ごみを減らすための皮や葉も使った料理、残り物を使ったリフォーム料理などです。
 最後は片づけです。水の節約方法、台所から出る排水の汚れを防ぐ方法、生ごみを上手に処理する方法などを紹介します。みんなで一緒にやっていくうちに、新しい提案や気が付かなかったことまで見えてくることもあります。そんな楽しい体験をしながら、環境問題に取り組めることをぜひ、知ってください。


新宿区内でのエコ・クッキング講座実施数(中央支店実施分)
 08年度12月現在で、学校関係5講座、一般講座2講座です。東京ガス新宿ショールームでも、環境月間を中心に地域の方々に気軽に参加していただけるエコ・クッキング講座なども開催しています。(3R推進月間、省エネルギー月間、夏休み親子向け講座など)


新宿区立環境学習センターとの連携活動
 一般公募講座や親子講座の他、第1回新宿エコライフまつり、学校への環境授業講座も行われました。


エコ・クッキング普及活動
 もっと多くの人に知ってもらうため、環境活動イベントやふれあいフェスタなどで小冊子の配布やパネル展示などを行っています。これらをきっかけとして、「エコ・クッキング」の輪が広がっていくことを願っています。簡単なところから一緒にエコをはじめましょう!


これからにむけて
 エコ活動は、頭では分かっていても、なかなか行動に移せないものです。しかし、最初は身近なことからはじめるだけでいいのです。今後もエコ・クッキングへの取り組みに関心を寄せてくださる皆様と協力しながら、エコ・クッキング活動を推進していき、エコ・クッキングから小さな一歩を踏み出して、一人ひとりができることから実践していただけるような手助けをしていければと思っています。

※「エコ・クッキング」は、東京ガス株式会社の登録商標です。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

~スギ等地場産材を用いた、“お得・快適・あったか木の窓”のご照介~
 お宅では、夏は西日が暑くないですか?冷房、効いていますか?冬は結露ひどくないですか?寒くないですか?実は、窓は省エネの点からいうと、住宅の最大のウィークポイントです。壁に比べて、10倍以上の熱が逃げています。地元の木材を用いた、あたたか窓が出来るようになりました。
 “お得・快適・あったか窓”のご紹介です。
 省エネ先進国ドイツでは、今年7月から、大幅な省エネ対策が始まりました。この対策の中でも、特に窓の高断熱化や窓の断熱改修が大きく取り上げられています。ドイツでの省エネ基準の現状やそれらに基づいた取り組み事例等ドイツでの先進的な取り組みと共にご紹介させていただきます。

日時 12月16日(火)午後2時~4時
場所 新宿区立環境学習情報センター 2階研修室
対象 区民の方、省エネに興味のある方
講師 一級建築士事務所 エネクスレイン 代表 小室 大輔 氏
    飯田ウッドワークシステム?梶@代表     飯田 信男 氏
定員 40名(先着順)
主催 新宿区立環境学習情報センター
共催 新宿区エコ事業者連絡会

問合せ先
新宿区立環境学習情報センター(落合・山田)
〒160-0023 新宿区西新宿2-11-4 新宿中央公園内
TEL 03-3348-6277 FAX 03-3344-4434
E-Mail:info@shinjuku-ecocenter.jp

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年11月26日(水)14:00~16:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター(2階研修室)
【対象】
新宿区内に事業所を置く事業者の方 40名(先着順)
【内容】
企業にとって「環境負荷の低減」と「生産性の向上」の両立はもはや不可欠となっています。見逃されている2つの経営資源やコストマネジメントの考え方、実際の現場の運用改善事例などを通じ、「環境経営」の基礎をお伝えします。
【講師】
?滑ツ境経営戦略総研 取締役社長 村井 哲之 氏
著書:「ハイヒールと宝石が温暖化をもたらす」「コスト削減の見える化」
【費用】
無料
【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【後援】
東京商工会議所新宿支部
【申込み方法】
氏名・御社名・部署名・お役職・電話番号・Eメールアドレスをを明記の上、
電話かFAX、メールフォームにてお送り下さい。
【応募締切】
2008年11月21日(金)必着
※申込多数の場合は先着順

チラシのダウンロードはこちら(PDF)

※このイベントは終了しました

エネルギー価格の高騰が世界中の市民生活に影響を及ぼしつつある昨今、化石由来燃料の代替となるエネルギー源として、各分野にて有効な自然・再生可能エネルギー利用の模索が続いています。その海洋エネルギー分野にて、近年再度注目を集めている技術が、海洋温度差発電(Ocean Thermal Energy Conversion;OTEC、“オーテック”)です。
本セミナーでは、OTECの技術概要、コンセプト、そしてその事業についてご説明いたします。

