家庭・暮らし

(敬称略)

新宿エコワン・グランプリ 大賞

新宿エコワン・グランプリ 大賞 齋藤瑞貴「ごみから地球を救え!」

新宿エコワン・グランプリ 大賞 齋藤瑞貴「ごみから地球を救え!」

齋藤 瑞貴「ごみから地球を救え!」

小学校の夏休み自由研究として、燃えるごみの水分を蒸発させてからごみに出すことが、如何に大切かを調べました。毎日の生ごみを工夫しながら乾燥させ、乾燥させる前と後の重さを測ったり、水分の残った燃えるごみを廃棄するのにどのくらい無駄なエネルギーを使用しているかを計算しました。

新宿エコワン・グランプリ 各賞

新宿エコワン・グランプリ 各賞 受賞者

新宿エコワン・グランプリ 各賞 受賞者

個人・ファミリー部門優秀賞

山下武男「地域福祉・緑のカーテン」
百三町会の副会長・喜楽会(老人会)の副会長という要職のかたわら、町会員へCO2削減・緑のカーテンへの参加の声かけを4年間継続しました。その事によって町会員とのコミュニケーションを深めました。

個人・ファミリー部門チャレンジ賞

多々良壽義「ごみの減量化」

グループ部門優秀賞

新宿環境リサイクル活動の会「3R活動・エコの再発見」
家でねむっているお宝(古布・牛乳パック・新聞紙・古毛糸・廃食油等々)の再利用・再活用・再発見・楽しく・年齢を問わず、大人・子供・年23回の講座活動をしています。

学生NPO農楽塾「早稲田で田んぼプロジェクト」
新宿という都会のど真ん中にある早稲田には、かつて田んぼが広がっていました。その田んぼを大学生の手により復活させて、自らの手で土に触れることから農について考えようという活動です。

一般社団法人日本リ・ファッション協会・東都クリエート株式会社「衣類の回収と循環」
衣類回収への参加協力を通し3R推進への関心を高め、不用になった衣類を回収に出すことを生活に定着させることを目標に活動しています。

グループ部門チャレンジ賞

新宿区立百人町児童館エコクラブ「みんなの力で地球を守ろう」

目白大学飛田ゼミ「地域連携及び異業種交流による環境アクティブラーニングの開発」

事業者部門優秀賞

株式会社 熊谷組「クマさんの環境教室」
熊谷組(本社)は、環境をテーマとした学習を社員が企画し、講師となり、新宿区内の小学生・高校生に平成15年より継続的に実施しており、延べ約850名が参加しました。

新宿区立東戸山小学校「ヒガトの学び」
本校では年間を通して、人・社会・自然とのかかわりをテーマとして、環境学習に取り組んでいる。 [環境日記「みどりの小道」の取り組み] [ヤギ飼育の取り組み] [お米プロジェクト]など

事業者部門チャレンジ賞

新宿区立大久保第一保育園「花いっぱい運動」

工学院大学新宿キャンパス「CO2排出量抑制、廃棄物の減量化・リサイクル率の向上」

みどりのカーテンプロジェクト賞

みどりのカーテンプロジェクト賞 受賞者

みどりのカーテンプロジェクト賞 受賞者

リピーター
梅本章子
福住達夫
多々良寿義
出口丈人
赤荻やよい
大川内初実
太田久子
根岸徳治

ビギナー
岩田弘子
鈴木久江
安部和代
吾妻慶子
熊澤司
谷川潔
山岡きみ江
林久美子
岩本公一
西島康

施設
富久小学校内学童クラブ放課後子どもひろば
戸山第二保育園
高田馬場第一児童館
山吹町地域交流館
落合第四小学校
新宿区立障害者福祉センター
早稲田南町地域交流館・児童館・学童クラブ

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞 受賞者

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞 受賞者

省エネ賞

岩本美枝
高山葉子
梅本章子

新宿エコ自慢ポイント エコ活動ポイント賞

hiro483
nagisa795
sazae196
hiromi978
599088

新宿エコ自慢ポイント 節電ポイント賞

mimi968
genkibachan721
riichiro391
1237556
tohikocyan147

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

環境にやさしい取り組みや活動を表彰します!

「新宿エコワン・グランプリ」は、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテストです。今年度もたくさんの方々からご応募いただきました!
<エコワン・グランプリ大賞> <個人・家族部門> <グループ部門> <事業者部門>の受賞者を表彰します。
また特別賞として、<みどりのカーテンプロジェクト賞> <省エネ賞>の表彰もあります。

【日時】
2015年3月14日(土) 13:00~14:40 (12:30開場)

【会場】
エコギャラリー新宿

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

生ごみ堆肥サロン

【日時】
2015年2月15日(日)13:30~15:00

【内容】
ダンボールコンポストで作る生ごみ堆肥についての話し合い
その後 堆肥作りはうまくいっていますか?成功や失敗をみんなで共有しましょう!

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

【講師】
土橋由枝氏(新宿区エコライフ推進員)ほか

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

イメージ写真・昨年度作品(材料や器は変更になります)

イメージ写真・昨年度作品
(材料や器は変更になります)

今回の寄せ植え講座は多肉植物です。植物にとっては厳しい環境で生きてきた多肉植物は、独特の姿かたちに変化してきた進化系の植物たちです。多肉植物は今、密かなブームになっており、愛好家は愛情を込めて“タニク”と呼んでいます。小さなスペースで室内でも楽しめます。

この“寄せ植え講座”は、苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの基礎的な解説も行いますので初めての方でも安心してご参加いただけます。

【日時】
2015年2月13日(金)
昼の部(13:30~15:30) ※昼の部は定員に達したため募集終了
夜の部(18:30~20:30) ※夜の部は残席に余裕があります

【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)

<<続きを読む>>

第8回 新宿エコワン・グランプリ

環境にやさしい取り組みナンバーワンを決めるよ!
みんなのエコライフを教えてね!

新宿エコワン・グランプリとは…

新宿での環境活動に関し優れた取り組みをした個人・団体・事業所に対し、その功績をたたえるため表彰を行います。
また多様な環境活動の情報を共有し、展開していく場でもあります。

【応募期間】
2014年10月1日~2015年1月15日(当日消印有効)

【募集対象】
新宿区の環境を守る取り組みや活動

【募集部門】
(1)「個人・ファミリー部門」(区内在住の個人または家族)
(2)「グループ(区民団体)部門」(区内で活動するグループ(区民団体等))
(3)「事業者部門」(区内に事業所を有する事業者)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

生ごみからたい肥をつくろう!

【日時】
2014年12月14日(日)13:30~15:30

【内容】
ダンボールで作る生ごみたい肥づくり
ダンボールで作る生ごみたい肥づくり

ダンボールで作る生ごみたい肥づくり

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

【講師】
土橋由枝(つちはしよしえ)他、新宿区エコライフ推進員

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

新年を手作りの正月飾りで演出してみませんか。ミニハボタン、南天、松などを使いテーブルや窓辺にも飾れるコンパクトで可愛らしい寄せ植えです。

昨年大好評だったお正月用講座です。苗の見分け方配置のポイントや手入れなどの基礎的な解説も行いますので初めての方でも安心してご参加いただけます。

昨年の様子

【日時】
2014年12月12日(金)
朝の部(10:00~12:00)
昼の部(13:30~15:30)
夜の部(18:30~20:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター
(エコギャラリー新宿)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

今回は、特別編。クリスマスツリーをつくります。生きているゴールドクレストを使って、松ぼっくりやリボンなどで飾り付けします。クリスマスシーズンが過ぎたら、大事に育てて、次の年には一回り大きいツリーにしましょう!

解説は、リボンワークやラッピングについてです。これができれば、花束やギフトラッピングに応用できます。

昨年の様子

【日時】
2014年11月29日(土)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター
(エコギャラリー新宿)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

この講座では苗の見分け方、配置、土、肥料や手入れの仕方などの解説も行いますので初心者の方でも安心してご参加いただけます。

今回は尾瀬高原の冷涼な気候が育てたお花を使って、秋から冬、春にかけて楽しむ寄せ植えをつくります。色の組み合わせは無限大。あなた好みの組み合わせを見つけてみましょう。

【日時】
2014年10月17日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)
西早稲田リサイクル活動センター(※会場が変更になりました

<<続きを読む>>

まず、土橋由枝さんから土のリサイクル方法の説明していただき、板本さん、伊藤さんが実演しました。スタッフの実体験を紹介しながらの質問コーナーでは、「土のリサイクルに使用するビニール袋は、黒色以外でもよいのでようか?(→袋の中の温度を上げることが目的なので、透明の袋でも大丈夫です)」、「雑草がたくさん生えたプランターの土でもリサイクルできますか?(→リサイクルできますが、雑草の種までは取り除けないと思います」などの質問が出ました。

後半は、ゴーヤーを育てたあとのプランターで冬野菜を楽しむ野菜作り講座。コマツナとシュンギクの種まき実演と、間引きのコツを紹介しました。「最初に発芽したものを間引きしていたのですが、やり方はあっていますか?(→間引きでは、成長の悪いものを抜きます。最初に発芽したものは抜かないほうが良いでしょう)」、「数年前の野菜の種でも発芽しますか?(→種は生命力が強いので、2・3年たったものでもある程度発芽はしますが、農家の人は毎年買い換えるそうです)」などの質問があがりました。

当日は台風接近による雨模様でしたが、50名近い方にお越しいただきました。「土のリサイクルを始めて行います」という方も多く、会場は熱気にあふれていました。

土のリサイクル実演(板本さん、土橋さん、伊藤さん)

土のリサイクル実演(板本さん、土橋さん、伊藤さん)

土のリサイクル実演(板本さん、土橋さん、伊藤さん)

野菜づくり講座で説明する矢野さん(左)

野菜づくり講座で説明する矢野さん(左)

野菜づくり講座で説明する矢野さん(左)

1週間前にまいたコマツナ。間引きのレクチャー時に使用しました

1週間前にまいたコマツナ。間引きのレクチャー時に使用しました

1週間前にまいたコマツナ。間引きのレクチャー時に使用しました


【企画運営協力】
2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら

※このイベントは終了しました

土のリサイクル&野菜づくり

みどりのカーテンで使いおわった土を元気によみがえらせるコツをお話します。また、プランターで野菜づくりを楽しみませんか?

【日時】
2014年10月5日(日)13:30~15:30
※定員に達したため、応募は締め切りました

【内容】
みどりのカーテンで使いおわった土を元気にする方法
プランターを活かす野菜づくりの方法

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

【講師】
土橋由枝(つちはしよしえ) 新宿区エコライフ推進員

<<続きを読む>>

みなさん、ゴーヤーの育ち具合はいかがですか?
環境学習情報センターのゴーヤーはぐんぐん伸び大きな葉っぱを揺らせています。

さて、生育記録シート、感想シートをアップしました。
みなさんの「みどりのカーテン」との日々を、このなかにいっぱい詰め込んで送ってください。
提出期限は10月1日(水)です。お待ちしています。

提出用紙(office word形式)

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクト一覧

ゴーヤーを元気に育てるコツや、収穫したゴーヤーの保存方法、来年までにやっておくことなどについて情報交換しました。

「地植えとプランターで育てていましたが、今年はあまり収穫できませんでした。土もリサイクルし、ゆっくり溶けて効果の継続する固形肥料を使ったのですが・・(→生育期間(約3ヶ月)を考えると、即効性のある肥料を使うことをおすすめします。また、連作障害が原因とも考えられるので、プランターには別の科の野菜や、草花を植えましょう)」、「長期保存のコツはありますか?(→種を取り除くと長持ちします。スライスして冷凍すれば、一年中使えます。ピクルスや梅漬け、佃煮、ジャムなどの保存食に加工するのも良いですよ)」、「取り外し方のコツはありますか?(→引っ張れば簡単に外れますし、ツルを途中で切って小分けに外すと作業が楽です。枯らしてから外す方法もありますが、細かい葉が階下に落ちてしまいます)」・・・などなど、多くの質問にプロジェクトメンバーの赤荻さん、板本さん、伊藤さん、水田さん、桐生さん、土橋さんから詳しくお答えいただきました。

記念撮影♪

記念撮影♪

記念撮影♪


【企画運営協力】
2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら

※このイベントは終了しました

あなたのみどりのカーテンは元気に育ちましたか?
困ったことはありましたか?
ゴーヤを育てたあと、カーテンや土をどうするか考えていますか?
来年も元気なカーテンを作るために楽しく情報交換しましょう!!

みどりのカーテンサロン

【日時】
2014年9月26日(金) 13:30~15:00

【会場】
エコギャラリー新宿

<<続きを読む>>

デモンストレーション

デモンストレーション

手軽でおいしいゴーヤー料理を、プロジェクトチームメンバーの赤荻やよいさんに教えていただきました。デモンストレーションのあとは、グループに分かれての調理実習。「ゴーヤー料理は、ゴーヤーチャンプルーしか知らなかった」と言いながら調理する方や、みじん切りやスライスなどの作業を積極的に行う男性参加者もいました。
「全部おいしい!」「苦みが少なくて食べやすい!」「ゴーヤーはスープに合うのですね」と、お味は大評判。料理をいただきながら、それぞれのゴーヤーの出来具合や、調理法についても話し合いました。ゴーヤーを育てたことのない人からは「来年は育ててみます!」という声も聞かれました。

メニュー:ゴーヤーのしょうがあえ、ゴーヤーとエビのスープ、ゴーヤーとトマトの卵炒め、ゴーヤードレッシング、ゴーヤーとバナナのシェイク、ゴーヤーピクルス

調理実習

調理実習

調理実習

調理実習

調理実習

調理実習

いただきます♪(サロン)

いただきます♪(サロン)

いただきます♪(サロン)

いただきます♪(サロン)

いただきます♪(サロン)

いただきます♪(サロン)


【企画運営協力】
2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら

※このイベントは終了しました

ゴーヤー料理教室&サロン

【日時・会場】
1. 2014年8月21日(木)柏木地域センター
2. 2014年8月23日(土)角筈地域センター
いずれも 10:30~13:00
※各日内容は同じです

【講師】
赤荻やよいさん

<<続きを読む>>

榎地域のみどりのカーテンを見て歩く“みどりのカーテン探検”を行いました。ガイドは桐生さんと小山さん。
榎町出張所を出発し、濟松寺、沖縄料理店前を通って、立派なカーテンのお宅へ。ゴーヤー以外にもオクラやヘチマなど数種類の植物を上手に育てていらっしゃいました。また、桐生さん宅のべランダで元気に育つゴーヤーや、屋上で栽培しているニラやナスなどの野菜も見せていただきました。また、小山さんからは元赤城神社をはじめとする榎地域の歴史もガイドいただき、実りの多い、楽しい探検(まちあるき)でした♪

榎町特別出張所のみどりのカーテン

榎町特別出張所のみどりのカーテン

榎町特別出張所のみどりのカーテン

緑豊かな濟松寺

緑豊かな濟松寺

緑豊かな濟松寺

お話もうかがいました

お話もうかがいました

お話もうかがいました

見事なみどりの門構えを発見!

見事なみどりの門構えを発見!

見事なみどりの門構えを発見!


【企画運営協力】
2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム、新宿エコまちあるきチーム

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら

7月11日 みどりのカーテンサロンを行いました(会場:エコギャラリー新宿)
お持ちいただいた写真を見せ合いながら、育ち具合や不安ごとについて話し合いました。
「め花が咲かないのですが、大丈夫でしょうか(→大丈夫ですよ)」「下の方の葉が黄色くなってきました(→生理現象です。追肥をしましょう)」「土に直接さして使う活力剤は、追肥になりますか?(→なりません。活力剤は、人間でいうところの栄養補助食品です。肥料をあげましょう)」などなど、いろいろな質問があがり、プロジェクトメンバーの赤荻さん、桐生さん、土橋さんから詳しくお答えいただきました。土の表面がカラカラのときは、まずは土がしめる程度の水をあげて様子をみて、つぎにプランターの下から出るくらいの水をあげると根がよく吸収するとのこと。ぜひやってみようと思いました。そして、「サロンには参加できないのですが・・・」と、事前にゴーヤーの写真をお送りいただいたみなさん、ありがとうございました!

持ち寄った写真やゴーヤー(土橋さん収穫)を見せ合いながら、なごやかに話し合いました。

持ち寄った写真やゴーヤー(土橋さん収穫)を見せ合いながら、なごやかに話し合いました。

持ち寄った写真やゴーヤー(土橋さん収穫)を見せ合いながら、なごやかに話し合いました。


【企画運営協力】
2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら

※このイベントは終了しました

あなたのみどりのカーテンは元気に育っていますか?
困っていることや不安なことはありませんか?
うりとものみなさんと、みどりのカーテンについて楽しく情報交換しましょう!!

みどりのカーテンサロン

【日時】
2014年7月11日(金) 13:30~15:00

【会場】
エコギャラリー新宿

【参加費】
無料

【定員】
20名(先着順)

【申込方法】
往復はがきまたはFAXに講座名・住所・氏名・電話(FAX)番号を記入の上、エコギャラリー新宿宛でお送りください。

新宿区立環境学習情報センター
〒160-0023
東京都新宿区西新宿2-11-4 (新宿中央公園内)
FAX:03-3344-4434

【申込締切】
2014年7月5日(土)必着

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクト一覧

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです

写真はイメージです

家庭菜園が静かなブームです。
あなたは“庭が無い”、“知識が無い”、“難しそう”などの理由で野菜つくりを諦めていませんか?
鉢花やプランターが置けるスペースがあれば野菜つくりは可能です。
日頃、草花を育てている方であれば野菜も同じように育てられます。
ご参加をお待ちしています。

【日時】
2014年6月22日(日)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)
※1日に2回開きます。希望の時間でお申し込みください。

【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

この講座では苗の見分け方、配置、土、肥料や手入れの仕方などの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

今回はミニ観葉植物で寄せ植えをつくります。お部屋をおしゃれなグリーンで癒しの空間にしてみませんか。挿し木や株分け等、植物の増やし方を予定しています。

【日時】
2014年6月20日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

浴衣からエプロンドレスを作ろう!

【日 時】
2014年6月17日(火)・24日(火) 13:00~16:00
<2回連続講座>

【対 象】
区内在住・在勤・在学で、2日とも出席できる方

【定 員】
10名 ※応募者多数の場合は抽選

<<続きを読む>>

6月7日 みどりのカーテンサロンを行いました(会場:エコギャラリー新宿)
悪天候にも関わらず多くのみなさんにお集まりいただいたサロンでは、ゴーヤーの育ち具合や心配事について話し合いました。「摘芯はどのあたりから行えばよいですか?」といった質問や、「土に直射日光が当たらないようにかぶせ物をしているのですが、効果はありますか?」「誘引が上手くいかないのですが・・」などの質問に、エコライフ推進員の土橋さん、赤荻さん、桐生さん、水田さんから詳しくお話いただきました。追肥、水やりを欠かさずに見守っていきましょう!