【日時】
2008年10月23日(木)14時~16時 (受付開始:13時30分)
【場所】
新宿区立環境学習情報センター(2階研修室)
【対象】
関心のある方 30名
【講師】
株式会社ゼネシス 海外事業部 武田 道長氏
【費用】
無料
【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【申込方法】
氏名・御社名・部署名・お役職・電話番号・Eメールアドレスをを明記の上、
FAXかメールフォームにてお送り下さい。
【応募締切】
2008年10月17日(金)必着
※申込多数の場合は先着順

ちらし・FAX用申込書は下よりダウンロードしてください↓

※このイベントは終了しました

地球温暖化対策や環境へ配慮した取り組みは、今や誰もが行動に移していかねばならない課題となっています。では、省エネルギーって一体どのように取り組んでいけばよいでしょうか。

本セミナーでは、省エネルギーによる地球温暖化防止と経費削減の両方のメリットを事業者に還元する手法を分かりやすく説明します。実現できる省エネのかたちを、一緒に探ってみませんか?

【日時】
2008年10月15日(水) 14:00~17:00
【場所】
新宿区立環境学習情報センター(2階研修室)
【対象】
新宿区内に事業所を置く事業者の方 40名
【講師】
東京都地球温暖化防止活動推進センター
技術専門員 常慶隆一氏
【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【後援】
東京商工会議所新宿支部
【申込み方法】
氏名・御社名・部署名・お役職・電話番号・Eメールアドレスをを明記の上、
電話かFAX、メールフォームにてお送り下さい。
【応募締切】
2008年10月10日(金)必着
※申込多数の場合は先着順

チラシのダウンロードはこちら(PDF)

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年10月08日(水) 14:00~16:00(受付開始13:30)
【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室
【内容】
里山での活動をご紹介すると共に、このシステムを使った様々な緑化事例をご説明します。
【対象】
新宿区内に所在地を置く事業者の方、および関心のある方30名
【講師】
株式会社アネックス 5×緑事業部(※近く名称変更予定) 宮田生美
【参加費】
無料
【主催・問合せ】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【申込方法】
下部よりチラシをダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上FAXにてお送り下さい。
【応募締切】
2008年10月02日(木)必着
※申込多数の場合は先着順

チラシのダウンロードはこちら(PDF)

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年9月26日(金) 15:00~17:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室
【内容】
カーボンオフセット・ビジネスを分りやすく解説します。排出権やグリーン電力などを活用してオフセットする仕組みを解説し、オフセット付商品の、事例を紹介します。参加者の皆さんにもカーボンオフセット付の商品を考えていただきます。
【対象】
新宿区内に所在地を置く事業者の方、および関心のある方30名
【講師】
株式会社フルハシ環境総合研究所 東京事務所長 浅井豊司
事例発表 ジーコンシャス株式会社(予定)
【参加費】
無料
【主催・問合せ】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【後援】
東京商工会議所新宿支部
【申込方法】
下部よりチラシをダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、FAXにてお送り下さい。
【応募締切】
2008年9月22日(金)必着
※申込多数の場合は先着順

チラシのダウンロードはこちら(PDF)

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年6月23日(月) 7:30~8:00
【場所】
新宿駅東口みずほ信託銀行前
【参加者】
みずほ信託銀行CSR委員8名、生涯現役塾修了生1名
【内容】
NPO環境まちづくりネットが開発したガムとり機を使い、道にこびりついたガムを除去する。

朝の出勤前7時30分に集合し、NPO環境まちづくりネットの荻野さんから説明を聞いた後、早速開始した。参加者に話を伺った。
 

Q、どんなきっかけで?
A、今年のゴミゼロデーに参加したが、何か他に社会貢献活動はないかと新宿区のホームページを検索していたら、「ガムとり機」に出会った。名前に興味を持ち、荻野さんに電話して今日の企画になった。(みずほ信託銀行CSR委員)
Q、実際にやってみての感想は?
A、週の初めの朝に実施したのでとても気持ちがよかった。(みずほ信託銀行CSR委員)
A、ガム取り機も使いやすかった。(みずほ信託銀行CSR委員)
A、ガムって昔は自分で紙に包んで持ち帰ったものなのに今ははき捨てる。マナーの悪さが目に付く。父親から勉強や成績のことで怒られたことは一度もないが、そうじのことはきちんとしつけられた。このことが今の自分に続いている。(生涯現役塾修了生野原満夫さん)

 

NPO環境まちづくりネットの荻野さんに聞いてみた。
Q、今日の感想を一言
A、ガムがたくさんはき捨てられているということを多くの人に認識してほしい。今日のようにまち美化体験会を通してたくさんの人たちにわかっていただき、新宿のまちがきれいになっていってほしい。

皆様ごくろうさまでした。本当に歩道がきれいになりました。

※このイベントは終了しました



環境問題への関心が高まる中で、環境に配慮した経営戦略が21世紀に生き残る企業の選別基準になりつつあります。しかし、国際環境基準であるISO14001の認証取得は、小・中規模企業では、取得コスト・内容・期間・人材などの問題からかなり困難なものとなっています。

そんな中、環境経営の裾野を広げる日本発の環境マネジメントシステムとしてエコステージ、エコアクション21、KESなどの導入が進んでいます。特に『エコステージ』は、 ISO-14001に準拠していながら、企業・組織の規模や体力に応じた段階的な取り組みが出来る中小企業にも使いやすい仕組みとして広く普及しています。勿論、(株)伊勢丹 外商統括部様のような大きな組織でも導入いただいております。

今回は、皆様のビジネスに大きな影響をおよぼす大手企業のグリーン調達の取組み状況と、実際に『エコステージ』を使って環境経営に取り組んでおられる中小企業の事例もまじえながら、皆様の今後の対応や方向性についてより具体的にお役に立つ施策をご紹介いたします。

また、講演後、相談コーナーでは、『エコステージ』認証取得のコスト・期間などのご相談を承ります。

【日時】
2008年6月17日(火) 14:00~16:00 (受付開始 13:30)

【内容】
講演 14:00~15:30
     ・地球環境問題
     ・経済界の環境経営の動向
     ・ISO-14001と(簡易版)環境認証の比較
     ・エコステージとは
     ・多方面から支持されるエコステージ
     ・金融機関による金利優遇
     ・新宿区などの自治体の助成・補助
     ・中小企業での導入事例の数々

相談コーナー 15:30~16:00

【定員】
30名(お申し込みが定員になり次第、締め切らせていただきます。)

【講師】
有限責任中間法人 エコステージ協会 認定評価機関
          株式会社 KAZコンサルティング
          代表取締役社長 鈴木 和男

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

【主催】
新宿区立環境学習情報センター

【共催】
新宿区エコ事業者連絡会

【後援】
東京都商工会議所新宿支部

【チラシ】
こちらからダウンロードできます(word)

【申し込み方法】
氏名、電話番号、Eメールアドレス、講座名(事業者の方は、御社名、部署名、お役職)を明記の上、FAX又は、こちらからお申込下さい

※このイベントは終了しました

区では、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」を2007年11月1日にスタートして、56点の応募作品がありました。その中から、エコワン・グランプリ大賞、区民・ファミリー部門、グループ部門、事業者部門の受賞者が決まりました。

新宿エコワングランプリについて
エコワングランプリ表彰式について

平成19年度新宿エコワングランプリ大賞
「こどもエコレンジャー 楽しくなかよくエコ活動」
竹内ファミリー

平成19年度新宿エコワングランプリ 区民・ファミリー部門 優秀賞
「家計にもプラス、省エネ行動でCO2削減」
秋野 鐵好さん

平成19年度新宿エコワングランプリ 区民・ファミリー部門 優秀賞
「環境にやさしい家づくり」
渡辺さん

平成19年度新宿エコワングランプリ グループ部門 優秀賞
「まちが大好き、だから、まちをきれいにしたい」
NPO法人環境まちづくりネット

平成19年度新宿エコワングランプリ グループ部門 優秀賞
「"こんな家に住みたい!"地球にやさしいecoハウス」
新宿区立西戸山中学校 園芸部

平成19年度新宿エコワングランプリ 事業者部門 優秀賞
「エネルギーの大切さを未来を担う小中学生と考えます」
東京電力株式会社 新宿支社

平成19年度新宿エコワングランプリ 事業者部門 優秀賞
「お客さまへのおもてなしの心を屋上で」
株式会社伊勢丹

その他 受賞者・団体一覧
■区民・ファミリー部門
  チャレンジ賞 鱒沢毅さん
  チャレンジ賞 小川真紀子さん
  特別賞 下山田衣里さん
■グループ部門
  チャレンジ賞 ベジタブル・コスモ
  チャレンジ賞 新宿区立東戸山小学校4年生
  チャレンジ賞 中落合一丁目みどり町会
  特別賞 落四小花植え隊
■事業者部門
  チャレンジ賞 株式会社モスフードサービス 第二営業部 第三エリア