質問がたくさんあがりました

質問がたくさんあがりました

質問がたくさんあがりました


【企画運営協力】
2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら

※このイベントは終了しました

※この講座は定員になりましたので募集を終了いたしました

【日時】
2014年6月3日(火) 13:30~15:30

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

この講座では苗の見分け方、配置、土、肥料や手入れの仕方などの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

今回はミニトマト、バジル、チャイブ、タイム、ナスタチュームなどの野菜やハーブと草花を 組み合わせて、 「見ても、香っても、味わっても、楽しめるコンテナガーデンを作りろう。」 病害虫の防除駆除について解説をします。

【日時】
2014年5月23日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)
夜の部(18:30~20:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)

<<続きを読む>>

7年目を迎えた2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクト。今年の説明会は、4月29日から5月10日まで、全8会場で行いました。午前の部はこれまでプロジェクトに参加された方に向けた内容。お互いの顔が見えるようにイスを並べ、質問や情報交換の時間をたっぷりとりました。また、2013新宿エコワン・グランプリでみどりのカーテンプロジェクト賞を受賞された方などからも、水やりの工夫や楽しみ方について教えていただきました。初めて参加される方に向けた午後の部では、ポイントをしぼった育て方のコツをお話し、最後の“おさらいクイズ”でそのポイントを確認しました。

講師はプロジェクトチームメンバー。会場とのやりとりを交え、楽しく、わかりやすくお話いただきました。

桐生さん(榎町地域センター)

桐生さん(榎町地域センター)

桐生さん(榎町地域センター)

土橋さん(大久保地域センター)

土橋さん(大久保地域センター)

土橋さん(大久保地域センター)

水田さん(大久保地域センター)

水田さん(大久保地域センター)

水田さん(大久保地域センター)

板本さん(牛込箪笥地域センター)

板本さん(牛込箪笥地域センター)

板本さん(牛込箪笥地域センター)

友永さん(牛込箪笥地域センター)

友永さん(牛込箪笥地域センター)

友永さん(牛込箪笥地域センター)

赤荻さん(落合第二地域センター)

赤荻さん(落合第二地域センター)

赤荻さん(落合第二地域センター)

地域の方々にもサポートいただきました

地域の方々にもサポートいただきました

地域の方々にもサポートいただきました

会場には、昨年の参加者の記録シートのほか、留守中の水やりの工夫、種からの育て方、いろいろな肥料なども展示・紹介しました

会場には、昨年の参加者の記録シートのほか、留守中の水やりの工夫、種からの育て方、いろいろな肥料なども展示・紹介しました

会場には、昨年の参加者の記録シートのほか、留守中の水やりの工夫、種からの育て方、いろいろな肥料なども展示・紹介しました

【企画運営協力】
2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

お母さんへの感謝の気持ちをお花にのせて手作りの寄せ植えを贈ろう!

今回は大好きなお母さんの喜ぶ姿を想像しながら、カーネーション主体に植物を組み合わせます。 お日様が大好きなカーネーションの上手な育て方も解説します。

対象は子どもだけではありません、大人の方々も大切なお母さんへのプレゼントにいかがですか?

【日時】
2014年5月6日(祝)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)

<<続きを読む>>

ゴーヤーの育ち具合を教えてくださった方々からのお便りです。みなさんもぜひ教えてくださいね!

Kさんより

5月1日

いただいた当日に植付けいたしました。同プランターに烏瓜も元気につるをのばしています。先月中葉に種マキした(朝顔・夕顔・オダマキ・風船カズラ・黄花コスモス・マリーゴールド・綿・アサリナ・ゴーヤー等々)朝顔も大方双葉が出てきました。夏のグリーンカーテンが楽しみです。

Fさんより

7月1日

昨日、2号と3号を収穫しました。
ちょっと小さいかとも思いましたが、「ゴーヤとの駆け引き」で「もう少し」と思っていると黄色くなってしまうのが常なので、取りました。
一本(2号)は、「初物」としてゴーヤの好きな方に進呈し、残り(3号)は、チャンプルにして食べました。まだまだ、小さい実が多数付いており、もう「号数」を数えることはできなくなりました。
また、カーテンの状態もほぼ例年通りでできております。
今年は、アサガオの成長も早くゴーヤと競い合っているようです。

2号

2号

2号

3号

3号

3号

(上)2号 (下)3号

(上)2号 (下)3号

(上)2号 (下)3号

6月30日 内側からのカーテン

6月30日 内側からのカーテン

6月30日 内側からのカーテン

7月1日 外側からのカーテン

7月1日 外側からのカーテン

7月1日 外側からのカーテン

6月17日

こんにちわ。私のところでは6月2日に最初の雄花が咲き、その後数日して、雌花がついたようです。でも、それに気づかず、人工授粉できず、成長していません。その後、2号、3号と雌花が付き、それらは授粉しました。どうも順調に育っているのは2号だけのようですが。尚、やっと、蝶や蜂が来るようになりました。1号から3号の様子です。
また、今年は種から約50株を栽培し、6人の方にお分けしました。きっと、頑張って育ててくれることと思っています。

1号

1号

1号

2号

2号

2号

3号

3号

3号

Aさんより

8月9日

ゴーヤーは、豚肉とキムチとたまごと一緒に炒めて食べました。
食べきれない分は、ネットに入れてベランダで干して、ドライゴーヤーにしました。
ドライゴーヤーは、カレーに入れます。ゴーヤーが苦手でも、苦い味がわからなくなります。

サカタのタネのミニメロン「ころたん」です。

サカタのタネのミニメロン「ころたん」です。

サカタのタネのミニメロン「ころたん」です。

サカタのタネのミニメロン「ころたん」です。

サカタのタネのミニメロン「ころたん」です。

サカタのタネのミニメロン「ころたん」です。

あばしゴーヤーのカーテンは、1株調子が悪く、半分しか上まで伸びていません。

あばしゴーヤーのカーテンは、1株調子が悪く、半分しか上まで伸びていません。

あばしゴーヤーのカーテンは、1株調子が悪く、半分しか上まで伸びていません。

台風が来る前に収穫しました。ミニメロン「ころたん」、あばしゴーヤー、サントリーフラワーズ「デリシャスゴーヤ(黄緑)」「しろくまゴーヤ(白)」

台風が来る前に収穫しました。ミニメロン「ころたん」、あばしゴーヤー、サントリーフラワーズ「デリシャスゴーヤ(黄緑)」「しろくまゴーヤ(白)」

台風が来る前に収穫しました。ミニメロン「ころたん」、あばしゴーヤー、サントリーフラワーズ「デリシャスゴーヤ(黄緑)」「しろくまゴーヤ(白)」

7月1日

一番成長が早いデリシャスゴーヤを少し小さめですが、収穫しました。15cm定規と一緒に写真を撮りました。デリシャスゴーヤは1株しか植えていませんが、他にも7つくらい実がなっています。

6月26日

先日のカーテンに実が付き始めました。

デリシャスゴーヤのアップ

デリシャスゴーヤのアップ

デリシャスゴーヤのアップ

3つあるのがわかりますか?

3つあるのがわかりますか?

3つあるのがわかりますか?

全体の様子

全体の様子

全体の様子

6月18日

(写真1)ベランダで、サントリーフラワーズの「デリシャスゴーヤ」とサカタのタネのミニメロン「ころたん」を育てています。奥の背の高いのがゴーヤ、手前の3株背の低いのがミニメロンです。

(写真2)プロジェクトでいただいた、あばしゴーヤーです。 摘芯後、しばらくまでベランダで育てましたが、伸びてきたので、庭に移動させ、2階のベランダまでネットを張りました。

写真1

写真1

写真1

写真2

写真2

写真2

Oさんより

8月4日

暑中お見舞い申し上げます。一階のボリュームを二階へ持ち上げることができませんでした。実を採る時、本線をたちきってしまったようです。

Oさんより

6月30日

前略 ゴーヤも私達もきわめて健やかです。二世帯で参加していますので、2階までネットを張りました。優に3mを超えております。  不一

Oさんより

Tさんより

7月11日

なんだか 2個生りました。後はなかなか 雄花が咲きません。
8階の軒先で、鉢は 別物です。 軒先に入りません。
戴いた鉢は 1階 の 共同花壇で 花を植えました

Uさんより

8月8日

Uさんより

Uさんより

Uさんより

Uさんより

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクト一覧

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

環境学習情報センターは24年度から“基礎から学ぶ寄せ植え講座”を開催しています。おかげさまで大変好評で多くの方々に受講して頂きました。この講座では苗の見分け方、配置、土、肥料や手入れの仕方などの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

今回は初夏の草花、ペチュニア、バーベナ、シレネ、オダマキなどを使います。

【日時】
2014年4月18日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクト

2014新宿「みどりのカーテン」プロジェクト 説明会 参加者募集
―新宿を、みどりのカーテンでいっぱいにしましょう!―
☆ゴーヤーの苗を配布します☆

3月25日(消印有効)から「往復はがき」にて受付開始!
開始以前のお申し込みに関しては無効とさせていただきます。
また、FAX・メールでの受付は行いません。

「みどりのカーテン」とは、つる性の植物を窓の外にはわせて日差しを和らげる自然のカーテンのことです。
室温の上昇を抑えることで冷房の使用を抑制し、地球温暖化防止につながります。
蒸散効果(葉が水分を蒸発させる時に周囲を冷やす効果)が高く、実がなればおいしく食べられるゴーヤーを育ててみませんか?


【対象】
新宿区在住の方・新宿区内の事業者

【内容】
1.【リピーター】これまでに新宿「みどりのカーテンプロジェクト」に参加した方
2.【ビギナー】はじめて新宿「みどりのカーテンプロジェクト」に参加する方

<<続きを読む>>

(敬称略)

新宿エコワン・グランプリ 大賞

新宿エコワン・グランプリ 大賞 受賞者

新宿エコワン・グランプリ 大賞 受賞者

オリンパス株式会社 テクノラボ

製品である顕微鏡を使用したプログラムで、学校への出前授業や、各種イベントに参加しています。環境学習情報センターでは講座“顕微鏡で観る地球的規模の現象”を全10回シリーズとして開催。受講者数は180名に及びます。(8回終了時点)

新宿エコワン・グランプリ 各賞

新宿エコワン・グランプリ 各賞 受賞者

新宿エコワン・グランプリ 各賞 受賞者

個人・ファミリー部門優秀賞

小島 佳一郎
6年前、みどりのカーテンに参加して以来、省エネに関心を持ちました。電気消費はもちろん、水道、ガスの使用量も削減することにゲーム感覚で取り組みました。

鈴木 和果奈・杏実
姉妹でこどもエコ広場新宿や「エコにトライ」、顕微鏡講座などに参加し、その感想を「夏休みの自由研究」にまとめました。また、姉の和果奈さんは環境絵画展で区長賞を、妹の杏実さんは新宿区「みどりの小道」環境日記で若葉賞を受賞しました。

個人・ファミリー部門チャレンジ賞

吉田 キミ
「エコキャップ800個でワクチンが後進国の子供に提供できる」その言葉に触発され、平成17年よりエコキャップ収集を始めました。40~50日に一度キャリーバッグいっぱいのキャップをエコギャラリーに届けています。

亀井 潤一郎
東京都が企画した「海の森」プロジェクトに賛同し、初年度の平成19年から植樹に参加しています。また、西落合地域で仲間づくりを行い、落合第二地域センターで「海の森」講演会を開催しました。

萩野谷 久子
吉田キミさんに触発され、平成22年よりエコキャップ収集を始めました。40~50日に一度キャリーバッグいっぱいのキャップをエコギャラリーに届けています。

グループ部門優秀賞

百人町地域交流館自主事業運営委員会 児童部会
絆づくりをモットーに年代の垣根を越えた自主事業を企画しています。事業では“資源を大切に”、“ゴミは少なく”、“エコ”を目標に掲げています。もちつき大会では「マイ箸、お椀、お皿、コップ」の持参を呼び掛けています。

ベジタブルコスモ
新宿に住んでいる私たちは、9年前から千葉県勝浦市で、バイオ農法による無農薬野菜作りを始めました。化学農薬を用いず、安全性の高い露地栽培を行っています。フードマイレージという視点から見ると、勝浦市は新宿にとって地産地消の地とみなすことできます。

グループ部門チャレンジ賞

森の演出家事務局
「森育・食育・人育」をコンセプトに「森の演出家」として活動しています。出前授業やこどもエコ広場新宿の講師を務め、田舎暮らしの体験や自然の豊かさ・楽しさを伝えています。

事業者部門優秀賞

ダイキン工業株式会社ソリューションプラザ「フーハ東京」
・6月1日~9月30日まで「クールシェアスポット」として登録し、環境省とのコラボレーションを行い、ジェルキャンドル作りを開催しました。
・夏休み「エコにトライ」の講座を担当し、エアコンを分解して、どうやって冷えるのか?どんな部品があるのか?を子どもたちに見てもらいました。

株式会社熊谷組首都圏支店
工事現場における節電のため、省エネの象徴としてゴーヤの種が各現場に配布され、立派に育ったゴーヤを会社より表彰するなど積極的な「みどりのカーテン」づくりが評価されました。

事業者部門チャレンジ賞

中越パルプ工業株式会社
全国に広がる放置竹林という社会課題に対し、1998年から国産竹を製紙原料に活用する取り組みを始めました。竹を利用することで、森林・里山・生物多様性保全、地域経済活性化などの環境貢献・社会貢献が生み出されました。出前授業を通じて、この竹紙の取り組みを伝えています。

みどりのカーテンプロジェクト賞

みどりのカーテンプロジェクト賞 受賞者

みどりのカーテンプロジェクト賞 受賞者

ビギナー
田部井明子
藤岡慶子
大川内初実
加藤良子
横谷啓子
大島史子
松村嘉明
川原みゆき

リピーター
桐生清人
梅本章子
中村眞都
出口丈人
山中邦敬
多々良壽義
福住達夫
小島佳一郎

施設
牛込仲之幼稚園
中落合高齢者在宅サービスセンター
山吹町地域交流館
信濃町シニア活動館
よろい保育園
落合第四小学校
戸山第二保育園

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞 受賞者

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞 受賞者

省エネ賞

高橋勝代
下山田ファミリー

新宿エコ自慢ポイント エコ活動ポイント賞

3725
181868
4446
noririn
hiro

新宿エコ自慢ポイント 節電ポイント賞

mimi
cherrymama
tomo
4649
keijiji

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

平成25年度 新宿環境のつどい

新しいエコライフをみんなで考えよう!

◆第1部 新宿エコワン・グランプリ表彰式◆

13:00~14:30

エコ・アイディアがい~っぱい!

環境にやさしい取り組みや活動を表彰します!

「新宿エコワン・グランプリ」は、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテストです。今年度もたくさんの方々からご応募いただきました!
<エコワン・グランプリ大賞> <区民・ファミリー部門> <グループ部門> <事業者部門>の受賞者を表彰します。
また特別賞として、<新宿エコ自慢ポイント賞> <みどりのカーテンプロジェクト賞> <省エネ賞>の表彰もあります。

◆第2部 環境白書を読む会◆

14:40~15:30

知恵と工夫と実行力!

新宿区の環境への取り組みと成果を報告します。
今後の課題について、参加者のみなさんと意見交換をします。

◆お楽しみ抽選会♪◆

15:30~16:00

みなさんお待ちしてます!

お楽しみ抽選会景品

当たる景品はこちら!その他に花鉢もあります

当たる景品はこちら!
その他に花鉢もあります

景品は、お花の鉢植え、シグボトルなどはずれなし。
14:30までに来場された方へ抽選券を差し上げます。

概要

【日時】
2014年3月8日(土) 13:00~16:00 (12:30開場)

【会場】
エコギャラリー新宿

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

講座時間変更のお知らせ

2月14日18:30から予定しておりました多肉植物の寄せ植え講座「夜の部」は、首都圏で降雪が見込まれているため、13:30~15:30に時間が変更になりました。
大変申し訳ありませんがご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。
受講が決定されていた方には個別に連絡をさせていただいておりますが、ご不明な点などありましたらご連絡ください。

イメージ写真

写真はイメージです(材料や器は変更になります)

写真はイメージです
(材料や器は変更になります)

今回の寄せ植え講座は多肉植物です。植物にとっては厳しい環境で生きてきた多肉植物は、独特の姿かたちに変化してきた進化系の植物たちです。多肉植物は今、密かなブームになっており、愛好家は愛情を込めて“タニク”と呼んでいます。小さなスペースで室内でも楽しめます。

この“寄せ植え講座”は、苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの基礎的な解説も行いますので初めての方でも安心してご参加いただけます。

【日時】
2014年2月14日(金)
午前の部(10:00~12:00)
夜の部(18:30~20:30) ※降雪の見込みのため夜の部は「13:30~15:30」に変更になります

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

第7回 新宿エコワン・グランプリ

環境にやさしい取り組みナンバーワンを決めるよ!
みんなのエコライフを教えてね!

【応募期間】
2013年10月1日~2014年1月15日(当日消印有効)※期間延長しました

【募集内容】
(1)「個人・ファミリー(家族)」、「グループ(区民団体)」において、各家庭や地域における、自然保護、省エネルギー・省資源、ゴミの減量など環境にやさしい暮らしの実践のうち、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

(2)「事業所」において、地球温暖化防止のために、事業所で省エネルギー・省資源に取り組み、環境経営を実践し、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2013年12月15日(日)13:30~15:30

【内容】
ダンボールをつかった生ごみたい肥づくり

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

【講師】
土橋由枝(つちはしよしえ)他、新宿区エコライフ推進員

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

新年を手作りの正月飾りで演出してみませんか。ミニハボタン、南天、松などを使いテーブルや窓辺にも飾れるコンパクトで可愛らしい寄せ植えです。

昨年大好評だったお正月用寄植えつくり講座を今年も開催します。苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの基礎的な解説も行いますので初めての方でも安心してご参加いただけます。

【日時】
2013年12月13日(金)
朝の部(10:00~12:00)
昼の部(13:00~15:00)
夕の部(16:00~18:00)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

環境学習情報センターは24年度初めて“基礎から学ぶ寄せ植え講座”を企画しました。おかげさまで大変好評で、25年度は回数を増やして開催しています。この講座では苗の見分け方、配置、土、肥料や手入れの仕方などの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

今回は尾瀬高原育ちの晩秋を彩る草花。色の組み合わせは、無限大。あなた好みの組み合わせを見つけてみま しょう。

【日時】
2013年10月18日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

土のリサイクル&野菜づくり

みどりのカーテンで使いおわった土を元気によみがえらせるコツをお話します。また、プランターで野菜づくりを楽しみませんか?

【日時】
2013年10月6日(日)13:30~15:30

【内容】
みどりのカーテンで使いおわった土を元気にする方法
プランターでできる野菜作り

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

【講師】
土橋由枝(つちはしよしえ)他、新宿区エコライフ推進員

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

みなさん、ゴーヤーの育ち具合はいかがですか?
環境学習情報センターのゴーヤーはぐんぐん伸び大きな葉っぱを揺らせています。

さて、生育記録シート、感想シートをアップしました。
みなさんの「みどりのカーテン」との日々を、このなかにいっぱい詰め込んで送ってください。
提出期限は10月1日(火)です。お待ちしています。

提出用紙(office word形式)

■今回はじめて参加された方用
ビギナー・生育感想シート(必須)
ビギナー・生育記録シート(自由)

■今回の参加が2回目以上の方用
リピーター・生育感想シート(必須)
リピーター・生育記録シート(自由)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時・会場】
1. 2013年8月9日(金) 戸塚地域センター
2. 2013年8月11日(日) 四谷地域センター
◇いずれも 13:00~14:30(12:50受付開始)

【講師】
赤荻やよい氏(エコライフ推進員)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

ゴーヤとお野菜交換会

【日時】
2013年8月3日(土)
11:00~15:00

【会場】
エコギャラリー新宿 1階区民ギャラリー

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです

写真はイメージです

家庭菜園で人気のトマトですが、栽培はちょっとむずかしい。
しかも大玉トマトとなると上級者向け。
今回は、その大玉トマトをプロの指導で、ペットボトルで栽培します。
また、トマト農家ならではのトマトの秘密を大公開!!

【日時】
2013年6月16日(日)、7月27日(土)の2日間
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

「洋服・子ども服をリメイク」「あまり布で作る」ソーイングカフェ

「洋服・子ども服をリメイク」「あまり布で作る」

【日時】
2013年5月30日(木)
1回目 10:00~12:00 「あまり布でお花のコサージュ」(初心者向け)
2回目 13:00~15:00 「洋服・子ども服をマイバックにチェンジ」(経験者向け)

【会場】
エコギャラリー新宿 1階 区民ギャラリー

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

今回は夜の部があります。お仕事帰りにどうぞ!

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

環境学習情報センターは24年度から“基礎から学ぶ寄せ植え講座”を実施しています。この講座では苗の見分け方、配置、土、肥料や手入れの仕方などの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

今回は、タイム、ネメシア、オレガノ、オステオスペルマム、ビーツなど、お花と野菜・ハーブを使います。

【日時】
2013年5月24日(金)
昼の部(14:00~16:00)
夜の部(18:30~20:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

お母さんへの感謝の気持ちをお花にのせて手作りの寄せ植えを贈ろう!

今回は大好きなお母さんんの喜ぶ姿を想像しながら、カーネーション主体に植物を組み合わせます。 お日様が大好きなカーネーションの上手な育て方も解説します。

対象は子どもだけではありません、大人の方々も大切なお母さんへのプレゼントにいかがですか?