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年03月22日(土)13:30~16:30(受付開始13:00)
【会場】
新宿区立牛込箪笥区民ホール(新宿区箪笥町15)
【式次第】
13:30 特別講演 森田正光氏(お天気キャスター)
15:10 区長挨拶
15:15 エコワン・グランプリ表彰式
15:30 エコワン・グランプリ大賞、優秀賞受賞者プレゼンテーション
16:20 講評

地球温暖化をはじめとして、地球はいま、さまざまな問題をかかえています。今こそ、地球を救うために、私たちが身近でできることを考えていかなければなりません。
 区では、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」を2007年11月1日にスタートして、56点の応募作品がありました。その中から、エコワン・グランプリ大賞、区民・ファミリー部門、グループ部門、事業者部門の受賞者が決まりました。
 上記の内容で表彰式を開催しますので、ぜひご来場下さい。皆様で是非とも様々な取組みを共有していただければありがたいです。

チラシ(概要・式次第)はこちら
参加申込書はこちら
講演会のお知らせはこちら

新宿エコワン・グランプリについてはこちら
たくさんのご応募ありがとうござました。

当日の様子
 
 
 

※このイベントは終了しました

新宿エコワングランプリ特別講演
異常気象と環境問題~どうなる地球温暖化~
講師:森田正光氏(気象予報士・(株)ウェザーマップ代表取締役)

主催:新宿区
協力:首都圏エネルギー懇談会

※たくさんの方にご覧頂けるよう、募集期間を延長、募集対象を拡大しました!
お申し込みはお早めに

【日時】
2008年03月22日(土) 13:30~15:00(受付開始13:00)
【会場】
新宿区牛込箪笥区民ホール
【内容】
地球温暖化をはじめとして、地球はいま、さまざまな問題をかかえています。今こそ、地球を救うために、私たちができることを考えていかなくてはなりません。
区では、地球温暖化防止や自然保護、リサイクルなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」の表彰式に先立って講演を開催し、講師に森田正光氏をお招きします。異常気象と地球温暖化の関係を、楽しく学んでみませんか?
【対象】
新宿区内在住・在学・在勤の方、および環境に関心のある方(先着順) ※大人から子どもまで
【費用】
無料

講演会チラシはこちら

当日の様子
 

※このイベントは終了しました

 エコ・ネイションゲームは、ワークショップ形式で行う環境教育プログラムです。参加者が、経済発展と環境のバランスを自ら考えることで、様々な気づきを得ることができます。
 これまで、企業内の環境研修や小学校の総合学習の時間に取り入れられていますが、この度、下記の日程にて無料の体験会を実施することになりました。
 この機会にぜひご体験いただき、今後の環境教育や社会貢献プログラムへの参考にしていただければ幸いです。

対象:一般市民および事業者の方
日時:2008年3月18日(火)
    14:00~17:00(受付開始13:30)
定員:32名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
会場:新宿区立環境学習情報センター仮施設(旧四谷第三小学校)
講師:加藤千博 ?潟tルハシ環境総合研究所

お申し込み・お問い合わせ
新宿区立環境学習情報センター仮施設 事務室
〒160-0003 新宿区本塩町2番地 旧四谷第三小学校 2F
電話:03-3348-6277 FAX:03-3344-4434 E-Mail:info@shinjuku-ecocenter.jp

主催:新宿区立環境学習情報センター
共催:新宿区エコ事業者連絡会

チラシはこちらよりダウンロードして下さい

※このイベントは終了しました

社会・環境報告書は環境・CSRのコミュニケーションに関する最も基本的なツールといえ、社会・環境報告書(CSRレポート、サスティナビリティレポートなどを含む)を発行する事業者は約1000社に上がっています。

この社会・環境報告書を題材として、環境・CSR活動や社会・環境報告書の作成に関わる企業の担当者や一般市民を対象にした「社会・環境報告書読む会ワークショップ」を実施します。

当日は、実際に報告書を読みながら、ワークショップ形式によって、どんな報告書が望ましいのかディスカッションを行います。

CSRレポート提供企業5社:NTTデータ・東京ガス・日清製粉・花王・NECパーソナルプロダクツさんです。

参加者は上記の5社の1社を選択し、消費者・従業員・地域住民・取引先・就活学生のいずれかの視点でレポートを読み、良い点・悪い点・改善した方が良い点などを出し合いまとめて発表するワークショップです。

CSR教育として従業員向けに行なうワークショップの無料体験会です。
CSRレポートは作ったが活用がはかられていないというお悩みにお答えします。
持続可能な社会作りを目指して先ずは社会・環境報告書を読む会を広めましょう。

【日時】
2007年11月9日(金) 14:00~17:00
【対象】
企業の方(環境・CSR・コミュニケーションのご担当の方、CSR活動に興味のあるかた)一般市民の方も参加ください。
【定員】
24名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【ファシリテーター】
加治 知恵氏(株式会社フルハシ環境総合研究所)
【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室
【主催】
新宿区立環境学習情報センター
【共催】
新宿区エコ事業者連絡会
【申込方法】
住所・氏名・企業名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【チラシ】 
こちらからダウンロード出来ます(pdf)

※このイベントは終了しました

 エコ・ネイションゲームは、ワークショップ形式で行う環境教育プログラムです。参加者が経済発展と環境のバランスを自ら考えることで、様々な気づきを得ることができます。
 これまで、企業内の環境研修や小学校の総合学習の時間に取り入れられていますが、この度、下記の日程にて無料の体験会を実施することになりました。
 この機会に是非ご体験いただき、今後の社員教育や社会貢献プログラムへの参考にしていただければ幸いです。
【日時】
2007年10月17日(水) 14:00~16:30
【対象】
新宿区内に所在地を置く事業者の方
【定員】
24名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【講師】
加藤千博(株式会社フルハシ環境総合研究所)
【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室
【申込方法】
こちらからお申し込みください。
【チラシ】 
こちらからダウンロード出来ます(pdf)

※このイベントは終了しました

 エネルギーや材料をどこに、どれだけ使ったか、どれくらいの廃棄があったか、いくらかかったか。見たことがありますか?
 見えないムダを図と数字で「見ける化」するため、マテリアルフロー(資源の流れ)を分析して、資源効率を向上する方法を、国内の事業所3か所を例に具体的にわかりやすく説明します。
 また、簡単にできる電気の上手な使い方で、省エネとコストダウンを実現する方法(デマンド管理)も事例を使ってご紹介します。省エネにこれから取り組む事業者の方にも、すでに取り組んでいるが効果が上がらない事業者の方にもぜひ聞いていただきたいセミナーです。

【日時】
2007年9月21日(金) 14:00~17:00
【定員】
30名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【講師】
浅井豊司(株式会社フルハシ環境総合研究所 東京事務所長)
【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室
【申込方法】
こちらからお申し込みください。
【チラシ】 
こちらからダウンロード出来ます(pdf)

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年08月07日(火) 14:00~17:00
【会場】
エコギャラリー新宿2F 新宿区立環境学習情報センター
【内容】
省エネルギーによる地球温暖化防止と経費削減の両方のメリットを事業者に還元する手法を分かりやすく説明します。後半では、ぬ亮で省エネ相談を受けるコーナーを設けて様々な相談に応じます。また、後日現地で省エネ診断も無料で行います。
【講師】
東京都地球温暖化推進ネットワーク 技術専門員 常慶隆一氏
【対象】
新宿区内に所在地を置く事業者の方 40名(先着順)
【費用】
無料
【応募方法】
企業名、氏名、住所、電話番号を明記の上、ハガキ、FAXまたはメールにて申し込みください。
【応募締切】
2007年08月03日(金)必着

※このイベントは終了しました

新宿区内の公立・私立中学生、高校生の希望校から代表生徒を派遣してもらい、大学生を含め、地域環境から地球環境の解決まで、自由に議論を深め、環境政策を企画提言し、自ら実行に移して問題解決能力を高める機会を設けることを目的としたイベントです。


■こども環境しゃべり場
日時 2007年2月3日(土)14:00~15:30
会場 新宿区立東戸山小学校
内容 夢のエコスクールライフってどういうもの?
~私・家族・学校・地域の方はどうしたら良いのだろう?~

~君の気持ちを伝えよう!~
大学生のお兄さん・お姉さんとエコスクールライフ実現のためにどうしたら良いか、みんなで考えよう。事前に回収したアンケートから、これから自分たちや町の人、学校がやることがきっと見えてくるよ。

当日のスケジュール
→事前にパネラーのこどもたちはワークショップを行い、
「夢のエコ・スクールライフ」の絵を描く
→本番
?@自己紹介
?A「夢のエコ・スクールライフ」の絵発表
?B現実のエコ・スクールライフについてアンケート結果発表
?Cアンケート結果に基づき、課題について話し合う
?D「夢のエコ・スクールライフ」実現に向けて、取り組むべきことを話し合う
(主体別に達成できない理由/ それぞれの役割/どうしたらいいかを模造紙にまとめる)
?E「新宿こどもエコライフ宣言2007」としてまとめ、区関係者に手渡す、後日新宿区長へ提出
外部リンク "新宿の環境学習応援団「まちの先生見本市」を開催(新宿区ホームページ内)"