【日時】
2013年5月5日(祝)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

環境学習情報センターは24年度初めて“基礎から学ぶ寄せ植え講座”を企画しました。おかげさまで大変好評でした。そこで25年度は回数を増やして開催します。この講座では苗の見分け方、配置、土、肥料や手入れの仕方などの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

今回は初夏の草花を使った寄せ植えです。 解説は草花選びと色合わせのポイ ントについてです。

【日時】
2013年4月19日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※2013 新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの募集は終了いたしました。

2013新宿「みどりのカーテン」プロジェクト

2013新宿「みどりのカーテン」プロジェクト
―新宿を、みどりのカーテンでいっぱいにしましょう!―
☆ゴーヤーの苗を配布します☆

3月25日(消印有効)から「往復はがき」にて受付開始!
開始以前のお申し込みに関しては無効とさせていただきます。
また、FAX・メールでの受付は行いません。

「みどりのカーテン」とは、つる性の植物を窓の外にはわせて日差しを和らげる自然のカーテンのことです。
室温の上昇を抑えることで冷房の使用を抑制し、地球温暖化防止につながります。
蒸散効果(葉が水分を蒸発させる時に周囲を冷やす効果)が高く、実がなればおいしく食べられるゴーヤーを育ててみませんか?


【対象】
新宿区在住の方・新宿区内の事業者

【内容】
1.これまでに新宿「みどりのカーテンプロジェクト」に参加した方
2.はじめて新宿「みどりのカーテンプロジェクト」に参加する方

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

※この講座は定員になりましたので募集を終了いたしました

江戸時代、内藤家の下屋敷が現在の新宿御苑にあった縁で高遠から新宿区に寄贈されたタカトオコヒガンサクラを中心に観察します。
(予定ルート:多武峯内藤神社→「高遠小彼岸桜」の碑→玉川上水内藤新宿分水散歩道→新宿御苑内)

タカトオコヒガンザクラ

タカトオコヒガンザクラとは…
タカトオコヒガンザクラは、小ぶりでピンクがやや強い、可憐な花を咲かせます。
高遠(長野県高遠町、現在は長野県伊那市)固有の種類であるとして、タカトオコヒガンザクラと命名されている貴重な桜です。
長野県の天然記念物に指定(昭和35年2月)されていて、「門外不出」として大切に守られています。
その門外不出のタカトオコヒガンザクラなのですが、高遠のお殿様であった内藤家の下屋敷が、江戸時代、現在の新宿御苑の場所にあったので、その縁で、新宿区の新宿御苑と新宿中央公園に寄贈されました。

【日時】
2013年3月30日(土)10:00~12:30

【集合場所】
四谷地域センター

<<続きを読む>>

(敬称略)

新宿エコワン・グランプリ 大賞

新宿エコワン・グランプリ 大賞

新宿区立大久保小学校5年1組

韓流で湧く、大久保地区のごみ問題など身近な環境問題に着目し、実態調査を踏まえて、ゴミ拾いの実践や外国人にも分かりやすく伝えるツールとしてのアニメ制作など、独自で優れた発信活動が展開されています。

新宿エコワン・グランプリ 各賞

新宿エコワン・グランプリ 各賞

個人・ファミリー部門優秀賞

秋野鐡好
新宿区エコライフ推進員として、積極的に環境活動へ参画し区民の環境意識調査や、身近な家庭での省エネ・創エネデータを公表しPR活動として生かされています。

服部優希奈
面識のない家庭に訪問しながら、ゴーヤについて観察・会話する「うりとも交流」を通じて、地域交流の様々な広がりが感じられます。

個人・ファミリー部門チャレンジ賞

岩本美枝
「野菜の旬を知り、省エネ生活を考える」をテーマに、食育の観点から1年中食べられる便利さに疑問を持ち、野菜カードゲームを通して学ぶ楽しさも提案しながら活動されています。

グループ部門優秀賞

新宿区立戸山小学校 掲示委員会
給食に出る牛乳のビニールキャップなど、日常的に捨てられるプラスチック等を地道に集め、展示会などの装飾として“はなやか”に飾られました。

グループ部門チャレンジ賞

新宿区立西戸山小学校
積極的に「うりとも交流」を呼びかけ、学内家庭科室においては「うりとも交流会」が開催され、ゴーヤ入りシフォンケーキなどの調理・試食などが行われました。

事業者部門優秀賞

学校法人目白学園目白大学
「地域環境と低炭素社会への貢献」のために全学を挙げて取り組み、契約電力の15%削減という具体的目標に挑戦し、電気使用量・ガス使用量ともに大幅削減が達成されました。

株式会社熊谷組首都圏支店
工事現場における節電のため、省エネの象徴としてゴーヤの種が各現場に配布され、立派に育ったゴーヤを会社より表彰するなど積極的な「みどりのカーテン」づくりが評価されました。

事業者部門チャレンジ賞

エコ窓普及促進会
「窓断熱リフォームによるCO2削減効果の訴求」を各団体との連携、ボランティア活動を通して広く生活者に発信され、また、様々な環境イベントやセミナーにも積極的に参画し活動されています。

みどりのカーテンプロジェクト賞

みどりのカーテンプロジェクト賞

ビギナー
上杉弘子
増澤やよい
滝沢裕子
神馬真弓
古田紀子
平野和子
鈴木玲子
山中邦敬

リピーター
安生キヨ子
出口丈人
下山田衣里
土師恒子
多々良壽義
福住達夫
武野明輝
梅本章子
上野昭子
水田公子

施設
新宿区立東戸山小学校4年
新宿区立障害者福祉センター
早稲田南町地域交流館
弁天町保育園
長延保育園
山吹町地域交流館
戸山第二保育園

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞

省エネ賞

増澤やよい

新宿エコ自慢ポイント エコ活動ポイント賞

ytsmile
3725
4446
599
tamosan

新宿エコ自慢ポイント 節電ポイント賞

yotsuba
emikondoh
rietoro
5992
haruhikokoba

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

新しいエコライフをみんなで考えよう!

◆第1部 新宿エコワン・グランプリ表彰式◆

13:00~14:30

エコ・アイディアがい~っぱい!

環境にやさしい取り組みや活動を表彰します!

「新宿エコワン・グランプリ」は、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテストです。今年度もたくさんの方々からご応募いただきました!
<エコワン・グランプリ大賞> <区民・ファミリー部門> <グループ部門> <事業者部門>の受賞者を表彰します。
また特別賞として、<新宿エコ自慢ポイント賞> <みどりのカーテンプロジェクト賞> <省エネ賞>の表彰もあります。

◆第2部 環境白書を読む会◆

14:40~15:45

知恵と工夫と実行力!

新宿区の環境への取り組みと成果を報告します。
今後の課題について、参加者のみなさんと意見交換をします。

◆お楽しみ抽選会♪◆

15:45~16:00

みなさんお待ちしてます!

景品は、お花の鉢植え、環境関連グッズほか!!
14:30までに来場された方へ抽選券を差し上げます。

概要

【日時】
2013年3月9日(土) 13:00~16:00 (12:30開場)

【会場】
エコギャラリー新宿

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

寄せ植え講座5回目はいよいよ多肉植物の登場です。植物にとっては厳しい環境で生きてきた多肉植物は、独特の姿かたちに変化してきた進化系の植物たちです。多肉植物は今、密かなブームになっており、愛好家は愛情を込めて“タニク”と呼んでいます。

環境学習情報センターの“寄せ植え講座”は、苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの基礎的な解説も行いますので初めての方でも安心してご参加いただけます。

【日時】
2013年2月15日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:00~15:00)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

環境にやさしい取り組みナンバーワンを決めるよ!
みんなのエコライフを教えてね!

【応募期間】
2012年10月1日~2013年1月15日(当日消印有効)
※応募期間を延長しました

【募集内容】
各家庭や地域活動、事業活動における自然保護、省エネルギー・省資源、ごみの減量など環境にやさしい暮らしや環境経営の実践のうち、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2012年12月11日(火)13:30~15:00

【内容】
来年のみどりのカーテンの植付けに向けて、土を元気にする方法を学びます

【講師】
土橋由枝(つちはしよしえ)エコライフ推進員

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

写真はイメージです(材料の変更があります)

写真はイメージです
(材料の変更があります)

新年を手作りの正月飾りで演出してみませんか。ミニハボタン、南天、ヒイラギ、松などを使い、テーブルや窓辺にも飾れるコンパクトで可愛らしい寄せ植えです。

今年度、環境学習情報センターでは“寄せ植え講座”を企画しました。今回で4回目になりますが、苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの基礎的な解説も行いますので初めての方でも安心してご参加いただけます。

【日時】
2012年11月30日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日 時】
2012年10月15日(月)・29日(月) 13:00~16:00
<2回連続講座>

【対 象】
区内在住・在勤・在学で、2日とも出席できる方

【定 員】
15名 ※応募者多数の場合は抽選

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

9号鉢(27cm)でつくります
(写真はイメージです。材料は変更になります)

9号鉢(27cm)でつくります。
(写真はイメージです。材料は変更になります)

今年度、環境学習情報センターでは“寄せ植え講座”を企画しました。培養土、苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

標高850mの冷涼な気候と天然の湧水が育てた尾瀬高原育ちのパンジー、ビオラやガーデンシクラメンなどの秋から春にかけて楽しめる草花を使います。解説は苗選びのポイントと草花の色合わせについてです。

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

【日時】
2012年10月26日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

梅雨の晴れ間に、夏間近を感じるこの頃ですが、みなさんのゴーヤーの育ち具合はいかがですか?
環境学習情報センターのゴーヤーはぐんぐん伸び大きな葉っぱを揺らせています。

さて、生育記録シート、感想シートをアップしました。
みなさんの「みどりのカーテン」との日々を、このなかにいっぱい詰め込んで送ってください。
提出期限は10月1日(月)です。お待ちしています。

提出用紙(office word形式)

■今回はじめて参加された方用
ビギナー・生育感想シート(必須)
ビギナー・生育記録シート(自由)

■今回の参加が2回目以上の方用
リピーター・生育感想シート(必須)
リピーター・生育記録シート(自由)

※このイベントは終了しました

※後半の『9月28日(金)落合第二地域センター』『9月29日(土)四谷地域センター』への応募に関しましては9月20日(木)まで受付いたします。

【日時・会場】
1. 2012年9月14日(金) 13:30~15:30 環境学習情報センター
2. 2012年9月15日(土) 10:30~12:30 牛込箪笥地域センター
3. 2012年9月28日(金) 13:30~15:30 落合第二地域センター
4. 2012年9月29日(土) 10:30~12:30 四谷地域センター

【講師】
土橋由枝(つちはしよしえ)氏 (新宿区エコライフ推進員)

<<続きを読む>>

ゴーヤーの育ち具合を教えてくださった方々からのお便りです。みなさんもぜひ教えてくださいね!

Sさんより

7月22日

思い掛けず大腸憩室炎で緊急入院してしまい、猛暑日が続いた日も含めて10日余り ゴーヤの水遣りを家内に任せる仕儀となってしまいました。
家内の協力のお陰で、暑さと急激な気温低下にも拘わらず順調に生育して、地植えの方は今、3センチから10センチに成長した実が5~6本生っています。プランターの方は、小さな蜂が来ていますので早晩実がつくと思います。

実が5~6本生りました。

実が5~6本生りました。

実が5~6本生りました。

植付後74日 10センチに成長

植付後74日 10センチに成長

植付後74日 10センチに成長

8月3日

添付写真の様に大きなゴーヤの実が9本収穫できました。
後続部隊も着々と大きくなっています。
ご近所や友達から予約が入っていますので、精々手入れを怠らず期待に応えようと頑張る心算です。

初収穫

初収穫

初収穫

8月5日

現在、小さいのを入れて30個ほどぶら下がっています。予約殺到、嬉しい悲鳴です。

8月9日

日に日に成長著しく、2階へ向かってどんどんです。

日に日に成長著しく、2階へ向かってどんどんです。

日に日に成長著しく、2階へ向かってどんどんです。

8月12日

残暑お見舞い申し上げます。
真昼間の12時30分に撮ったものですから、暑さでグンナリしていますが、肥料が効いたかぐんぐん成長しています。

残暑お見舞い申し上げます。

8月14日

幸い虫害も根腐れもなく、12日には10本収穫しました。これで19本収穫したことになります。
今回もエビと合わせて天麩羅に。また、かき揚げにして美味しく頂きました。勿論、ご近所やアパートの店子にもお裾分けして喜ばれています。

12日には10本収穫しました。

8月20日

前便でご報告しましたように、少し多忙だった為、水遣りが不足しましたら鉢植えはご覧の通りの惨憺たる有様となってしましました。
実も大きく成長せず、10センチ程度で黄色くなってしまいました。
青いものも触るとぶくぶくした感じで、ゴーヤに済まぬ気持ちでいっぱいです。
鉢の土が腐葉土の割合が高いようで、保水力が弱く、園芸用の土を足したのですが稍、遅まきに失した感じです。それにしても、ゴーヤは随分と水食いですね。

8月20日鉢植えゴーヤ水切れ失敗

この2~3日多忙で手抜きしましたら、あっという間に黄色くなってしまいました。
この他にも、割れて赤い種の周りに蟻がいっぱい集まっているのが2個ありました。

8月20日黄色のゴーヤ

地植えは良く茂っています。
実は、背丈(176cm)以上の高所に生る様になり、採るのが大変になってきました。

8月20日地植えのゴーヤ

8月23日

暑いですねえ。
8月20日に12本、今日24日に18本、黄色く割れたもの3本計33本収穫しました。
友人知人にプレゼント。喜ばれています。

8月23日ゴーヤのスクラム

蔓は5メートル位でしょうか。アパート2階の窓に届き網戸に絡み付いています。
1階はかなり遮光され住人からは洗濯物が乾かないと言われています。エコ効果は抜群です。

8月23日エコ効果は抜群

8月28日

快晴続きで雨が期待できず、水遣りが大変です。 最近、大きなゴーヤが採れるようになってきました。3メートルの高さに生ったものは30センチ級が3本でした。採っている時に近所の人が寄ってきて25~30センチを数本持って行き、今日の収穫は15本でした。1階の部屋は本当に涼しいようです。エコ効果抜群!

8月28日30センチ級のゴーヤ

8月30日

暑いですねえ。老体には応えます。
ゴーヤの葉が茂って、お陰様で1階の部屋はかなり涼しいようです。
実も沢山生って、もう80本以上になりました。蔓もどんどん伸びて私には手に負えないので、26日に出入りの大工さんに頼んで梯子を掛け、先端をバッサリ切って貰いました。(これ重複するかな?)長さも30センチとなると結構見栄えがしますね。
今年でゴーヤ育てて2年。楽しくて本当に良かったと思っています。

8月30日30センチ級のゴーヤ

Kさんより

8月23日

こんにちは。今年のゴーヤは実が小さ目です。
6月23日から7月16日まで、留守にしていたのでその間近所の方に水やりはお願いして行きましたが肥料までは頼めなかったせいで成長が悪かったと思います。
その後、肥料を入れ朝夕の水遣り等励みました。
8月22日現在、20cmから25cmサイズのものが合計52本収穫できています。
これからも実が付いていますので多数収穫できると楽しみにしています。
カーテンも昨年並みになりました。通学中の小学生がまたキリンになったねと話しています。
近所の方にお分けして今年も喜んでいただき、コミュニケーションに大変役立てています。
猛暑が 続きますので9月半ばまで収穫できそうです。

KOさんより

KOさんより

KOさんより

8月23日

猛暑お見舞い申し上げます。
今年もすくすく育ちベランダでゴーヤの緑を見ているとこころ休まります。
機会を与えてくださったこと感謝いたします。

KOさんより

KOさんより

Fさんより

7月22日

今年は、苗を頂いた直後からさんざんでした。先ず、苗は順調に育っていました。また、昨年の種から発芽させたものも順調でした(写真1と2)。

写真1

写真1

写真1

写真2

写真2

写真2

ところが、苗はすぐにネズミにかじられ、一本は根本から食いちぎられダウン。もう一本は、若葉が全部食べられて、瀕死の状態となってしまいました(写真3)。

写真3

写真3

写真3

このままだと今年のカーテンは諦めなければならなくなるので、種から生育した苗と交換しました。しかし、これも若葉と茎がやられ、再度交換、結局18本中10本がだめでした。この間、ネズミとの戦いで、最終的には12匹を駆除しました。最後の1匹を捕まえてから約1ヶ月立ち、なんとかカーテンも育ってくれました。7月16日現在のカーテンの写真です(写真4)。

写真4

写真4

写真4

写真5

写真5

写真5

瀕死の苗もその後は成長し、実も付けるようになりました。最初に収穫した見の写真を添付します(写真5)。2本採取しましたが、それぞれ「身長」は、200mmと170mm、「体重」は200gと150gでした。また、今年も東側の朝日が差し込む窓辺にアサガオのカーテンを設置しました。こちらも種から育てた苗をたくさん植えたので、今のところ良い状態です。昨年は、途中「蛾の幼虫」に食べられ、あっと言う間に丸坊主になったので、目下注意深く見守っています(写真6と7)。

写真6

写真6

写真6

写真7

写真7

写真7

9月には最終報告させて頂きますが、どうなっていくか楽しみであると共に気が気ではないこの頃です。
では、これから益々暑くなっていきますので、プロジェクトの皆様、お身体をご自愛下さい。

追伸
今回のネズミは、最近都会で増えていると言われている「クマネズミ」という種類で、どちらかと言うと植物性のエサを好み、種や葉、花など食べるようです。我が家では、ゴーヤの他にもペチュニア、アサガオが食べられてしまいました。緑のカーテンにしようとしたアサガオの苗も夜中に、茎を途中から食いちぎられていました。アサガオは既にかなり伸びていたので、朝すぐにペットボトルに差し込み「水栽培」を続けています。今では、立派な根が生えそろってきました。
今後どうしたら良いか分からず、未だに水栽培です。
ゴーヤ他の“ガードの様子”と捕獲したネズミの写真を添付します。

写真8

写真8

写真8

写真9

写真9

写真9

8月20日

最近のゴーヤの状況をお知らせいたします。
ネズミの被害を克服(?)して何とかいつも通りの緑のカーテンになりました。
ただ、いつもならそろそろ下の方からゴーヤの葉が減ってくるのですが、今年はアサガオが頑張ってくれて、現在も良好なカーテンを維持しています。(写真10)

写真10

写真10

写真10

また、今年は天井からの直射を防ごうと、天井側にもネットを張ってみました。天井からぶら下がったゴーヤの実を見て楽しんでいます。(写真11)

写真11

写真11

写真11

ついでですが、毎年いなかでもゴーヤを栽培していますが、このカーテンが面白い形になったので、ちょっと悪戯してみました。(写真12)

写真12

写真12

写真12

SAさんより

7月22日

こんにちは。
今年初めて緑のカーテン(ゴーヤ)を育てています。日々大きくなるのがとても楽しみですね♪
  ベランダで栽培のため、あまり大きくネットを張ることができませんでした。
ネットの一番上まできたツルが、もう行き場がなくなってふらふら~~ 
来年はもっと幅をひろげてあげようかと思っています。
私の手と同じくらいまで育った実が3個。その半分くらいが1個。花からちょっとだけ膨らんできたのが2個。
そろそろ1個いただいてみようかと思っています!
まだ夏は始まったばかりなので、何個出来るか(食べられるか?)本当に楽しみです。
マンションの8階なのですが、意外に蜂が来て、受粉の面倒は見なくても大丈夫そうでした。初めの花が咲いたときは一生懸命雌花をさがして受粉させたのですが、最近はもう放置してしまっています。
ネットをコンパクトにしてしまったので、カーテンの役割は微妙ですが、気分的にはとても涼やかです。

7/22写真1

7/22写真2

7/22写真3

8月11日

こんにちは。
先日ご報告した後、収穫したゴーヤ1号は母のもとへ、2号は私のお弁当(他の野菜と一緒にいためて、最近流行の塩麹で味付けました)、3号は独り暮らしの会社の後輩の元へ、4号は種をくりぬいて肉詰めにしました!毎回「もう少し。。。」と思ってから収穫するので、種は赤くなりかかってました^^;
ところで、最近キノコが発生してしまい、どうしたものかと思っています。
朝と帰宅後の水やりのときに毎日、キノコを割り箸でつまんで捨てる日々。。。 大丈夫なんでしょうか?

8/11写真4

8/11写真5

Oさんより

7月22日

我が家のゴーヤは、すくすく大きくなり2m以上になりまだ伸びています。(写真1)
昨年は、暖簾をかけていたのですが、日よけ効果が余りありませんでした。
今年はゴーヤのおかげで日よけ効果はばっちりです。(写真2)
私が注意しているのは、雌花を見つけたら人口受粉させること、朝晩水をあげることを忘れないことの2点です。

写真1

写真1

写真1

写真2

写真2

写真2

岩魚さんより

7月22日

今年はあばしゴーヤと隣に植えた胡瓜の2本立てで緑のカーテンの報告をまとめました。

【関連リンク】
新宿「みどりのカーテン」プロジェクト一覧

ゴーヤー料理教室&サロンを行いました。(8/1・8/6)

8月1日(角筈地域センター)、6日(柏木地域センター)に、ゴーヤー料理教室&サロンを行いました。講師は赤荻やよいさん(エコライフ推進員)。メニューは、スパイスで作るゴーヤーのココナッツカレー、ゴーヤーと蒸し鶏のサラダ、ゴーヤーカルピスジュース、ゴーヤー入りマンゴーソースです。
「エコ・クッキングを心がけましょう!」のお話(角筈は板本さん、柏木は土橋さん)の後、デモンストレーション開始!赤荻さんのチャーミングなお人柄で雰囲気は和やか、助手の伊藤京子さんの的確なサポートも相まって手際よくすすみました。
いざ、調理スタート!各テーブルにはサポーターが1人ずつ入り、調理の流れをわかりやすく伝えます。テーブル内で、カレー係、サラダ係と上手に役割分担をしていただいたこともあり、40分後にはいただきます(試食タイム)を迎えました。あちらこちらから「おいしいっ!」の声がひろがります。続いてのサロンでは、ゴーヤーのワタ・葉・実の天ぷら、ゴーヤーのカレー漬け、ピクルス、そしてゴーヤーのシフォンケーキ、ゴーヤーパンを軽くつまみながら、ゴーヤーを育てていて分からないことや困っていることについて話し合いました。なかには「来年から育ててみようと思います」という方もチラホラ・・・。おいしいゴーヤー料理からはじまる“みどりのカーテンの拡がり”を期待できそうです。

【企画運営協力】2012新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

デモンストレーション。赤荻さん(右奥)と 講師サポートの伊藤さん(右手前)

デモンストレーション。赤荻さん(右奥)と 講師サポートの伊藤さん(右手前)

デモンストレーション。赤荻さん(右奥)と 講師サポートの伊藤さん(右手前)

調理はとてもスムーズにゆきました(中央黄色いバンダナはサポーターの水田さん)。

調理はとてもスムーズにゆきました(中央黄色いバンダナはサポーターの水田さん)。

調理はとてもスムーズにゆきました(中央黄色いバンダナはサポーターの水田さん)。

大好評のメニュー♪熟したゴーヤー入りのマンゴーソースはヨーグルトにかけていただきました。

大好評のメニュー♪熟したゴーヤー入りのマンゴーソースはヨーグルトにかけていただきました。

大好評のメニュー♪熟したゴーヤー入りのマンゴーソースはヨーグルトにかけていただきました。

ゴーヤーパンの説明(下山田さん)を聞きながらの試食タイム。プロジェクトメンバーのみなさんには7月の試作会から前日、当日と、万全の準備をしていただきました。

ゴーヤーパンの説明(下山田さん)を聞きながらの試食タイム。プロジェクトメンバーのみなさんには7月の試作会から前日、当日と、万全の準備をしていただきました。

ゴーヤーパンの説明(下山田さん)を聞きながらの試食タイム。プロジェクトメンバーのみなさんには7月の試作会から前日、当日と、万全の準備をしていただきました。

育ち具合を話し合ったサロンの様子

育ち具合を話し合ったサロンの様子

育ち具合を話し合ったサロンの様子

【関連リンク】
募集要項はこちら

※このイベントは終了しました

※料理教室の募集は締め切りました。

【日時・会場】
1. 2012年8月1日(水) 角筈地域センター
2. 2012年8月6日(月) 柏木地域センター
◇いずれも 10:30~13:00(10:15受付開始)

【講師】
赤荻やよい氏(エコライフ推進員)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

地域からエネルギーの未来を創ろう『日本は自然豊かな国です。けれどエネルギー活用できる地域資源の水力、中小水力、風力、太陽光、地熱、波力、バイオマスなどは、地域特性に応じて違います。市町村や都道府県単位で、地域資源を徹底活用した「地域エネルギー戦略」を住民参加型で立案し、個性豊かで災害時にも強いエネルギー自立型地域をめざし、新しい産業や雇用創造の大きなきっかけにしたいものです。』
崎田裕子氏「地域エネルギーによる日本再生を基盤に描く、エネルギー将来ビジョン 『私たちの覚悟』」より抜粋

【日時】
7月26日(木) 13:30~16:30(13:00開場)

【会場】
エコギャラリー新宿 1F区民ギャラリー

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

※この講座は定員になりましたので募集を終了いたしました

※6/10以前のご案内では、午後の部の時間が『13:00~15:00』となっていましたが、正しくは『13:30~15:30』の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

イメージ写真

8号鉢(24cm)に草花とハーブと野菜を寄せ植えします。
(写真はイメージです。材料は変更になります)

8号鉢(24cm)に草花とハーブと
野菜を寄せ植えします。
(写真はイメージです。材料は変更になります)

今年度、環境学習情報センターでは“寄せ植え講座”を企画しました。培養土、苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

今回は草花とハーブと野菜を寄せ植えします。ひとつの鉢で、香りを楽しみ、舌で楽しみ、見て楽しむ3度美味しい寄せ植えつくりです。

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースで花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

【日時】
2012年7月13日(金)
午前の部(10:00~12:00)
午後の部(13:30~15:30)

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

イメージ写真

7号鉢(21cm)に5種類の草花を寄せ植えします。
(写真はイメージです。実際の草花とは異なります)

7号鉢に5種類の草花を寄せ植えします。
(写真はイメージです。実際とは異なります)

例年になく寒く厳しい冬もようやく終り、まちの花屋さんの店先にはカラフルな植木や花の苗が並んでいます。園芸好きには待ちに待った季節の到来です。

今回、環境学習センターでは“寄せ植え講座”を企画しました。この講座では、培養土、苗の見分け方、配置のポイントや手入れなどの解説も行いますので初心者でも安心してご参加いただけます。

寄せ植えはまるで小さな花壇です。お庭が無くても、小さなスペースても花壇の楽しさを手軽に味わえます。もちろん室内でも楽しむことができます。

【日時】
2012年4月20日(金)13:00~15:00

【会場】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

 「みどりのカーテン」とは、つる性の植物を窓の外にはわせて日差しを和らげる自然のカーテンのことです。室温の上昇を抑えることで冷房の使用を抑制し、地球温暖化防止につながります。
 蒸散効果(葉が水分を蒸発させる時に周囲を冷やす効果)が高く、実がなればおいしく食べられるゴーヤーを育ててみませんか?

【対象】
新宿区在住の方・新宿区内事業者

【内容】
1.これまでに新宿「みどりのカーテンプロジェクト」に参加した方
2.はじめて新宿「みどりのカーテンプロジェクト」に参加する方

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

高遠コヒガンザクラを中心に、コブシ、ソメイヨシノなど新宿中央公園の春の植物を観察します。

高遠コヒガンザクラとは…
高遠コヒガンザクラは、小ぶりでピンクがやや強い、可憐な花を咲かせます。
高遠(長野県高遠町、現在は長野県伊那市)固有の種類であるとして、高遠コヒガンザクラと命名されている貴重な桜です。
長野県の天然記念物に指定(昭和35年2月)されていて、「門外不出」として大切に守られています。
その門外不出の高遠コヒガンザクラなのですが、高遠のお殿様であった内藤家の下屋敷が、江戸時代、現在の新宿御苑の場所にあったので、その縁で、新宿区の新宿御苑と新宿中央公園に寄贈されました。

【日時】
2012年3月31日(土)10:00~12:00(雨天実施)

【会場】
新宿中央公園

【集合場所】
エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

<<続きを読む>>

(敬称略)

新宿エコワン・グランプリ 大賞

新宿エコワン・グランプリ 大賞

株式会社 八千代銀行

新宿エコワン・グランプリ 各賞

新宿エコワン・グランプリ 各賞

個人・ファミリー部門優秀賞

出川 佳歩・怜
飯田 和子

個人・ファミリー部門チャレンジ賞

三井 京三郎

グループ部門優秀賞

新宿区消費者団体連絡会
新宿区立大久保小学校5年1組
新宿区立大久保小学校5年2組
百三喜楽会

グループ部門チャレンジ賞

グループぶどう
チーム榎

事業者部門優秀賞

東京新都心ロータリークラブ
NPO法人山の幸染め会

事業者部門チャレンジ賞

NPO法人やまぼうし自然学校

みどりのカーテンプロジェクト賞

みどりのカーテンプロジェクト賞

赤荻 やよい
梅本 章子
岡田 育延
神原 まつ子
下山田 衣里
高山 暁子
武野 明輝
多々良 壽義

土橋 由枝
出口 丈人
中島 こずえ
中島 由美子
福住 達夫
松崎 静江
水田 公子

榎町特別出張所
おおや幼稚園
新宿区立大久保幼稚園
新宿区立北新宿第二保育園
新宿区立障害者福祉センター
新宿区立長延保育園
新宿区立戸塚第三小学校4年生
新宿区立戸山第二保育園
新宿区立四谷子ども園
中落合高齢者在宅サービスセンター

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞

省エネ賞・新宿エコ自慢ポイント賞

省エネ賞

川島 優美子
鈴木 和子
山崎 恒徳
下山田 恵子
川上 美江子
室伏 進

新宿エコ自慢ポイント 節電ポイント賞

新宿エコ自慢ポイント エコ活動ポイント賞

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

新しいエコ・ライフをみんなで考えよう!

◆第1部 新宿エコワン・グランプリ表彰式◆
環境にやさしい取り組みや活動を表彰します!

◆第2部 環境白書を読む会◆
新宿区の環境への取り組みと成果を報告します。
今後の課題について、参加者のみなさんと意見交換をします。

◆お楽しみ抽選会♪◆
景品は、植林ツアー招待券、鉢植え、環境関連グッズほか!!
14:30までに来場された方へ抽選券を差し上げます。

【日時】
2012年3月10日(土) 13:00~16:00 (12:30開場)

【会場】
エコギャラリー新宿

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

本年度も、新宿エコワン・グランプリを実施いたします。
ご家庭における環境への取り組みや、事業者の方々における環境に配慮した活動など、様々な取り組みを募集いたします!色々な方々の取り組みを参考に、新宿の環境を守るためのアイデアを共有していきましょう!

<<続きを読む>>

土のリサイクル&リサイクル野菜※にチャレンジ!(12/14)

今年使った土を元気にするコツをお伝えする「土のリサイクル」と、リサイクルした土で、冬場のプランターを楽しむ「リサイクル野菜にチャレンジ!」を行いました。講師は、おなじみ外山たらさん(NPO法人日本コミュニティガーデニング協会会長)と土橋由枝さん(新宿区エコライフ推進員)です。
 「土のリサイクル」の実演サポーターは、小川穣さん(NPO法人日本コミュニティガーデニング協会)と赤荻やよいさん(新宿区エコライフ推進員)。会場からは多くの質問があがり、外山さんや赤荻さん、土橋さんから詳しい回答をいただきました。
「リサイクル野菜にチャレンジ!」では、市販の春菊で挿し芽をする方法を教えていただきました。春菊は下葉を残して収穫すれば、わき芽が伸びて長期間収穫でき、花も楽しめるので、一石二鳥!水菜や小松菜もおすすめとのことでした。
※リサイクル野菜・・・野菜の切れ端を再生させる方法のことです

【企画運営協力:2011新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

実演は小川さん(手前)と赤荻さん(奥)

実演は小川さん(手前)と赤荻さん(奥)

実演は小川さん(手前)と赤荻さん(奥)

講師は土橋さん。挿し芽のコツをわかりやすく、楽しく教えていただきました

講師は土橋さん。挿し芽のコツをわかりやすく、楽しく教えていただきました

講師は土橋さん。挿し芽のコツをわかりやすく楽しく教えていただきました

「みどりのカーテン展」を開催中です(~1/15まで)。ぜひお越しください!

「みどりのカーテン展」を開催中です(~1/15まで)。ぜひお越しください!

「みどりのカーテン展」を開催中です(1/15まで)。ぜひお越しください!

【関連リンク】
募集要項はこちら

※このイベントは終了しました

【日時】
2011年12月14日(水)13:30~15:00

【内容】
来年のみどりのカーテン植付けに向けて、土を元気にする方法について学ぶ

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

【講師】
外山たら(とやまたら)NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会 会長
土橋由枝(つちはしよしえ)エコライフ推進員

【定員】
30名(抽選)

<<続きを読む>>

土のリサイクル&生ごみからたい肥づくり講座(10/2)

10月2日(日)若松地域センターで行われた「2011新宿エコライフまつり」のなかで、土のリサイクルと生ごみからたい肥づくりの講座を行いました。講師は、おなじみ外山たらさん(NPO法人日本コミュニティガーデニング協会会長)と土橋由枝さん(新宿区エコライフ推進員)です。
「土のリサイクル」では、みどりのカーテン終了後の土を元気によみがえらせる方法を、実演を交えてお話いただきました。実演サポーターは、赤荻やよいさんと桐生清人さん(新宿区エコライフ推進員)。まずプランターの土をふるいにかけ、根を取り除きます。「細かい根もきちんと取り除きましょう」と赤荻さん。苦土石灰(30リットルのプランターで90g程度)を混ぜてから水で軽くしめらせ、黒いビニールに入れて2~3日太陽光にあてれば消毒殺菌完了です。
「生ごみからたい肥づくり」では、落ち葉とダンボールで簡単にできるつくり方を実演とともに教えていただきました。厚めのダンボールを使うといいですよ、ぬかは多めにいれましょう、着古したTシャツなどでつくったカバーをかけると虫除けや保温にもなりますよ、年末年始のゴミ収集がない時期は特にダンボールたい肥が重宝しますよ!などなど、コツ満載の内容に、大きくうなずく参加者のみなさん。後半の質問コーナーでは、「連作障害はありますか?」「できあがったたい肥はどのくらい土にまぜて使うのがよいですか?」など、多くの質問があがりました。
「まだ実がなっているのでカーテンを取り外せません」との声も耳にします。エコギャラリー新宿のゴーヤーはめっきりしょぼくれてきて、撤収間近といった感じです。土を元気によみがえらせたら、来年のみどりのカーテンの季節まで、しゅんぎくなどの野菜や花をプランターで楽しみましょう!

【企画運営協力:2011新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

カウボーイハットがトレードマークの外山先生。土のリサイクルの実演は赤荻さんと桐生さん

カウボーイハットがトレードマークの外山先生。土のリサイクルの実演は赤荻さんと桐生さん

カウボーイハットがトレードマークの外山先生。土のリサイクルの実演は赤荻さんと桐生さん

生ゴミからたい肥づくり。土橋さん(手前)、赤荻さん(奥)

生ゴミからたい肥づくり。土橋さん(手前)、赤荻さん(奥)

生ゴミからたい肥づくり。土橋さん(手前)、赤荻さん(奥)

【関連リンク】
新宿エコライフまつり2011

※このイベントは終了しました

節約は生活を豊かにするもの。
家事の手間や時間も軽減する「エコ家事」は、地球も環境も守ります。
いまのライフスタイルを見直す“節約”を考えてみませんか?

【日時】
2011年8月30日(火) 10:00~12:00

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

【講師】
和田 由貴 氏(わだゆうき)(消費生活アドバイザー・環境カウンセラー)

<<続きを読む>>

8月11日(木)、12日(金)にゴーヤー料理教室を行いました。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【当日の様子】
当日の様子はこちら

【日時・会場・メニュー・講師】
1. 2011年8月11日(木) 落合第一地域センター
  簡単!手早くできるゴーヤーメニュー
  講師:赤荻やよいさん(エコライフ推進員)

2. 2011年8月12日(金) 大久保地域センター
  バリエーションが増えるゴーヤーメニュー
  講師:高山厚子さん(沖縄料理研究家)

◇いずれも 10:00~13:00(9:45受付開始)

【募集人数】
各日20名(抽選)

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

福島第一原子力発電所の事故以来、関東地方でも放射能・放射線に関する報道が日々変化しています。
何が正しい情報なのか、本当に健康影響はないのか、大人と子供とでは影響に違いはあるのか、子供を守るためにどのような対策をするべきなのか。
これらについて、話し合いましょう。

【講師】
島田義也氏
(放射線医学総合研究所 発達期被ばく影響研究グループリーダー)

【日時】
7月13日(水) 13:30~15:30 (受付 13:15~)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
6月9日(木) 14:00~16:00

【会場】
新宿区立環境学習情報センター2階研修室

【メッセージ】
今、日本は未曾有の事態に直面しています。今回は、それに関連してエネルギー問題と私たちのくらしについてお話ししたいと思います。またこの夏は、特に大幅な節電の呼びかけがはじまっています。私たちにできること、地域みんなでできることは何か。じっくり考えてみませんか。

<<続きを読む>>

会場:新宿区立環境学習情報センター

和やかな雰囲気のなか、ゴーヤーの育ち具合や心配事について話し合いました。写真をお持ちいただいた方からの「摘心はどのあたりから行えばよいですか?」といった質問や、「連作障害は何年目くらいから起きますか?」「葉が小さいのですが・・」などの質問に、NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会の外山たら先生、小川穣先生、エコライフ推進員の土橋さんから詳しくお話いただきました。「ゴーヤーの調子は、生長点を観察していると分かりますよ(土橋さん談)」にみなさん納得。追肥、水やりを欠かさずに見守っていきましょう!
【協力:2011新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

質問がたくさんあがりました

質問がたくさんあがりました

質問がたくさんあがりました

あばしゴーヤーの苗を2株お渡ししました

あばしゴーヤーの苗を2株お渡ししました

あばしゴーヤーの苗を2株お渡ししました

5月8日の”ゴーヤーの日”からスタートした説明会。これまでのプロジェクトに参加された方に向けた午前の部は、使い終わった土を元気によみがえらせるリサイクルのコツを、はじめてプロジェクトに参加される方に向けた午後の部は、みどりのカーテンを元気に育てるコツを、新宿区エコライフ推進員の方々、外山たら先生(NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会会長)にお話いただきました。各会場には、昨年度のみどりのカーテンプロジェクト賞受賞者のパネルと報告書(地域別)を展示しました。「生育方法も、調理方法もとても参考になります」と大評判でした。今年度のプロジェクにト参加された方は793人。区施設と合わせると今夏は1731枚のゴーヤーのカーテンが区内で見られる予定です。

<<続きを読む>>

 3月27日に予定しておりました春の新宿中央公園で桜を楽しもう!は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、中止させていただきます。楽しみにされていた方にはご迷惑をおかけしますが、御理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

<<続きを読む>>

 「みどりのカーテン」とは、つる性の植物を窓の外にはわせて日差しを和らげる自然のカーテンのことです。室温の上昇を抑えることで冷房の使用を抑制し、地球温暖化防止につながります。
 蒸散効果(葉が水分を蒸発させる時に周囲を冷やす効果)が高く、実がなればおいしく食べられるゴーヤーを育ててみませんか?