■当日の様子
 

事前のワークショップの様子

 

しゃべり場の様子

 
しゃべり場の様子

     

会場の皆さんに協力してもらったメッセージとアンケート

※このイベントは終了しました

中小事業者で環境経営に成功している事例等も積極的に伝えながら、環境配慮技術の浸透と、環境マネジメントへの理解を深めます。

「新宿区内の事業者向け省エネ事例紹介」
日時 2007年3月16日(金)15:00~17:00
場所 エコギャラリー新宿 研修室
内容 「省エネルギー」と「省コスト」の両方のメリットを新宿区内の事業者に還元する手法を様々な実施例(事務所、商業施設、病院等)を用いてわかりやすく紹介します。
講師 株式会社 山武 ビルシステムカンパニー
部長 杉原 真人 氏、課長代理 倉田 清 氏
対象 新宿区内に所在地を置く事業者の方、および関心のある方 40名まで
参加費 無料
申込方法 住所、氏名、年齢、電話番号をご明記の上、 往復はがき、FAX(03-3344-4434)またはメールにてお申し込み下さい。
締切:2007年03月12日(月)必着

「早稲田商店街におけるエコポイントの展開」
~学生&商店街&大学研究センター 3者協働事例に学ぶ!
日時 2007年2月8日(木)15:00~17:00
場所 エコギャラリー新宿 研修室
内容 環境活動を楽しい!に変える、エコ・ポイントシステム

早稲田のエコポイントシステムって?
学生、商店街、大学の研究センターの3者協働で進めるポイントシステムで、レジ袋削減、ゴミ分別等の環境活動を行ってポイントを貯め、商店やイベントで使用出来るというもの。
講師 早稲田大学環境総合研究センター
客員教授 永井祐二氏 (エコポイントシステム開発者)
対象 区内在勤、在住、在学の方および関心のある方 30名まで
参加費 無料

※このイベントは終了しました

企業におけるコンプライアンス、ISO14001、社会、環境(地球温暖化対策)、労働、人権、品質、情報セキュリティ、リスクマネジメント等に関しての活動をサスティナビリティレポートに基づいて報告していただいた後、区民と一緒に意見交換を行い、CSRを進めていくための課題を話し合います。
CSRに興味のある方々、CSRを推進している企業の方々も参考になると思いますので是非とも参加していただけますとありがたいです。今なぜ環境経営の推進がトレンディなのかについて、楽しく進行しながらセミナーを開催いたします。

第3回 サスティナビリティレポートを読む会
日時 2007年03月23日(金)15:00~17:00
場所 エコギャラリー新宿 研修室
内容 「サスティナビリティレポートを読む会」
私たちの暮らす街、新宿の企業が今、未来のために取り組んでいることを一緒にみつめてみませんか?
新宿区で活動する企業のサスティナビリティーレポートに基づいた発表の後、
環境を含むCSRへの取り組みについて意見交換を行います。
講師 株式会社損害保険ジャパン CSR・環境推進室 亀谷かおり
対象 一般区民・企業関係者・学生・団体メンバー等    人 数 : 30名
参加費 無料

第2回 サスティナビリティレポートを読む会
日時 2006年10月25日(水)15:00~17:00
場所 エコギャラリー新宿 研修室
内容 「サスティナビリティレポートを読む会」
区民と一緒にCSRについて話し合いましょう
講師 東京ガス 環境部環境推進グループ 富山佳昭氏・高島佳奈氏
対象 一般区民・企業関係者・学生・団体メンバー等    人 数 : 30名
参加費 無料

第1回 サスティナビリティレポートを読む会
日時 2006年9月13日(水)15:00~17:00
場所 エコギャラリー新宿 研修室
内容 「サスティナビリティレポートを読む会」
区民と一緒にCSRについて話し合いましょう
講師 東京電力株式会社
対象 一般区民・企業関係者・学生・団体メンバー等    人 数 : 30名
参加費 無料

※このイベントは終了しました

とくに企業人が関心をもっているテーマを深く掘り下げた、環境配慮の促進につながるような内容のセミナーです。 企業の環境部門などの現場の担当者を講師として招き開催しています。

今年度のセミナーの方向:
京都議定書待ったなしの中で、企業にとっても、具体的対応が求められます。 したがって企業の方々が関心のあるテーマを掘り下げ、企業・行政・区民・団体の率先した取り組みや連携による具体的な対応策を学び、 かつ話し合いの中で、環境配慮促進をして参りたく思います。 具体的には、環境マネジメント(ISO14001等)の様々な仕組みの内容と特徴を理解すると共に、 環境配慮の情報公開手段である環境報告書・環境レポートなど、企業と市民の信頼性を深めるための環境コミュニケーションツールの重要性を伝えて 行きたく思います。「環境報告書を読む会」の実施にあたっては、企業におけるCSR、サステナビリティー、環境教育等のトレンドを的確に捉え、 企業と参加者のコミュニケーションを重視しながら推進していきます。