受付及び説明会は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

提出用紙はこちら(office word形式)

■今回はじめて参加された方用
ビギナー・生育感想シート(必須)
ビギナー・感想シート(自由)

■今回の参加が2回目以上の方用
リピーター・生育感想シート(必須)
リピーター記録シート(自由)

<<続きを読む>>

2011年3月11日に発生しました宮城県北部で発生しました地震のため、
3月12日の新宿区のイベントは、全て中止になりました。

そのため、3月12日に予定しておりましたエコワン・グランプリは、延期することに決定いたしました。

後日、新たな日程等をホームページでも掲載していきますので、逐次チェックをお願いいたします。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

冬の里山は、春に向けての準備作業で大忙しです。
今回は、作業で出た間伐材を使って、シイタケを育てる土台作り※もします。
生きものの住みやすい、元気な里山づくりのお手伝いをしませんか?
(※シイタケ菌を植えつけた木はお持ち帰りいただけます。)

【日時】
2011年2月20日(日)8:00~17:00頃(小雨決行・荒天中止)
【集合場所】
新宿駅西口明治安田生命ビル前
※受付は15 分前から行います
【場所】
八王子館町緑地保全地域 ※往復は貸切バスで移動します

<<続きを読む>>

 応募者多数のため12月の講座にご参加いただけなかった方々に向けて行った「土のリサイクル&生ゴミからたい肥づくり」。会場は東戸山小学校です。前半は、みどりのカーテン終了後の土を元気によみがえらせる「土のリサイクル」と「ルッコラの植え方」について、外山たら先生(NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会会長)から教えていただきました。また、プランターから根を取り除き、土をふるい、石灰と水を加え、黒ビニール袋に入れて陽に当てるまでを、エコライフ推進員の赤荻さんと桐生さんに実演いただきました。
 後半は、エコライフ推進員の土橋由枝さんを講師にお迎えした「生ゴミからたい肥づくり」。実践に基づいたノウハウをたくさん教えていただきました。質問コーナーでは、ナスを植えることはできますか?ピーマンはどうでしょう?などなど野菜栽培に関する質問もあがり、外山先生、土橋さん、そして桐生さんから丁寧にお答えいただきました。
【企画運営協力 :2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2011年1月29日(土)10:00~12:00
【対象】
区内在住・在勤・在学の方、20名
【内容】
春の準備をする植物の観察

<<続きを読む>>

 たくさんのご応募をいただいたこの講座。前半は、みどりのカーテン終了後の土を元気によみがえらせる「土のリサイクル」、そして「苗の植付け方法」についてです。講師はおなじみの外山たら先生(NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会会長)。プランターから根を取り除き、土をふるい、石灰と水を加え、黒ビニール袋に入れて陽に当てるまでの説明のあと、小川穣さんとエコライフ推進員の赤荻さんによる実演です。目で見ることで、実際のイメージがわいてきます。つぎに「来年のみどりのカーテンまで野菜で楽しみましょう!」ということで、小松菜とルッコラの植付け方を教えていただきました。
 後半は、エコライフ推進員の土橋由枝さんを講師にお迎えして「生ゴミからたい肥づくり」です。「使う枯葉は広葉樹がいいですよ。ケヤキがおすすめです」「生ゴミは小さく切る方が分解は早いですが、それほど気にしなくても大丈夫。面倒にならない程度にしましょう」「ダンボールには古いTシャツでカバーをすると虫よけになりますよ」などなど、実践に基づいたノウハウの数々に、会場からは「なるほど~」と声があがります。「においませんか?」「たい肥完成の目安は何ですか?」「毎日混ぜる必要がありますか?」といった会場からの質問にも丁寧にお答えいただき、参加者からは「ぜひ挑戦してみます」「以前失敗した理由がわかりました」などの感想をいただきました。
【企画運営協力:2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年12月16日(木)13:00~15:30 ※受付12:45~
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
みどりのカーテン生育後の土のリサイクル方法と生ゴミたい肥作りを学びます。
※土のリサイクル材と野菜の苗を配布します

<<続きを読む>>

本年度も、新宿エコワン・グランプリを実施いたします。
ご家庭における環境への取り組みや、事業者の方々における環境に配慮した活動など、様々な取り組みを募集いたします!色々な方々の取り組みを参考に、新宿の環境を守るためのアイデアを共有していきましょう!

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年12月15日(水)
【会場】
がすてな~に ガスの科学館
【対象】
新宿区在住・在勤・在学者および関心のある方 40名

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

 

【日時】
2010年12月15日(水)~2011年1月15日(土)10:00~18:00
※12月27日及び、12月29日~1月3日は休館日のためお休みです
【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿2F)
【入場料】
無料
【内容】
2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの成育記録シートを展示します。
ユニークなシートがたくさん!お友達やご近所さんの成長記録もみてみよう☆
「あなたが選ぶみどりのカーテン賞」コンテストを行います!

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年12月6日(日)10:00~12:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
風呂敷の歴史を通して和の心と普段使えるエコバックを学びます

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年11月2日(火)10:00~12:00
【集合場所】
パナソニックセンター東京本館正面入口(江東区有明3-5-1)
【費用】
無料
【募集人数】
15名
【持ち物】
帽子・飲み物
【申し込み方法】
住所・氏名・年齢・性別・所属・電話番号を明記の上、Fax、はがき、またはメールにてお申し込みください。
【申し込み期間】
2010年10月15日~25日(必着)
※応募者多数の場合は先着順となります。


【関連リンク】
申し込み用紙のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年11月1日(月)・8日(月)12:30~15:30
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【募集人数】
15人

<<続きを読む>>

シート提出の期限が迫ってきました。皆様の作品をお待ちしております!

提出期限は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

生育記録シートのダウンロードはこちら(ページ最下部)
メールでの送り先はこちら

みどりのカーテンプロジェクトについて
過去の報告の報告はこちら

※このイベントは終了しました

初秋の里山で、下草(したくさ)刈りなどの保全活動や、秋に向けて準備を始めた生き物たちを探します。いろいろな生き物がたくさん住む里山は、私たちの生活にとっても大事な役割を持っています。元気な里山づくりのお手伝いをしましょう!

【日時】
2010年9月12日(日) 8:00~17:00ごろ(雨天実施)
【場所】
東京都八王子市館町
【集合】
新宿駅西口明治安田生命ビル前 7:50集合
※バスで往復します。

<<続きを読む>>

 3R講座「知ってる?リターナブルびんのこと」を行いました。ガラスびんリサクル促進協議会事務局長 幸智道氏をお迎えし、知っていそうで知らないリターナブルびんについてたっぷりお話いただきました。計量器で軽量しなくても充填可能な「丸正びん」、規格統一リターナブルびんである証の「Rマークびん」などのマークがあることや、繰り返しつかうことで、よりCO2の排出量を減らすことができる!など、見分け方や長所、そして使用量は減る一方の現状を教えていただきました。さらに、利用拡大に向けては国・自治体・事業者・消費者がその役割を担うとともに、「ライフスタイルの変革」が不可欠なことを学びました。
 後半は、「知りました。リターナブルびんのこと」「あなたのまわりのリターナブルびん情報」「リターナブルびんをひろめるには?」についての意見交換会。「牛乳はリターナブルびんのものを買っています」「酒屋さんが減って買えなくなった」といった声や、リターナブルびんをひろめるには、PRの強化・わかりやすいラベル表示・システムの構築が必要 など、活発な話し合いが行われました。
今後は、「リターナブルびんを買ってみましたシート(当日配布)」情報を活かしながら、幸さんをはじめ今日の参加者のみなさん、そして有志の方々とともに、新宿区でのリターナブルびんの普及と展開を考える機会をつくっていきたいと思います。
【企画運営協力 :3Rチーム】

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

何度もくりかえし使えるリターナブルびん。
実はとっても環境に優しい容器なんです♪
リターナブルびんをもっと生活のなかに取り入れましょう!

【日時】
2010年8月26日(木) 10:00~12:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター

<<続きを読む>>

 2010年8月14日(土)大久保地域センター、8月15日(日)牛込箪笥地域センターで、ゴーヤー料理教室を行いました。昨年に引き続き高山厚子先生と小野ミチ子先生を講師にお迎えし、ゴーヤーとヘチマの目からウロコなおいしい食べ方をたくさん教えていただきました。メニューは、ゴーヤーのジュース、天ぷら、ちらし寿司、ロール煮、酢のもの、ヘチマの和え物、ヘチマとモズクの味噌汁です。マンゴーカルピスで割ったジュースは、その苦みは彼方へ・・・。ワタも種もまるごと揚げてしまう天ぷらは、捨てるところのないゴーヤーの真骨頂。「おいしい」の声が上がります。ちらし寿司はウコンを入れて炊き上げるので、黄金色です。ぶたひき肉を詰めて大鍋で煮込むロール煮は、“あんかけ”が決め手。うまみが倍増します。酢のものにはモズクも入り、さっぱりスルスルと、またヘチマの和え物は、ごまドレッシングをかけてしっとりいただきます。意外に好評だったのが味噌汁。モズクは味噌汁に合うんです。そのほか、サブメニューの「ゴーヤーのドーナツ」も大人気!ホットケーキミックスの甘さと軽さでゴーヤーはおやつに大変身。どのメニューも驚きとともにおいしくいただきました。
 今回の料理教室には、多くの男性にご応募いただきました。みどりのカーテンを楽しく育て、おいしく食べるコツを共有できるウリトモの環を、さらにさらにひろげてゆきましょう!
 当日の準備、下ごしらえ、運営にご協力いただいた高齢者給食の方々、みどりのカーテンプロジェクトチームのみなさん、ありがとうございました。
【企画運営協力 :2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時・会場】
1. 2010年8月14日(土) 大久保地域センター
2. 2010年8月15日(日) 牛込箪笥地域センター
◇いずれも 10:00~13:00(9:45受付開始)
【募集人数】
各日20名(応募者多数の場合は抽選)
【メニュー(予定)】
 ゴーヤーのちらし寿司・煮物・炒め物・酢の物・ジュース、ヘチマの合え物

<<続きを読む>>

2010年7月18日(日)新宿エコライフまつり(会場:榎町地域センター)のなかで、みどりのカーテンサロンを行いました。昨年のみどりのカーテンプロジェクト参加者で結成された榎町地域「みどりのクラブ」の桐生さんが育てたオクラやエダマメ、ニラが会場を飾ります。講師は、NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会の小川穣さん、美智子先生。そして司会進行はエコライフ推進員の赤荻さん。桐生さん、友永さんにも積極的にお話いただきました。「ゴーヤーの実が大きくならずにオレンジ色になってしまいます(回答→「にがにが君」の特徴は雌花が早期から多くつき、その結果、果実の収穫期も早く、数も多い傾向が見られます。同時に果実が沢山つくので栄養の配分が足りず早く黄色くなり大きくならないものがあるのかもしれません。一度に果実が5個以上ついてしまったら、小さいうちに大きめの果実を3つか2つ残し、あとは摘果してください)」「ぱったり花が咲かなくなりました(回答→成長がとまったのかもしれません。“みどりのカーテン”としては元気に育ちますので、たっぷりと水をあげ、追肥もしましょう)」など、会場からはさまざまな質問があがりました。熱気あふれるなか、1時間のサロンはあっという間に過ぎてしまいました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
【企画運営協力 :2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年7月6日(火) 10:00~12:30
【会場】
新宿区立環境学習情報センター2階
【内容】
プロの掃除人に掃除のコツを学び、アクリルたわしを作ります

<<続きを読む>>

3R講座「プロから学ぶ掃除のコツ&アクリルたわしをつくろう」を行いました。第1部「プロから学ぶ掃除のコツ」の講師は、株式会社ダスキンの三宅稔氏と世良博文氏。汚れの性質をふまえた落とし方、合成洗剤を使わない掃除のコツ、カビ予防まで幅広くお話いただきました。また、ゴキブリの退治法といった会場からの質問にもたっぷりお答えいただきました。第2部「アクリルたわしをつくろう」の講師はeタウン新宿の小山洋子氏。編み目記号の解説から作り方、そして実演まで丁寧に教えていただきました。サポートいただいた3Rチームのみなさま ありがとうございました。
【企画運営協力 :3Rチーム】

<<続きを読む>>

6月5日(土)センター開設記念イベント「できることからエコの環をひろげよう!」のなかで、みどりのカーテンサロンを行いました。
写真を見せ合ったり、育ち具合を発表しあいながら、NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会の外山たら先生、小川穣さん、新宿区エコライフ推進員のみなさん、大西和也さん((株)タニタハウジングウェア)とともに、楽しく情報交換を行いました。「苗が途中で折れてしまったのですが、大丈夫でしょうか(→回答:大丈夫。ツルが出てきますよ)」「雌花ばかりで雄花が咲きません(→回答:もう少し様子を見てください)」「ダンゴムシが大発生しました。どうしたらよいでしょう(→回答:表面の土を取り替えて、赤玉土を撒きましょう)」など、さまざまな質問もあがりました。絵描き虫に“絵を描かれた”葉をお持ちいただいた方もいました!
次回のサロンは7月18日(日)14時~エコライフまつり(会場:榎町地域センター)のなかで行います。どうぞお越しください♪
【企画運営協力 :2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】


写真を見せながら生育状況を話し合いました質問にもたっぷりお答えいただきました

これまでのプロジェクトに参加された方に向けた午前の部は、使い終わった土を元気によみがえらせるリサイクルのコツをエコライフ推進員のみなさんに、はじめてプロジェクトに参加される方に向けた午後の部は、みどりのカーテンを元気に育てるコツを外山たら先生(NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会会長)にお話いただきました。また、各会場には昨年の参加者のみなさんからご提出いただいた生育記録シートを地域ごとに展示。シートの前ではゴーヤー談義に花が咲いていました。今年度のプロジェクにト参加された方は670人。区施設と合わせると今夏は1515枚のみどりのカーテンが見られる予定です。

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

 「みどりのカーテン」とは、つる性の植物を窓の外にはわせて日差しを和らげる自然のカーテンのことです。室温の上昇を抑えることで冷房の使用を抑制し、地球温暖化防止につながります。
 蒸散効果(葉が水分を蒸発させる時に周囲を冷やす効果)が高く、実がなればおいしく食べられるゴーヤーを使い、新宿をみどりのカーテンでいっぱいにしましょう。

5月の説明会申し込み受付期間を延長しました。(~4/30必着)
※4月実施分は締め切りました。
新しいチラシはこちらよりダウンロードして下さい(更新4/15)

受付及び説明会は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

<<続きを読む>>

今回のプロジェクトに参加いただいたみなさんから頂いた報告を紹介します。
ご協力頂きありがとうございました。報告はまだまだ募集中です。
(更新:2009年09月18日)

みどりのカーテンプロジェクトについてはこちら

■四谷地域
Hさんからの報告(7/16)

■箪笥地域
K夫妻さんからの報告(7/12)

■榎地域
Mさんからの報告(7/7)

■若松地域
Tさんからの報告(6/5)Gさんからの報告(6/19)Gさんからの報告(6/30)
Tさんからの報告(7/5)Nさんからの報告(7/8)Kさんからの報告(7/15)
Tさんからの報告(7/30) new!

■大久保地域
Iさんからの報告(7/17)A夫妻からの報告(8/2)Iさんからの報告(8/15) new!

■戸塚地域
Wさんからの報告(7/8)

■落合地域
Kさんからの報告(6/16)Sさんからの報告(7/13)Kさんからの報告(8/5)
Kさんからの報告(8/7)

■柏木地域
Yさんからの報告(7/8)Tさんからの報告(8/6)

■角筈地域
Kさんからの報告(7/7)Oさんからの報告(7/16)Kさんからの報告(7/27)

■その他
環境学習情報センターより報告(6/20)環境学習情報センターより報告(7/18)
環境学習情報センターより報告(8/23) new!

※このイベントは終了しました

春の新宿中央公園を彩るいろいろなサクラを紹介します。新宿区の友好提携都市である長野県伊那市高遠町から贈られた「高遠コヒガンザクラ」は必見です。ぜひご参加ください。
※天候により観察できる花の種類は変わります。ご了承下さい。

【日時】
2010年3月27日(土) 10:00~12:00(小雨決行)
【場所】
新宿中央公園
【集合場所】
エコギャラリー新宿1階入口
【定員】
20名
【参加費】
無料
【解説】
日比野 佳正氏(自然観察指導員)
【持ち物】
帽子・飲み物・筆記用具
【応募方法】
件名(講座名)に「3月27日 自然観察会参加希望」、住所・氏名・年齢・性別・連絡先をご明記の上、ハガキ、FAX、またはMailにてご応募下さい。
【応募締切】
3月20日(土)必着
※申込み多数の場合は先着順となります。

【関連リンク】
ポスターのダウンロードはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 チャレンジ賞
「地場産業「染色」による体験学習支援」特定非営利活動法人 山の幸染め会


 環境にやさしい染色法であり、芸術性も高く評価されている「山の幸染め」。特定非営利活動法人 山の幸染め会は、その新宿区の地場産業でもある「染色(山の幸染め)」を通して、環境活動と教育、福祉をリンクさせた活動を展開しています。

取り組み内容
 伝承文化「染め」を普及する目的でNPO法人(特定非営利活動法人)として、2001年11月に設立。以来、本部にある新宿区の環境団体である「新宿活動学習ネット」が管理する環境学習情報センターをはじめ、学校、児童館、老人ホーム、リサイクル活動センターで体験会や、作品展示会を開催し、日本の伝統芸術であり、新宿区の地場産業でもある「染色(山の幸染め)」を通して、「環境によいこととは・・・?」何かを体験学習する活動を継続して行っています。

 山の幸染めとは
 「山の幸染め」は、紙状の染料を用いてアイロンで染めるため、水も空気も汚さない、環境にやさしい染色法として誕生しました。また、リサイクルを楽しむ染色としても、リサイクル繊維を染めたり、家の中にある衣類やインテリア小物などに彩りを加えて楽しむなど、別名「新宿生まれのエコ染色」としても親しまれています。
 さらに、単に環境にやさしいだけでなく、60以上の多彩な染色技法によって表現される作品は、展示会などでもその芸術性が高く評価されています。

 2008年度の新宿区での主な活動

1. 2月21日四谷小学校で「町の先生見本市」に参加、ワークショップなどを実施
2. 3月1日新宿リサイクル活動センターで「こどもまつりに参加、リサイクル繊維ではし袋染めを実施
3. 6月6日新宿活動学習情報センターでの「センター開設5周年記念イベント」で作品展示と染色体験会を実施
4. 7月23日新宿区富久小学校の「夏休み親子教室」でエコ染色大家印会を実施
5. 8月19日東戸山小学校の「夏休みエコにトライ!」に参加、「エコ染色にトライ」を実施
6. 9月12日東戸山小学校の3年生の総合学習(環境教育)で公開授業を担当
東戸山の自然をハンカチで染める体験学習
※学校の開校60周年記念の作品展示で完成したハンカチを展示
7. 9月27日新宿リサイクル活動センターの「リサイクルフェスタ」でリサイクル繊維のエコバック染色体験
8. 11月3日~8日新宿区立区民ギャラリーで作品展示会「暮らしを彩る幸染展」を開催
9. 11月11日法政大学市ヶ谷キャンパス環境展でサツマイモプロジェクトのさつまいもの葉を染める体験会を実施
10. 12月5・6日消費生活展に「新宿生まれのエコ染色」として出展
11. 12月10~12日エコプロダクツ展2009に「環境にやさしい染色」として出展

 新宿エコ隊にも団体登録(隊員No.2-1007)し、年間を通してストップ温暖化新宿大作戦にも参加しています。

これからにむけて
 今後も、新宿の地場産業「染色」を通じて、
  1.世界に誇る日本の伝統文化「染め」の普及
  2.環境学習 出張授業や体験学習
  3.自然保護 地元の自然を染めて、保全意識を高める
  4.医療・福祉 障害者の就労支援・職能開発など
を地域の企業、団体、個人との連携をより深めて活動していく予定です。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 優秀賞
「まち美化の成果を緑に変える「きこりクラブ」プロジェクト」株式会社 オギノ


 株式会社オギノでは、ガム取り清掃活動に参加するボランティアに苗木をプレゼントし、植樹に参加する権利を授与する「きこりクラブ」プロジェクトをスタートさせました。植樹によるCO2の削減、ボランティアの参加を促し、まち美化活動を活発化させるものとして期待されています。