広報:
企業の社会的責任がクローズアップされている中で、企業側の環境活動や社会貢献活動を紹介することは、 企業側の責務であり、また社会的ニーズとして一種のトレンドにもなっています。 この報告書を通して、報告書の作成目的/活用方法、そして今、何故企業の社会的責任かについて等、 コーディネーターを介して楽しく進行する報告会を開催いたします。皆様のご来場をお待ちしております。


第6回 環境レポートを読む会
【日時】 2006年3月22日(水) 18:00~20:00
【会場】 エコギャラリー新宿2階 (新宿区立環境学習情報センター)研修室
【内容】 この度、西友のサステナビリティ・レポートを読む会を開催することになりました。 ウォルマートと業務提携を行う西友が、いかにグローバル化とローカルの融合を図ってゆくか、 また環境やCSR(社会的責任)の活動をいかに事業と統合し、業績に繋げていくかも重要なテーマであります。 報告書では、ステークホルダーとのネットワークを広げ、 サステナビリティ社会を推進する西友の積極果断なリーダーシップ状況も紹介しています。
この報告書を通して、報告書の作成目的/活用方法、そして今、何故企業の社会的責任かについて等、 コーディネーターを介して楽しく進行する報告会を開催いたします。
?@18:00~ 環境マネジメントシステム(エコギャラリー新宿)の取り組み状況
?A18:30~ 西友のサスティナビリティ・レポートを読む会
「企業の環境レポートの活用例について」
【講師】 株式会社西友 企業コミュニケーション部 社会環境グループ 小畑絵美氏

第5回 アスベスト廃棄物について
【日時】 2006年2月28日(火) 18:00~20:00
【内容】 2006年度もアスベスト(石綿)問題から目の話せない年になりそうです。アスベストを含有する屋根材を取り外したり、建物の解体等で、今後アスベスト廃棄物が大量に発生する可能性があるからです。
この度の当エコビジネスセミナーでは、まもなく改正される複数の法律(アスベストを使用する工場のプラントなどについて、解体作業時の飛散防止策の実施の義務化及び、今後大量に
発生すると見られるアスベスト廃棄物について、溶融による無害化の促進など)に先立って、
安全な暮らしのためのアスベスト対策を心がけるために、下記の視点でセミナーを開催いたしました。
・ アスベスト一般について 
・ アスベスト廃棄物を収集運搬するにあたっての留意点
・ アスベスト廃棄物の処分にあたっての留意点
【講師】 環境省 廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課 課長補佐 秦康之氏
【資料】 後日、掲載予定

第4回 環境レポートを読む会
【日時】 2006年2月8日(水) 18:30~20:30
【内容】 この度はJFEホールディングス(株)の環境報告書を読む会を開催しました。世界最先端レベルのエネルギー効率と資源循環率を誇る製鉄プロセスを紹介した報告書の作成目的・活用方法などをコーディネーターを介して楽しく進行する勉強会でした。報告書では、自動車の軽量化を実現する高品質鋼板、高効率太陽電池用ウエハーの開発等を通じたCO2削減等への貢献状況を紹介しました。JFEは、2004年12月以降、千葉地区において水質に関する環境問題を起こしておりますが、報告書ではこれらのトラブル情報について、真正面から取り上げており、透明性の高いものとなっていました。
【講師】 JFEホールディングズ株式会社 環境部 沼田哲始氏
【参加者】 36名
【資料】 後日、掲載予定

第3回 環境レポートを読む会
【日時】 2005年10月27日(木)  18:00~20:00
【内容】 この度日本航空は、1995年より発行してきた環境報告書を進化させCSR報告書として発行しました。その中の環境報告では、例年どおり航空機からの二酸化炭素排出量の削減取り組みや、長年にわたる航空機を使った上空の大気観測等を紹介しています。
また日本航空は、運航安全上のトラブルによりこの3月に国土交通大臣からの事業改善命令を受けましたが、本報告書ではこれらのトラブル情報について、真正面から取り上げており、透明性の高い報告書となっています。
【講師】 (株) 日本航空ジャパン地球環境部 北澤和己部長
【参加者】 40名
 