取り組み内容
 毎週2、3回、新宿区内で新宿区生涯現役塾をはじめとするボランティアが多数参加し、路上などのガム取り清掃活動を実施。2009年の活動実績は、96回、のべ288名が参加しています。
 これまでは完全にボランティア活動でしたが、参加者に参加する楽しみを提供するために、2009年11月からガム清掃のボランティアに対してエコポイントを付与し、エコポイントが一定の基準に達した人に苗木をプレゼントして植樹に参加する権利を授与する事業「きこりクラブ」プロジェクトをスタートさせました。これにより、植樹活動によるCO2の削減に寄与するとともに、より多くの人たちに身近なまち美化活動としてのガム清掃活動への参加を促すことにもつながります。

【エコポイント】
 ガム10グラム(10個)除去につき1ポイントを付与。ガム1つが約1グラムに相当し、1人が1時間作業をして約20グラム(20個)が除去できます。

【ポイント引き換え】
 当社「きこりクラブ事業部」より、1000ポイント貯まった方に苗木などをプレゼント、植樹体験会へ参加できます。なお、植樹体験会に参加できないけれども、ポイント引き換えを希望する方には、間伐材を利用した箸・コースター・パズルなどのなかからポイントに応じて引き換えをいたします。

 植樹活動による効果
1.苗木が吸収するCO2
 1平方メートルあたり、1年間に100グラムのCO2を吸収します。※独立行政法人森林総合研究所が「広葉樹は1年間に1炭素トン/haのCO2を吸収する」と試算していることから推定。

2.植樹事業のPR
 新宿区の植樹事業が50人の人に深く浸透します。植樹に必要なポイントを貯める熱心なボランティアは2009年度中に5名程度想定されますが、熱心なボランティアが1人あたり10人に口コミで活動を広げるからです。

 ガム清掃活動による効果
 ガム清掃は直接CO2を削減するものではありませんが、身近なまち美化活動として多くのボランティアに参加を呼びかけることができます。まち美化の結果としてポイントを貯めて、植樹に結びつけることができます。

これからにむけて
 まち美化の成果を緑に変える「きこりクラブ」プロジェクトを広め、拡大していきます。それによって、植樹活動によるCO2の削減に貢献し、またボランティア活動の参加を促し、身近な街美化活動としてのガム清掃活動により一層の推進を図っていきたいと考えています。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 事業者部門 優秀賞
「混雑の緩和や環境負荷の低減を図る共同配送事業「摩天楼スタッフ」」協同組合 新宿摩天楼


 新都心・新宿の環境負荷の低減、物量の効率化を目指して、1992年に共同配送事業をスタートさせた協同組合 新宿摩天楼。摩天楼スタッフが一括配送する都市型物流システムの構築により、道路、駐車場などの混雑緩和や環境負荷の軽減を図っています。

取り組み内容
 多くの高層ビルが林立する新都心・新宿の環境負荷の低減、物量の効率化を目指して、1992年から「摩天楼スタッフ」事業をスタート。西新宿高層ビル街、東口駅ビル・地下街、南口駅ビル(ルミネ2)などにて、都市型物流の新提案として共同配送事業を展開しています。摩天楼スタッフが一括配送することで、道路、駐車場などの混雑の緩和や環境負荷の低減、物流の効率化を図っています。また、当初から環境にやさしい天然ガス車を積極的に導入することでCO2の削減に努め、都市型環境問題に対処しています。
 これらの功績により、2000年には「東京都知事賞」を受賞しました。

 「摩天楼スタッフ事業」の業務の流れ
 新宿(南口近く)の摩天楼センターに持ち込まれた荷物をビルごとに仕分けし、各ビルへ一括配送し(センター~ビル/CNG車にて配送/横もち)、各ビルに配送された荷物は専従の配達要員(縦もち)がビル内の各階に配送。車両のドライバー(横もち)は運転、ビル間配送に専念し、配送要員(縦もち)は配達に専念する分業システムとなっています。
 配達回数は、午前:3~5便、午後:1便を運行。その後、配送用カーゴテナーを回収します。

「摩天楼スタッフ配送ビル名一覧」
新宿エルタワー/エスティック情報ビル/工学院大学/新宿センタービル/安田火災海上本社ビル/新宿野村ビル/新宿三井ビル/京王プラザホテル/新宿モノリス/KDDビル/新宿NSビル/新宿住友ビル/第一生命ビル/ホテルセンチュリーハイアット/東京都庁/ワシントンビル/アイランドウィング/アイランドタワー/東京ヒルトンホテル/新宿国際ビル新館/オークタワー/日土地新宿ビル/新宿グリーンタワー/マイシティー/ルミネ2/サブナート

これからにむけて
 今後も協同組合加盟の各社と協力しながらより一層の業務の効率化を図り、新都心・新宿の混雑の緩和、環境負荷の低減に貢献していきたいと考えています。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ グループ部門 チャレンジ賞
「ソーラークッカーの実演を通してエネルギー・環境問題を啓蒙」ソーラーエネルギージャパン

 ソーラーエネルギージャパンでは、太陽熱を利用して調理できるソーラークッカーの実演を通して、子どもたちにエネルギー問題について体感、考えてもらう活動を展開しています。環境について関心を持つきっかけともなっています。

取り組み内容
 レンズや反射鏡を使って集光した太陽熱を利用して調理するソーラークッカー(太陽熱利用調理器)。その実演により、太陽の光(熱)で調理できる驚きから、子どもたちにエネルギー問題について体感、考えてもらう、環境紙芝居や写真などを利用して子どもたちにわかりやすく解説する体験学習を行っています。また、野外学習のサポートでは、キャンプなどの飲み水の消毒やバーベキューにソーラークッカーを利用。こうしたデモンストレーションを行うことで、エネルギー問題の啓蒙を図っています。

 野外イベント「エコにトライ」
 新宿区立市ヶ谷小学校の校庭で開かれたエコギャラリー新宿主催「エコにトライ」というイベントでは、多くの親子連れが集い、ソーラークッカーの実物に親しんだあと、実際に銀紙を貼り付けた段ボールを切って箱型に組み立て、太陽熱を集める体験をしました。
 子どもたちの目の前でパラボラ型のソーラークッカーが太陽光線をキラキラとはね返してまぶしいばかり。その輝きのなかから小鍋とフライパンの上でポップコーンがみるみる弾け飛び、目玉焼きもたちまちできあがりました。「わあっ、目玉焼きだ、ポップコーンだってできるんだ。僕たちがつくった物でもできるの?・・・」。瞳を輝かせる子どもたちの笑顔と歓声が印象に残っています。

 大きく広がるソーラークッカーの可能性
 直径25センチくらいのお日様があれば、ゆで卵をつくったり、ジャガイモを蒸かすこともできます。ほんのちょっとしたソーラーの力でも自分のお昼ごはんが食べられます。そうしたことを利用していくと、二酸化炭素の削減にも大きな効果があることがわかっています。太陽熱がこんなに手軽に役に立てられることを知ってもらい、実際に始めてもらう。それが大事な環境教育の一環となり、身の回りの生活の技術としても大いに役立つはずです。
 また、開発途上国では薪が足りない地域もあって、薪をとるために砂漠化も進んでいます。もしソーラークッカーが広がると、例えば1平方メートルの日光を集めるものだと1年間で薪を数百キロ、場合によっては1トンとかを削減する効果があり、環境にとっても非常に大きな効果があります。これからもっと大型化して海水淡水化や発電まで、将来発展するときの基盤ができていくのではないかと期待しています。

これからにむけて
 いまの夢は「エコマラソン」。排気ガスを出さないソーラーバイクで東京マラソンなどのマラソン大会の先導を実現できたらいいですね。また、ソーラークッカーを国内だけでなく、海外の途上国にもっと普及させたい。簡単に電気やガスが使える日本ではソーラークッカーの普及はなかなかむずかしいかもしれませんが、スローフードも流行ってきましたし、これから普及するチャンスではないでしょうか。同時に開発途上国では、例えば飲み水の消毒くらいは段ボールに銀紙を貼っただけでもできます。低温殺菌牛乳のように65℃くらいで30分ほど消毒すればほとんどの雑菌は死んでしまいますから、飲み水として大丈夫。そんないろんな可能性をソーラークッカーは持っています。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ グループ部門 優秀賞
「「学校の無駄を25%削減します」をテーマに総合的な学習の時間でエコ活動を展開」新宿区立大久保小学校5年1組・2組

 新宿区立大久保小学校の5年1組・2組は、総合的な学習の時間で「大久保マニュフェスト!私たちは学校の無駄を25%削減します」のもとにエコ活動を実践。工夫を凝らした作戦を展開し、学校全体に“学校の無駄を削減する”意識を広めています。

取り組み内容
 新宿区立大久保小学校の5年生は、総合的な学習の時間(2学期:10月~12月)で、「大久保マニュフェスト!私たちは学校の無駄を25%削減します」をテーマに「環境」を取り上げた学習を行い、さまざまな取り組みにチャレンジしました。5年1組と2組のそれぞれの活動を紹介します。

【5年1組の活動】
学校全体に呼びかけるためにキャラクターをつくりキャンペーンを展開

 授業で鳩山首相の国連総会でのスピーチを見て、日本が温室効果ガスを25%削減することを知りました。そこで自分たちにも何か協力できることはないかと考え、学校のなかにも環境に悪いことがあるのではと調査することにしました。グループに分かれて校内を回った結果、給食の残飯の多さ、電気のつけっぱなし、引き取り手のない落し物の山、分別されていないごみ箱、使い捨てられた大量の紙、なかなか席につかない児童が多く、授業時間が少なくなっていることなどに気づきました。この現状を学校全体に気づいてもらわなければと、給食の残飯、電気のつけっぱなし、落し物、時間、ごみの分別の6つのジャンルで無駄の量を調査し、グラフにして発表しました。  しかし、この無駄を減らすことの意識を大久保小学校の全員に浸透させるむずかしさを感じ、作戦を練り直しました。その結果、1年生も楽しんで無駄を減らすことを頑張れるような「エコキャラクター」づくりを考案、ジャンルごとに性格を持たせたキャラクターをつくり、無駄が減ると進化していくようにしました。このキャラクターを使って、キャンペーン(ポスターやニュース番組、劇や紙芝居など)を展開し、全校に無駄を減らすように呼びかけました。

これからにむけて
 再度、無駄の量を調査して、25%減らすことができたかをグラフに表します。また、キャラクターを使って、もっと楽しくエコ活動ができる方法を考えていきます。

【5年2組の活動】
4つのグループに分かれ、現状の調査をもとに
学校の無駄削減するための作戦を立案、実践

 夏休みに記録した「エコ日記」や国語で調べ学習をした「ごみ問題」などをきっかけに、総合的な学習の時間で、温室効果ガスの削減につながる4つのグループ(給食の残菜量・水の使用量・電気の使用量・ごみの量)に分かれ、「学校の無駄を25%削減する」活動を行いました。  まず、それぞれのグループで、給食の残菜量・水の使用量・電気の使用量・ごみの量の測定法を考えて、データを収集。次にその削減方法を話し合い、作戦を立てて実行しました。作戦実施後には、自分たちの成果と課題について話し合い、新たな作戦を考えるという手順を踏みました。

<子どもたちの声>

このエコ活動をしたことで、少しでも温室効果ガスが減ったらいいと思います。そして、今後もみんなが意識してエコ活動をすることで地球温暖化がなくなったらうれしいです。
こんなにも電気を使うんだと思いました。それからは、電気を使うときに気を遣うようになりました。みんなが気を遣うようになったら、もっといいと思います。
この活動は私たちの心を変えました。エコはとても大切なことです。地球が危ないことも知ることができたし、地球がなくなったら私たちは住めなくなってしまいます。だから、これからもエコ活動を続けます


これからにむけて
 グループごとにこれからの活動をまとめ、ごみ量のグループでは現在も作戦を継続中です。学級全体でも、1.これまでの学習、2.それぞれの活動内容、成果と課題、3.これから、4.活動を通して学んだこと、5.みんなに伝えたいことについて、ビデオ映像をまとめ、学校で放映する予定です。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ グループ部門 優秀賞
「「食」と「育」つ ~土作りから始める弁天菜園~」新宿区立弁天町保育園

 土のまったくない都会の保育園、新宿区立弁天町保育園。「“食”と“育”つ ~土作りから始める弁天菜園~」を年間指導計画のメインテーマに据え、野菜や米作りにチャレンジ。育てる大変さ、喜びを体験し、残さずに食べるという気持ちを育んでいます。

取り組み内容
 大都会新宿!そのなかにも保育園はあちこちにあり、どの園でも小さな園庭を創意工夫して整えています。新宿区立弁天町保育園もその一つで、さらには4階建ての建物の3階が保育園という特異な立地となっています。園舎は広いが、園庭は小さい。でもプランターが何十個もある、3階なので日当たり良好。この環境を最大限に生かして菜園を作りたい!どんなものが育つの?大人も未知なる挑戦をしてみたい!そんな思いと食育が合致して「“食”と“育”つ ~土作りから始める弁天菜園~」を2009年度の年間指導計画のメインテーマに据え、野菜や米を育てる取り組みをスタートさせました。

食育に向けての目標 ~都会の中の“小さな農夫たち”~
●園目標……“心も身体も健康な子ども”
 ○健康の源である「健全な食生活」とは?
 ○日々の保育のなかでの食育を、どのように実践すればいいのか?
 ○何より食事を楽しくおいしく味わうには?
 そのために必要な知識や具体的な方法を、実際の体験を通して子どもたちに伝えたい。そして、一生の健康を支える食生活の大切さをしらせたい。そう願い、様々な工夫をして、野菜作りを始めました。
●クラスの取り組み
 ○0歳時クラス(つくし・いちご組)……食べるの大スキ!モグモグ ゴックン
  初めての“食”との出会いを大切に、一人ひとりを大切に見守り援助していく。
 ○1歳低月児クラス(もも組)……自分で食べるのうれしいね
  スプーンが持て、自分でできるようになったことを一緒に喜び、意欲につなげる。
 ○1歳高月児・2歳低月児クラス(さくらんぼ組)……食べることって楽しいね
  「これなーに?」からはじまる身近なものへの関心と「食べたい」気持ちを大切にし
  ていく。
 ○2歳高月児クラス(すみれ組)……一緒に食べるとおいしいね!
  友だちとおんなじ、おんなじが嬉しい、嫌いなものも一緒なら「食べてみよう」と思う
  気持ちを育てていく。
 ○3歳児クラス(たんぽぽ組)……「これってなぁに?」「どうなってるの?」
  たくさんの“なぜ?”“どうして”を五感を使って感じとり、興味を広げる。
 ○4歳児クラス(ゆり組)……楽しく!!気持ちよく!!
  植えて、育てて、収穫して楽しむ。マナーを知って気持ちよく知らせる。
 ○5歳児クラス(ばら組)……“米作り”心と体の成長!
  一年間米作りをしながら、たくさんの学びをし、“食”への関心を高める。

つながる保育(たくさんの仲間とともに)
●調理さんとのコラボレーション
 食育への取り組みをはじめるにあたり、「弁天の台所」である調理さんからの積極的な意見が聞かれ、食品や調理の実践を組み入れ、幅広く知らせていくことになりました。
  ○エコにもなっている生ゴミ処理機「リサイクラー」の紹介
  ○野菜の現物を紹介し、それを使った給食の紹介
  ○野菜の変身クイズ……給食で使う加工品の紹介
  ○野菜のお腹はどうなってるの?……切り口の紹介
 見たり・触ったり・食べたりすることで、より身近に感じるようになり、食べながら会話も弾みます。食品への関心が広がっていきます。
●近隣の大学生による交流学習
 お茶の水女子大学の学生さんが来園し、自身の学習を兼ねて“食育”のお話会を月1~2回開いていただきました。

家庭や地域への発信
●園に出入りする業者さんとの交流
 栽培用の発泡スチロールの箱の協力依頼をするなかで積極的に関わっていただき、修理や野菜の成長を気にかけてくれるなど、会話も弾みました。
●家族や祖父母、友だちなど、来園者への発信
 子どもたちの作品発表会「弁天ひろば」で、階段や通路の壁面に食育コーナーを設け、来園者の方々に見ていただきました。

これからにむけて
 冬の作物作りをはじめ、年長は米作りをしたあとのワラを使って縄作りをして正月飾りを作りました。土のない都会でも、どこまで野菜や米を作ることができるのか。リサイクラーをフルに活用しながら、来年度もまた作物を作っていきたいと考えています。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 個人・家族部門 優秀賞
「“チーム・マイナス6%”に登録!目指すは環境共生住宅」亀井ファミリー

 2004年に開催された第2回住まいと環境・エネルギーセミナーに参加したことをきっかけに、“チーム・マイナス6%”に登録し、省エネに取り組み始めた亀井さんファミリー。電気使用量の推移をみても大きな成果を上げていることがわかります。

取り組み内容
 我が家は昭和初期に流行った中廊下式戸建て住宅で、2回の増改築を経て現在に至っています。住宅建材のほとんどが木・土・ガラスであり、材木のほとんどがフットプリントの小さい神奈川産。住宅の南面はスダジイ(保護樹)などの高木が植栽されています。
 省エネ住宅、家電の省エネに取り組むようになったきっかけは、2004年11月26日に開催された第2回住まいと環境・エネルギーセミナー「きれいな地域・私たちに出来ること
」当時の小池百合子環境大臣の挨拶・講演、小林光環境省・管理局長などのパネルディスカッションを聴き、リタイア後の健康・家計対策もあり“チーム・マイナス6%”に登録し、省エネのチャレンジが始まりました。

省エネ住宅・家電の省エネへの取り組みの主な内容と成果
 2005年に給油用エコ・ジュース採用後、さらなる都市ガスの効果が認められず、以後、1.省エネ住宅、2.家電の省エネに対策を絞りました。定量的評価(2004~2009年)は、グラフに示した電気使用量のように推移。太陽光発電は2009年8月28日、屋根の高反射率塗装(クールルーフ化)および壁面塗装は2009年8月17日から実施しています

これからにむけて
 現在のところ環境共生住宅の必須条件である“健康快適・安全安心目的のバリアフリー”が不十分です。それを目指すとともに、省エネ住宅、家電の省エネにもさらに取り組んでいきたいですね。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 個人・家族部門 優秀賞
「古布のリサイクルの普及」友永 陸子さん

 12年前からシーツやタオルなどの裂き布を使った草履づくりの講座を開き、古布のリサイクル活動に取り組んでいる友永さん。講座には区民の1%、3,000人の方が参加し、3R活動宣言の推進に向かって、現在も楽しく古布のリサイクル活動を進めています。

取り組み内容
 裂き布で草履を編んで12年、古布のリサイクルの普及をしています。きっかけとなったのは、当時消費者モニターOB会で消費生活についていろいろな学習をしてきて、まちを歩いていると、ゴミとして布団が出され、「きれいな布なのにもったいない、リサイクルできないか」と、みんなで話し合ったこと。そんなとき、「NHKおしゃれ工房」に、偶然「裂き布草履」が掲載され、その講座が北区の「エコー広場館」で開かれているのを知り、さっそく参加しました。帰宅して作品を夫に見せると、「小さい頃、田舎でわら草履をつくり、日常履いていた」とのこと。先生が身近にいたので練習し、リサイクル活動の講座に入れることになりました。講座にはいつも参加者が多くて大変でしたが、区民の約1%(3,000人)に広めることができたでしょうか。

「裂き布で草履」講座の内容
●裂き布草履とは
 古い布やもう着なくなった衣服を裂き、芯にパワーローブを使用して編んでいく布草履です。
●講座の内容
 材料に古い木綿の布(シーツ、ゆかた)、フリース等を幅5cm長さ1.5mが20本必要です。床に座って編みます。指を使って裂き布から草履が作られていく過程が楽しみです。
●参加者
 小学生から大人まで老若男女年齢に制限はありません。
○参加者の声
 ・自分でつくった草履、大事に履きたい
 ・あみ目のボコボコが足裏を刺激して気持ちいい
 ・富士登山で使用、軽く滑らず気持ちよかった。
 ・外反母趾にとてもよい。

飯田橋ぞうり会
 月1回、東五軒町ことぶき館の和室で楽しく草履作りを開催しています。

これからにむけて
 現在、講座と毎月1回、東五軒町ことぶき館で「飯田橋ぞうり会」を開催しています。これからも3R活動宣言の推進に向かって、小学生から大人まで協力し、楽しく古布のリサイクル活動を進めていきます。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成21年度新宿エコワン・グランプリ 大賞
「たんすC(クリーン)&G(グリーン)作戦」箪笥地区協議会