第2回 エコビジネスセミナー 「環境経営を考える会」
【日時】 2005年9月14日(水)18:00~20:00
【会場】 エコギャラリー新宿 2F 研修室
【内容】 企業において、地球温暖化対策やコンプライアンス、ISO14001に関しての情報提供をした後、参加者によるグループディスカッションを行い、環境経営を進めていくための課題を話し合う。
出てきた課題について、参加者と共にその解決法を探ります。
【講師】 アオイ環境株式会社 倉知史雄技術部次長
【定員】 50名

第1回 環境レポートを読む会
『環境報告書大賞受賞 JR東日本社会環境報告書2004』
【日時】 2005年7月7日(木)
【内容】 最もすぐれた報告書として表彰(環境大臣賞)されたJR東日本株式会社を対象に取り上げ、現場の皆さんの体験談の形を通して,報告書の分かりやすさと、客観的なデーターとの両者のバランス及び、マイナス情報がきちんと開示されているなど意欲のあるものでした。
社員の顔が見える報告書を作成するということで、社内のコミュニケーションづくりにおおいに役にたったとの評価。大企業の顔が見えるということは信頼感が増すということで、そういう意味でこういう作り方をされている報告書を聞くことができたことは、大変意義深かったと思います。
【講師】 JR東日本 経営管理部長 三輪 渡 氏 / 押谷省吾 氏
【参加者】 35名
 

※このイベントは終了しました

環境マネジメント講座・企業講座
環境経営は、環境ビジネスを負の要素と捉えるのでなく企業経営のチャンスと捉え、経営戦略を策定する企業が増え今やトレンディとなっています。
今回、6回に渡ってエコビジネスセミナーを開催いたしましたが、多くの区民、ビジネスマン及びその他のステイクホルダーの皆様から出席いただき、活発な討議を重ねた結果をホームページ上に掲載いたしました。2005年度も、新しいビジネスチャンスが自覚できますよう数々のコンテンツを用意いたしておりますので、ご出席頂きますようお願い申し上げます。

第1回 エコアクション21 2004年度版の特徴と概要について 【日時】 9月30日(木)
【内容】 エコアクション21を取得、運用することにより、環境保全活動の推進及び経費削減、生産性向上等経営効果のアップをはかる。
また、その全過程を同時進行の講座として情報公開し、広範な普及につなぐ。
【講師】 環境省総合環境政策局 環境技官 川野光一氏
【参加者】 64名
 

第2回 環境白書(図で見る)を読む会 【日時】 10月29日
【内容】 環境白書は地球環境問題の羅針盤であり、環境白書を読めば、環境保全を高める効果的なソリューションになります。特に図で見る環境白書は、やさしくて、見やすい。
【講師】 環境省総合環境政策局環境計画課 課長補佐 東岡礼治氏
【参加者】 27名

第3回 環境レポートを読む会 【日時】 11月24日
【内容】 事業者の社会的責任がクローズアップする中で、環境活動を公表することは、社会的ニーズであります。複数の事業所の環境活動レポートを対象にどこが読みやすいか、今後の重要情報は何かをお互いの事業所のスペシャリストを招いて吟味した。
【講師】 株式会社損害保険ジャパンCSR 環境推進室課長 栗田宏文氏
【参加者】 27名

第4回 事例発表(4テーマ) 【日時】 1月24日
【内容】 新春セミナーでもあり第1部 事例発表(4テーマ)までは、エコギャラリー新宿とエコ事業者連絡会(新宿区の事業者を対象とする環境マネジメント情情報交換会)との連携企画で開催。
?@「東京電力の環境への取組み」
?A「京王グループの環境リサイクル事業」
?BISO14001・2004年度版の改訂について
?C「紙コップのリサイクル ―新宿モデル地区―」
【講師】 東京電力株式会社 環境部 緒方毅氏
京王電鉄(株) 浅井裕一氏
(財)日本適合性認定協会 森川高志氏
(株)ジャパンビバレッジ 須永徹氏
【参加者】 65名

第5回 環境レポートを読む会 【日時】 2月23日
【内容】 見易さ、読みやすさが一層顕著に表現されている環境レポートの、その作成目的・作成方法・活用方法、そして今、何故企業の社会的責任かについて等コーディネーターを介して楽しく報告会を開催
【講師】 東京ガス株式会社 富山佳昭氏 平澤由美氏
【参加者】 23名
 

第6回 環境レポートを読む会 【日時】 3月30日(水)
【内容】 株式会社モスフードサービスのレポートを対象に取り上げ、さまざまなステイクホルダーとのコミュニケーションを深めている報告書を読む会を開催。
【講師】 株式会社モスフードサービスCSR推進本部環境推進グループ
グループリーダー 中山卓三氏
【参加者】 25名