 箪笥地区協議会では3つの分科会を設けて、2006年度から暮らしやすいまちづくりを目指して活発な活動を行っています。2009年度は「たんすC(クリーン)&G(グリーン)作戦」を展開し、緑化とまちの美化、エコライフの推進をアピールしています。

取り組み内容
 箪笥地区協議会では、箪笥地区の将来像を考える分科会、生活課題分科会、地域情報分科会の3分科会を設けて、暮らしやすいまちづくりを目指して活動しています。2009年度は、緑化とまちの美化、エコライフをアピールし、箪笥地域のうるおいあるまちづくりに寄与するために、「たんすC(クリーン)&G(グリーン)作戦」を展開しました。
1. 「たんす緑と花のまちづくりフェア&新宿エコライフまつり2009」を開催(2009年10月4日)。延べ800名を超える来場者にエコをPR
2. 広報誌「輝く箪笥」を5,000部発刊し、地域に配布。箪笥地区協議会のPRとあわせて、清掃施設の見学会レポートや町会長へのごみ問題へのアンケートを実施、集計結果を掲載するほか、地域の清掃活動などを紹介
3. カーブミラーの清掃活動を月1回実施

「たんす緑と花のまちづくりフェア&新宿エコライフまつり2009」を開催
 2008年度に引き続き、地域緑化をテーマに「たんす緑と花のまちづくりフェア」を開催。今年度は、新宿区環境対策課・環境学習情報センターとの共催で、「たんす緑と花のまちづくりフェア&新宿エコライフまつり2009」と題して、牛込箪笥地域センター・区民ホール・あさひ児童遊園で開かれました。児童遊園のミニSLやゲームコーナー、緑や花のコンテスト表彰式、地元企業のブース出展、中学生ボランティアのお手伝いもあり、地域と皆さんとエコライフ推進委員会が一緒に企画・運営した楽しいイベントとなりました。

箪笥地区広報誌「輝く箪笥」を発刊
 住民主導のまちづくりのための活動を行う箪笥地区協議会の紹介をはじめ、箪笥地区の皆さんへの呼びかけ、まちの問題点は何か、どうしたらそれが解決できるか、将来の輝かしい箪笥地区のイメージなどを考え、この広報誌「輝く箪笥」で発信していきます。創刊号では、新日本製鐵君津製鐵所と東京都中央防波堤外側埋立処分場の施設見学会レポートや町会長へのごみ問題へのアンケート調査の集計結果などを紹介しました。

カーブミラーの清掃活動、「箪笥地区子ども見守り隊」も結成
 各町会の皆さんの協力をいただきながら、月1回、管内のカーブミラーの清掃活動を行っています。また、「箪笥地区子ども見守り隊」を結成し、6月に結成式と一斉パトロールを実施。地区協議会のメンバー及び構成団体の方にエンブレムをかけていただき、町中を、子どもたちを見守っています。

これからにむけて
 箪笥地域がみどりの推進モデル地区に指定されたことを追い風に、さらに地域緑化やまち美化活動を推進していきます。緑と花をつないで、都会にいながら生態系を感じたり、自然の営みを感じるようなまちづくりを目指します。広報誌「輝く箪笥」による積極的な情報提供と、安全・安心につながるまち美化活動に取り組み、暮らしやすく、うるおいのあるまちづくりを進めていきます。

【関連リンク】
パネルのダウンロードはこちら
エコワングランプリ表彰式&受賞者一覧についてはこちら
応募概要についてはこちら

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年3月13日(土) 12:30~
【会場】
エコギャラリー新宿
【対象】
100名
【内容】
●出演者
 木谷正道氏(ギター&ハーモニカ)
 竹DS氏(創作ソロ手話唄)
 丸山泰明氏(ボイスパーカッション)
 三木靖子氏(ピアノ)
●演奏曲
 朧月夜/精霊流し/陽はまた昇る/みかんの花咲く丘/無縁坂/
 この街で/故郷/童神/アメージングレース/昴/一粒の種
【費用】
無料
【申込方法】
件名に「ランチタイムコンサート」、本文に住所・氏名・年齢・性別・連絡先をご明記の上、FAXまたはMailにてご応募下さい。
※応募者多数の場合は先着順となります。
【関連リンク】
ポスターのダウンロードはこちら

【2010年3月13日のイベント一覧】
10:00~ 2009年度新宿エコワングランプリ表彰式
11:25~ 環境白書を読む会
12:30~ ランチタイムコンサート『心の唄をあなたと共に』(要応募)
14:30~ 家庭の省エネルギー推進フォーラム(要応募)

※このイベントは終了しました

 新宿区の都市型生活の特性を踏まえ、家庭でできる省エネ行動を“聞く”、“見る”、“体験する”の3つのキーワードで紹介します。省エネが気になる方、省エネナビの設置を考えている方、既に省エネナビをご活用いただいている方、皆さんのご参加をお待ちしております!

※省エネナビとは…
ご家庭の電気使用量をリアルタイムで表示する機械です。新宿区役所環境対策課・新宿区立環境学習情報センターで無料で貸し出しております。

省エネナビ

【日時】
2010年3月13日(土)14:30~17:30
【会場】
エコギャラリー新宿 1階区民ギャラリー
【対象】
家庭での省エネに関心のある方
省エネナビの使用を検討している方
区内在住で省エネナビを設置している方 計30名
【内容】

“聞く”基調講演「上手に使って上手に省エネ」
 大庭みゆき氏((株)環境エネルギー総合研究所所長)
省エネナビ設置実践者の交流会
“見る”省エネ見える化機器や省エネナビデータの紹介
“体験する”省エネ効果体験コーナー

【主催】
新宿区立環境学習情報センター/経済産業省 関東経済産業局

【当日の様子】
 

【2010年3月13日のイベント一覧】
10:00~ 2009年度新宿エコワングランプリ表彰式
11:25~ 環境白書を読む会
12:30~ ランチタイムコンサート『心の唄をあなたと共に』(要応募)
14:30~ 家庭の省エネルギー推進フォーラム(要応募)

※このイベントは終了しました

 地球温暖化をはじめとして、地球はいま、さまざまな問題をかかえています。今こそ、地球を救うために、私たちが身近でできることを考えていかなければなりません。
 区では、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」を行い、多数の応募作品がありました。その中から、エコワン・グランプリ大賞、区民・ファミリー部門、グループ部門、事業者部門の受賞者が決まりました。
 下記の内容で表彰式を開催しますので、ぜひご来場下さい。皆様で是非とも様々な取組みを共有していただければありがたいです。

受賞者一覧及び作品の紹介はこちら
当日の様子はこちら

【日時】
2010年3月13日(土) 10:00~
【場所】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
10:00~ 新宿エコワン・グランプリ表彰式
 応募のあった区民・グループ・事業者の環境に関する優秀な取り組みを表彰・発表します。
11:25~ 環境白書を読む会
 区担当課より環境施策について紹介・質疑応答等を行います。
【参加費】
無料(直接会場にお越しください)
【主催】
新宿区/新宿区立環境学習情報センター
【問い合わせ先】
新宿区立環境学習情報センター

【関連リンク】
エコワン・グランプリについてはこちら
ポスターのダウンロードはこちら
 

【エコワン・グランプリ 受賞者一覧】
エコワングランプリ大賞 箪笥地区協議会
個人・家庭部門 優秀賞 亀井ファミリー
個人・家庭部門 優秀賞 友永 陸子
グループ部門 優秀賞 新宿区立弁天町保育園
グループ部門 優秀賞 新宿区立大久保小学校5年1組
グループ部門 優秀賞 新宿区立大久保小学校5年2組
グループ部門 チャレンジ賞 ソーラーエネルギージャパン
事業者部門 優秀賞 協同組合 新宿摩天楼
事業者部門 優秀賞 株式会社 オギノ
事業者部門 チャレンジ賞 NPO法人 山の幸染め会  (敬称略)

また次の賞も同時に表彰します。
【エコ自慢ポイント賞】
1月末時点で登録ポイント数上位10名に敢闘賞を贈ります。
また、表彰式当日の来場者の中からポイント数上位3名をその場で表彰します。
【みどりのカーテンプロジェクト賞】
エコライフまつり、年末年始みどりのカーテン展、まちの先生見本市にて、参加者に投票していただき、各地域上位1名(同点の場合は同点者全て)を表彰します。
【省エネ賞】
5月から翌1月までの省エネナビデータにて、省エネ率上位5名を表彰します。
赤荻 やよい 竹谷 玲 下山田 恵子 橋本 道夫 桐山光史(敬称略)
以上、5名の方に贈られます。

 当日の様子
 
表彰式の様子
 
受賞者発表の様子
 
受賞者発表の様子
 
記念撮影の様子
 
受賞者による会場展示の様子
 
受賞者による会場展示の様子
 
環境白書を読む会の様子

【2010年3月13日のイベント一覧】
10:00~ 2009年度新宿エコワングランプリ表彰式
11:25~ 環境白書を読む会
12:30~ ランチタイムコンサート『心の唄をあなたと共に』(要応募)
14:30~ 家庭の省エネルギー推進フォーラム(要応募)

※このイベントは終了しました

【日時】
2010年3月1日(月)・8日(月) 13:00~16:00
【会場】
エコギャラリー新宿2階研修室
【対象】
新宿区在住・在勤および関心のある方15名
【講師】
千田マサ子氏(布礼あい)
【内容】
古布から帽子作り
【参加費】
二日間で500円(芯代・型紙代を含む)
【持ちもの】
裁縫道具、古布と裏地(90cm×60cmぐらい)、布にあったミシン糸、ものさし
【応募方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、往復はがき、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募期間】
2010年2月5日~2月19日(必着)
※応募者多数の場合は抽選となります。

チラシはこちら(PDF)

※このイベントは終了しました

※たくさんのご参加ありがとうございました。以下、報告です。

【日時】
2010年2月19日(金) 13:30~15:30
【会場】
新宿区立環境学習情報センター 研修室 
【対象】
興味関心のある方20名
【講師】
土橋由枝氏(エコライフ推進員)
【内容】
皆さんの出しているごみの約4割をしめる生ごみを循環させ、緑のカーテンプロジェクトの肥料として活用しましょう!

チラシはこちら(PDF)


【報告】
2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの締めくくりは、落ち葉と生ゴミとダンボールをつかってつくる、簡単生ゴミたい肥講座。講師は新宿区エコライフ推進員の土橋由枝氏です。たい肥のつくり方やコツはもちろん、たい肥の活用法や野菜の育て方まで、実践に基づくノウハウをたっぷりご紹介いただきました。
 「プランターの土は、たい肥を混ぜながら10年近く総入れ替えをせずに使っています」とのお話に、参加者のみなさんも興味津々。土橋さんの絶妙な問いかけから質問がたくさんあがる和やかな雰囲気のなか、講座はすすみます。実演コーナーでは、「ダンボールの隙間から虫が入らないように、通気性の良い“テーピングテープ”を貼るとよいですよ」「水分補給を忘れずに。でも様子をみながら」など、きめ細やかなアドバイスが続きます。土橋さん持参の熟成途中のたい肥には、嫌な臭いもありません。「これが、こんな風になるのね」と、みなさんびっくり! たい肥の熟成過程や虫対策は、パワーポイントをつかって詳しくフォローいただきました。
「地産地消で生ゴミを減らしましょう」また、「今回は落ち葉とダンボールを使いましたが、生ゴミたい肥にはいろいろな方法があります。ぜひいろいろ試してみてください」とのお話も。「すぐにやってみます」「とても楽しかった。もっと聞きたかったです」といった多くの声をいただきました。

 

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年12月23日(水)~2010年1月15日(金)
10:00~21:00 20時までにご入場下さい(初日13:00~ 最終日~15:00)
※12月29日~1月3日は休館日のためお休みです
【会場】
新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿2F) 入場無料
【内容】
2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの成育記録シートを展示します。
ユニークなシートがたくさん!お友達やご近所さんの成長記録もみてみよう☆
「あなたが選ぶみどりのカーテン賞」コンテストを行います!

ポスターはこちら

同時開催:
アース・ビジョン環境写真回顧展&2010環境カレンダー展

※このイベントは終了しました


新宿の環境を守るためのアイデア 募集!

1 募集内容
  (1)「個人・ファミリー(家族)」、「グループ(区民団体)」において、各家庭や地域における、自然保護、省エネルギー・省資源、ゴミの減量など環境にやさしい暮らしの実践のうち、他の模範となる優れた取り組みを募集します。
  (2)「事業所」において、地球温暖化防止のために、事業所で省エネルギー・省資源に取り組み、環境経営を実践し、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

2 応募できる人
  (1)区内で活動する「個人」・「家族」及び「区民団体」
  (2)区内に事業所を有する事業者

3 対象となる活動
  (1)自然の保護、緑や水辺の創出などの活動、(2)省資源・省エネルギー、(3)ゴミの減量化・リサイクル 、(4)環境学習の推進 、(5)その他環境保全や地球温暖化防止に関して有効な活動
  
4 応募方法
  (1)応募用紙に必要事項をご記入の上、写真、新聞記事、報告書等、活動の実績をアピールする資料を裏面もしくはA4版の台紙に添付(必要な場合のみで結構です)して送付してください。なお、送付していただいた書類等はお返しできませんので、あらかじめご了承ください。
  (2)自らが応募するか、推薦者が応募をしてください。

5 募集期間
   2009年10月1日(木)~12月15日(火)(当日消印有効)

6 表彰
  区長賞(新宿エコワン・グランプリ大賞)
  優秀賞(各部門ごと)
  チャレンジ賞(各部門ごと)
  特別賞(みどりのカーテン優秀賞)
  特別賞(エコ自慢ポイント優秀賞)
  特別賞(省エネナビ活用による省エネ優秀賞) 予定

※「新宿エコワン・グランプリ賞」を受賞された個人・ファミリー、グループ、事業者は、表彰式にて内容を発表していただいたり、ホームページに掲載するなど活動を紹介させていただきます。

7 表彰の方法
   「新宿エコワン・グランプリ賞」は、各受賞者へ通知を行った上で、改めて表彰式で賞状及び副賞を授与します。

8 表彰の時期・会場
  平成22年3月13日(土)予定
  会場:新宿区立区民ギャラリー(エコギャラリー新宿1F)

9 コンテスト応募・問い合わせ先
  〒160-0023 新宿区西新宿2-11-4 新宿中央公園内
  新宿区立環境学習情報センター
  TEL 03-3348-6277、FAX 03-3344-4434
  E-mail:info★shinjuku-ecocenter.jp ★を@に変更してお送りください

応募用紙はこちら
ポスターはこちら(縮小版)

2008年度新宿エコワングランプリ 優秀作品紹介
2007年度新宿エコワングランプリ 優秀作品紹介

※このイベントは終了しました

 新宿御苑は新宿区内で一番大きな緑地、ここに「母と子の森」というビオトープがあります。ここで20年近く活動をしている新宿御苑森の会の方に、「母と子の森」の秘密や、晩秋の新宿御苑の楽しみ方を案内していただきます。


【日時】
11月28日(土) 10:00~12:00(小雨決行)
【会場】
国民公園新宿御苑(内藤町11)
【集合場所】
新宿御苑 新宿門前
【対象】
30名(親子の参加歓迎)
【持ち物】
帽子、飲み物 など
【参加費】
無料
【協力】
新宿御苑森の会
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上(親子の場合のみ、一枚に親子の氏名を記入)、はがき、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【申込締切】
2009年11月25日(水)必着
※お申込み多数の場合は先着順となります。

【関連リンク】
ポスターのダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年10月17日(土) 7:50~17:00予定 (雨天実施)
【会場】
東京都日の出町大久野
【集合場所】
新宿駅西口 明治安田生命ビル前 貸し切りバスで往復します)
【対象】
東京都在住の小学生と付き添いの方40名
【内容】
稲刈り、片付けなど
【持ち物】
帽子、軍手、雨具、昼食、飲み物、タオルなど
【費用】
大人 1000円
こども 無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、はがき、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【申込締切】
2009年10月2日(金)必着
※先着順ですが、応募者多数の場合は6月7日の田植えに参加した人を優先します。

※この事業は「オール東京62市区町村共同事業みどり東京・温暖化防止プロジェクトみどりたいけん交流事業」として実施しています。

※このイベントは終了しました

10月4日(日)「エコライフまつり」にて、みどりのカーテン生育記録シートの展示と土のリサイクル講座を行いました。609枚(区民:427、区施設182)のシートが並ぶ様は、まさに壮観!みどりのカーテンへの愛情たっぷりな記録に、訪れた方々も見入っていました。また展示区分※1ごとに「お気に入りの1枚」を選んでもらう「生育記録シートコンテスト」も開催。スケッチや写真入りの個性光るシートが目を引いていたようです。
定員を越える申し込みをいただいた土のリサイクル講座の講師は、おなじみの外山たら先生(NPO日本コミュニティーガーデニング協会会長)。みどりのカーテン取り外し後のプランターの土を元気にする方法とコツを分かりやすくお話いただきました。そして実演はエコライフ推進員(みどり分科会)のみなさん。プランターからゴーヤーの根を除き、土をふるいにかけ、石灰を混ぜて黒ビニール袋に入れる・・・リサイクルの手順をテキパキと行っていただきました。“質問コーナー”では、「水やりが大変でした」「小さいゴーヤーが数本しか獲れませんでした」「葉が黄色くなり、枯れました」「実をたくさん収獲するにはどうしたらよいでしょう」など、多くの質問や感想があがるなか、「たくさんのゴーヤーがとれました」「立派なカーテンができました」といった話もチラホラ・・・。外山先生の絶妙な語り口で、会場は笑顔あふれる温かい雰囲気に包まれていました。なお、リサイクル後は小松菜などの野菜の植え付けもおススメとのこと。来年のみどりのカーテン前にぜひ楽しんでみてはいかがでしょう♪

【お知らせ】
このたび「シートの展示が1日だけとは、もったいない!!」との声を多数いただきました。そこで、生育記録シートの展示とコンテストを行うことが決まりました。会場は新宿区立環境学習情報センター、開催期間は12月23日(水)~1月15日(金)の予定です※2。多くのみなさまのご来館をお待ちしています!

※1・区民10地域、区施設に分類して展示
※2・詳細はセンターHP等でお知らせします

 
外山たら先生 たら先生のわかりやすく楽しいお話に、
 和やかな雰囲気 (会場は生育記録シートで
 ぐるりと囲まれています)
 
午前:土橋さん、三浦さんが実演 午後:赤荻さん、加藤さん、三浦さんの実演

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年10月4日(日)
第1回 11:00~
第2回 13:00~
【会場】
牛込箪笥区民ホール(エコライフまつりのなかで行います)
【講師】
外山 たら氏(NPO日本コミュニティガーデニング協会 会長)
【募集定員】
興味関心のある方20名
【費用】
無料
【内容】
みどりのカーテン生育後の土のリサイクル方法を学びます。
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FAXまたはメールフォームにてお送り下さい。
【応募締切】
9月30日(水)必着
※申込多数の場合は先着順

【関連リンク】
新宿エコライフまつり&たんす緑と花のまちづくり

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年9月7日・14日(月) 13:00~16:00
【会場】
エコギャラリー新宿2階研修室
【対象】
新宿区在住・在勤および関心のある方15名
【講師】
千田マサコ氏(布礼あい)
【内容】
タンスに眠っている古いウール等の着物からハーフコート(総丈1メートルぐらい)を作ります。
【費用】
200円
【持ち物】
裁縫道具、ウールなどの着物をほどいてアイロンをかけたもの、布にあったミシン糸、筆記用具、ものさし、布にあった芯1m10cm

(左)講師の千田マサコ氏
右のようなコートを作りました

8月14日(金)大久保地域センター、15日(土)柏木地域センターで、ゴーヤー料理教室を行いました。講師は高山厚子さんとサポートの小野ミチ子さん。メニューは、ゴーヤージュース、ゴーヤーゼリー、ちらし寿司、ゴーヤーの天ぷら、ゴーヤーともずくの酢の物、沖縄風チヂミ(ヒラヤーチー)そしてヘチマの和えもの とまさにゴーヤーづくし。
「ご自宅でできたゴーヤーをお持ちください」とお伝えしたところ、オレンジ色や手のひらサイズ、30cm近く!など愛情たっぷりに育ったゴーヤーをお持ちいただきました。短い時間ではありましたが、「20本以上収穫しました」「あまり育ちがよくないです」「もう終わりました」など、しばしゴーヤー談義に花が咲きました。
高山先生の実演では「ゴーヤーはワタも食べられるんです。今日は天麩羅にしますよ」「種ごとジュースにします」といったお話に、「へぇー」と驚きの声があがります。そしてさっそく実習はスタート!班ごとに役割分担を決め、てきぱきとそして賑やかに調理は進みます。約1時間ですべてのメニューが完成し、みなさん笑顔で試食していました。
ご協力いただいたエコライフ推進員のみなさん、地域のみなさん どうもありがとうございました。

【協力】2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム、地域のみなさん

○大久保地域センター
講師の高山先生(左)と
小野先生(右)
お持ちいただいたオレンジ色の
ゴーヤーはジュースにして
みんなで飲みました。甘いんです。
にんじんの千切りは「チヂミ」に使います試食タイム
 
○柏木地域センター
こんな立派なゴーヤーを20本以上
収穫したそうです!
酢の物をつくっています
目にも鮮やか、おいしそう!この日のために活けてくださいました。
とっても素敵です。


【関連リンク】
イベントの詳細はこちら

※このイベントは終了しました

みなさんのお宅のみどりのカーテンの育ち具合はいかがですか?
今年も、ゴーヤーの料理教室を行います。おいしく、楽しく、ウリトモの環をひろげましょう!

【対象】
ゴーヤーで「みどりのカーテン」をつくっている方、そのほか関心のある方

【日にち・会場】
?@8月14日(金)大久保地域センター
?A8月15日(土)柏木地域センター

【時間】午前10時~12時30分(受付は午前9時45分~)
【講師】高山厚子氏(元板橋区立金沢小学校校長)
【募集人数】各日20名(応募者多数の場合は抽選)
【費用】300円(材料費)当日受付で集めます
【持ち物】ご自宅でできたゴーヤー・エプロン・三角巾・手ふきタオル・筆記用具
※当日ゴーヤーをお持ちになれない方は、葉を3~4枚お持ちください♪
【メニュー】ゴーヤージュース、ヘチマとゴーヤーのサラダ、ゴーヤーちらし寿司、ゴーヤーの天ぷら、ゴーヤーのお好み焼き

【申込方法】
「〇月〇日 〇〇会場の料理教室」,「住所・氏名・年齢・性別・電話番号」を明記の上、Fax、往復はがき、またはこちらからお申込下さい

【応募締切】7月31日(金)
【企画・協力】2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

【関連リンク】
当日の様子はこちら

※このイベントは終了しました

【実施日時】
2009年8月1日(土) 10:30~12:00
【場所】
新宿中央公園ビオトープ
【参加者数】
7家族18名(内訳 大人:9名、こども:9名)
【協力】
新宿中央公園ビオトープの会

【活動の様子】

田んぼの中や畦に生えた”草取り”をしました。5月にはひょろひょろだった苗もすっかり大きくなり、花も咲き始めていました。田んぼの中、畦の草刈りでは”カマ“を使ったり、刈った草を「一輪車」で運んだり、初めて使う道具もあって、みんな大忙し。ネズミや鳥に稲を食べられないよう、次回はネットを張る予定です。

 

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年7月4日(土)10:30スタート、12:00終了予定(小雨決行)
【会場】
新宿区立おとめ山公園(下落合2-10)
【協力】
おとめ山の自然を守る会、落合の緑と自然を守る会
【集合場所】
新宿おとめ山公園 管理事務所前
【対象】
子どもから大人まで関心のある方 30名(先着順)
【持ち物】
帽子、飲み物など

●報告
【参加者数】 30名
【活動の様子】
公園サポーターの方にご案内していただき、歴史や地名の由来などおとめ山公園ならではのお話を伺いました。子どもたちは大きなナナフシやカタツムリなどを見つけて大喜び!「自然が豊富だった」「新宿に水が湧いている所があると知りおどろいた」などの感想もいただき、参加者の皆さんには都心でつかの間の森林浴をお楽しみいただけたようです。

※このイベントは終了しました

ずっと昔から使われてきた、くりかえし使えるリターナブルびんが年々減少しています。現状の課題共有と地域にあった取り組みを探る【学習会】をリターナブルびん関連事者の方と共に開催します。NPO、消費者団体、大学等地域の皆様のご参加をお待ちしています。

【日時】
2009年07月03日(金)14:00~16:00
交流会:16:15~17:30
【会場】
エコギャラリー新宿 2階展示室
【定員】
50名
【費用】
無料
(交流会は参加費500円)
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてエコギャラリー新宿までお送り下さい。
◎参加お申込みの際に、交流会参加の有無もお知らせ下さい。

【主催】
ガラスびんリサイクル促進協議会
【後援】
環境省・経済産業省・3R推進団体連絡会(申請中)
【運営事務局】
NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット
【地域開催協力】
NPO法人新宿活動ネット(エコギャラリー新宿 指定管理者)
【問合せ先】
NPO法人「持続可能な社会をつくる元気ネット」
【応募締切】
2009年6月27日(土)必着

申込み用紙のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年06月18日(木)13:00~16:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
古い布を活かしてチュニック風ブラウスを作りましょう。
講師:千田マサコ氏
【対象】
新宿区内在住、在勤、在学の方15名 先着順
【費用】
100円
【持ち物】
生地2~3m、筆記用具、型紙用紙(大判カレンダー等)、ものさし、裁縫道具(はさみ、布に合うミシン糸)
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2009年06月12日(金)必着

★定数を超えたため、応募を締め切らせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

※実施日の曜日を正しいものに訂正しました。(09.05.21)

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年6月13日(土)10:00~12:00 (小雨実施)
【会場】
新宿中央公園
【集合場所】
エコギャラリー新宿1F 入口 
【対象】
子どもから大人まで関心のある方 20名(先着順)
【解説】
日比野佳正氏(自然観察指導員ほか
【費用】
無料
【協力】
新宿中央公園自然クラブ
【チラシ】
こちらからダウンロード出来ます


6月13日 色とりどりのアジサイを楽しみました
ヤマアジサイ、シチダンカ、アマチャ、クレナイ、カシワバアジサイなど、いろいろな種類のアジサイを観察しました。色も形も違うアジサイの美しさと不思議さにうっとり。参加者のみなさんも熱心に日比野さん(ガイド)のお話を聞いていました。

【協力:新宿中央公園自然クラブ】
新宿中央公園自然クラブでは、ただいま会員を募集中です。ぜひご入会ください。お問い合わせはエコギャラリー新宿まで。

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年06月07日(日) 8:00~17:00予定 (受付7:50~集合8:00)
【会場】
東京都日の出町大久野
(集合場所:新宿駅西口 明治安田生命ビル前 貸し切りバスで往復します)
※集合前にお手洗はお済ませください。
【対象】
東京都在住の小学生と付き添いの方40名[先着順]
【内容】
毎日食べるお米は、どのように育つのかな?みんなで田植えを体験してみよう!(雨天実施)
協力:NPO法人花咲き村
【持ち物】
帽子、着替え、雨具、昼食、飲み物、タオル
※この事業は「オール東京62市区町村共同事業 みどり東京・温暖化防止プロジェクト みどり体験交流会」として実施しています。

●報告
【実施日時】
2009年06月07日(日) 8:00~16:45
【参加者数】
18家族42名(内訳 大人16名、 こども26名)
【活動の様子】
山間にある棚田のような田んぼに、稲の苗を植えてきました。最後は大人の方のご協力をいただき、無事に2枚の田んぼを完成!カエルやイモリなどのたくさんの生き物にも出会い、ゆったりとした時間を楽しみました。

田植えレッスン中。上手にできるかな?みんなで一列になって植えます
完成!!上手に出来たでしょ!?私たちが植えました!

※このイベントは終了しました

あいにくのお天気のなか、30名近い方にご参加いただきました。前半は、みなさんのゴーヤーの写真を見ながら、エコライフ推進員の土橋さんにアドバイスをいただきました。後半は輪になっての質問コーナー。コバエが発生してしまった! アブラムシの対処法は? 追肥はいつごろ?量は? といった質問のほか、おススメのゴーヤージュース(乾燥パイナップルを入れるそう♪)の紹介など、和やかな雰囲気の楽しいサロンとなりました。また、サロンには参加できないけれど・・と写真を貼りに来てくださった方もいらっしゃいました。
お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。
【協力】2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

 
ゴーヤーの写真をお持ちいただきました 写真を前に、いろいろな質問がでました
 
なごやかな雰囲気の話し合い 最初の雌花をお持ちいただきました!

※このイベントは終了しました

【実施日時】
2009年5月23日(土) 10:35~12:10
【場所】
新宿中央公園ビオトープ
【参加者数】
10家族21名(内訳 大人:11名、こども:10名)
【協力】
新宿中央公園ビオトープの会
【活動の様子】
お米ができるまでのお話を聞いた後、みんなで田んぼの代掻きと田植えをしました。大人もこどももどろんこになりながら、ビルに囲まれての田植えを楽しみました。
年内あと4回の活動があります。秋の稲刈りが楽しみです。

「お米が出来るまで」のお話今から田んぼに入ります…
上手に植えられるかな?ビルの谷間で田植えしました。


お配りしたゴーヤー苗(中長レイシとあばしゴーヤー)

4月25日~5月18日にかけ、2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクト説明会を行いました。
説明会は2部構成。午前の部は、昨年みどりのカーテンプロジェクトに参加された方のための講座、午後の部は今年からプロジェクトに参加される方のための講座です。
午前の部は、エコライフ推進員の土橋さん(4/25~30)、桐生さん(5/12)、衣川さん(5/13)、板本さん(5/18)による「土のリサイクル講座」と、外山たらさん(NPO日本コミュニティーガーデニング協会会長)を交えての質問コーナー。午後の部は、みどりのカーテンを元気に育てるコツを外山さんにお話いただきました。
7会場 午前・午後合わせて760人の方にご参加いただき、施設・事業所を合わせると1500枚を越えるカーテンができる予定です!
今後は、8月のゴーヤー料理教室、10月の土のリサイクル講座、冬には生ごみからたい肥づくりの講座も予定しており、年間を通したみどりのカーテンづくりを行ってまいります。なお、生育記録シートの提出締切日は9月15日です。お待ちしています!
当日の受付・会場にご協力いただいた2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチームのみなさま、地域のみなさま ありがとうございました。
協力:2009新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム【新宿区エコライフ推進員みどり分科会・NPO日本コミュニティーガーデニング協会・大西和也氏(?潟^ニタハウジングウェア)・坂本千晴氏・新宿区環境清掃部環境対策課・新宿区立環境学習情報センターほか】

4月25日 新宿区立環境学習情報センター

午前の部では、ゴーヤー苗2株とリサイクル材をお渡ししました午後の部の様子

4月27日 牛込箪笥地域センター

楽しく、わかりやすく説明いただいた外山さんと土橋さんみなさまのご協力により配布もスムーズでした

4月28日 落合第一地域センター

多くの方にご参加いただきました午後の部は、ゴーヤー苗2株をお渡ししました(プランターセットは後日配送)

4月30日 四谷地域センター

「土のリサイクル講座」土橋さん活発な意見の出た質問コーナー♪

5月12日 榎町地域センター

「土のリサイクル講座」桐生さん地域のみなさんにご協力いただきました

5月13日 若松地域センター

「土のリサイクル講座」での衣川さんと外山さん午前の部 リサイクル材と苗の配布の様子

5月18日 角筈地域センター

「土のリサイクル講座」板本さん受付の様子

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年5月3日(日)10:30スタート、12:00終了予定
 ※少雨決行。雨天中止。中止の場合は前日夕方に連絡します。
 ※受付は15分前から開始します
【参加費】
無料(お茶を希望される方は個人負担となります)
【集合場所】
哲学堂公園「正面口」
【案内人】
野村 晃氏(エコリーダー、西落合在住)
日比野 佳正氏(NACS-J自然観察指導員)
【散策場所】
哲学堂公園(中野区松が丘1-34-28)
【定員】20名(先着順)
【協力】新宿中央公園自然クラブ

●報告
【参加人数】
36名
※応募者多数だったため、講師の了解を得て参加者を増やしました。
【活動の様子】
西落合にお住まいの方にご紹介いただき、2009年3月に東京都の名勝に指定された「哲学堂公園」に行ってきました。国内では珍しい哲学的な意味を持つ公園と言われていますが、植物も特色のあるものが多く、90分があっというまに過ぎてしまいました。ぜひ2度、3度と足を運んでいただければと思います。

※このイベントは終了しました

目指せ!みどりのカーテン1500枚
「みどりのカーテン」とは、つる性の植物を窓の外にはわせて日差しを和らげる自然のカーテンのことです。室温の上昇を抑えることで冷房の使用を抑制し、地球温暖化防止につながります。蒸散効果(葉が水分を蒸発させる時に周囲を冷やす効果)が高く、実がなればおいしく食べられるゴーヤーを使い、新宿をみどりのカーテンでいっぱいにしましょう。
育成シート/育成写真シートはこちら

受付及び説明会は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

みどりのカーテン説明会 参加者募集!
下記説明会の1つにご参加ください(受付は往復ハガキのみとなります)。説明会には環境学習情報センターから届いた返信ハガキを忘れずにお持ちください。このハガキは苗の引換券です。
※説明会へは、お申し込み者本人がご参加ください
※説明会当日は、苗を持ちかえる袋をご持参ください
【会場】
・4/25(土)環境学習情報センター
・4/27(月)牛込箪笥地域センター
・4/28(火)落合第一地域センター
・4/30(木)四谷地域センター
・5/12(火)榎町地域センター
・5/13(水)若松地域センター
・5/18(月)角筈地域センター
【内容】
●午前(10:30~12:00)
「リピーター(昨年みどりのカーテンプロジェクトに参加した方)のための講座」
簡単にできる土のリサイクル方法を講義したあと、質疑応答を行います。『実をたくさんつけるにはどうすればよいの?』『葉に元気がなく、すぐに枯れ落ちてしまった…』などの疑問にお答えします。
☆お渡しするもの ・苗2株(当日ハガキと引換え) ・土の再生剤
●午後(13:30~15:30)
「ビギナー(今年からみどりのカーテンプロジェクトに参加する方)のための講座」
みどりのカーテンの基本的な育成方法をNPO日本コミュニティーガーデニング協会会長の外山たらさんに講義していただきます。
☆お渡しするもの ・苗2株(当日ハガキと引換え) ・プランター、土、ネット、肥料(後日郵送)
【対象】
区内在住の方、区内の事務所等を管理する方、午前・午後各回100名

※募集は4月17日に締め切りました。多数のご応募ありがとうございます。


↓チラシはこちら!

※このイベントは終了しました

みどりのカーテンプロジェクト参加者用の育成シート/育成写真シートです。
ダウンロードしてお使い下さい。

■初参加者用(ビギナー用)
育成シート(excel)
育成写真シート(word)
 ※育成シートの項目(K)の重複がございましたことをお詫びいたします。訂正し、掲載いたします。

■昨年度参加者用(リピーター用)
育成シート(excel)
育成写真シート(word)

若松地域にお住まいのNさんからの報告です。(7/8)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

柏木地域にお住まいのTさんからの報告です。(8/6)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

若松地域にお住まいのGさんからの報告です。(6/30)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

大久保地域にお住まいのA夫妻からの報告です。(8/2)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

榎地域にお住まいのMさんからの報告です。(7/7)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

若松地域にお住まいのGさんからの報告です。(6/19)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

角筈地域にお住まいのKさんからの報告です。(7/27)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

角筈地域にお住まいのKさんからの報告です。(7/7)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

戸塚地域にお住まいのWさんからの報告です。(7/8)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

若松地域にお住まいのKさんからの報告です。(7/15)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

若松地域にお住まいのTさんからの報告です。(7/30)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

落合地域にお住まいのSさんからの報告です。(7/13)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

大久保地域にお住まいのIさんからの報告です。(8/15)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

落合地域にお住まいのKさんからの報告です。(6/16)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

環境学習情報センターより報告です。(7/18)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

四谷地域にお住まいのHさんからの報告です。(7/16)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

大久保地域にお住まいのIさんからの報告です。(7/17)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

環境学習情報センターより報告です。(8/23)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

角筈地域にお住まいのOさんからの報告です。(7/16)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

箪笥地域にお住まいのK夫妻からの報告です。(7/12)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

環境学習情報センターより報告です。(6/20)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年05月23日(土)から 毎月第一土曜日午前10時半から12時
【会場】
新宿中央公園ビオトープ内たんぼ
【対象】
こどもから大人まで関心のある方10組
(4年生以下は保護者の付き添いが必要です。)
【内容】
05月23日(土) 田植え
08月01日(土) 畦の草刈り(ネズミ対策を兼ねた)
09月05日(土) ネズミ対策
10月03日(土)稲刈り・ハサ掛け
11月07日(土)田んぼの整理
【講師】
中央公園ビオトープの会
【持ち物】
タオル、帽子、着替え(更衣可)、飲み物
【費用】
無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2009年05月15日(金)必着 先着順
※定員に達したため応募を締め切りました。多数のご応募ありがとうございます。(5月6日)

※4月28日追記
このプロジェクトは通年のイベントになります。
よって、原則全5回出られる方を対象としていますのでご了承下さい。

若松地域にお住まいのTさんからの報告です。(6/5)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

落合地域にお住まいのKさんからの報告です。(8/7)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

柏木地域にお住まいのYさんからの報告です。(7/8)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

若松地域にお住まいのTさんからの報告です。(7/5)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

落合地域にお住まいのKさんからの報告です。(8/5)

【みどりのカーテンプロジェクト2009】
2009年度の「みなさんからの報告」一覧はこちら

<<続きを読む>>

※このイベントは終了しました

【日時】
2009年3月28日(土)10:00~12:00 (雨天実施)
【会場】
新宿中央公園
集合場所:新宿区立環境学習情報センター
【対象】
子どもから大人まで関心のある方 20名(先着順)
【解説】
新宿中央公園自然クラブの会員
日比野佳正氏(自然観察指導員)、野村晃氏(新宿御苑パークボランティア)ほか
【費用】
無料
【チラシ】
こちらからダウンロード出来ます

■当日の様子
花冷えのなか25名の方にご参加いただいた観察会では、見ごろの高遠コヒガンザクラや、満開の待ち遠しいヤマザクラなど、中央公園を彩るいろいろなサクラを楽しみました。また、つぼみをつけたアジサイなど、たしかな春の訪れも感じることができました。
【協力:新宿中央公園自然クラブ】
 

今回もたくさんのご応募ありがとうございました。
次は表彰作品の一覧となっております。

エコワン・グランプリ 大賞
「落合中学校とおとめ山公園の池の水の環境調査」
東京都新宿区立落合中学校生物部

個人・ファミリー部門 優秀賞
「1人の力がこんなに大きな力に」
土橋 由枝さん

「なないろ・エコアクション」
下山田ファミリー

グループ部門 優秀賞
「映像にのせて届け!アース・ビジョン地球環境映像祭」
アース・ビジョン組織委員会

「省エネ実践の主役はあなたです」
新宿マイナス6%チーム

グループ部門 チャレンジ賞
「いろいろできたよ!あんなこと、こんなこと」
新宿区立新宿中学校若草学級(特別支援学級)

事業者部門 優秀賞
「おいしい! 楽しい! エコ・クッキング」
東京ガス株式会社 中央支店

「未来を担う子どもたちへ -環境学習の支援-」
株式会社 熊谷組 首都圏支店

事業者部門 チャレンジ賞
「都心のキャンパスに憩いの場を!~都市型緑化への挑戦~」
法政大学・市ヶ谷キャンパス

(敬称略)

エコワングランプリ表彰式についてはこちら
応募概要についてはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ グループ部門 チャレンジ賞
「いろいろできたよ!あんなこと、こんなこと」 新宿区立新宿中学校若草学級(特別支援学級)

 若草学級のみなさんのチャレンジ精神には目を見はるものがあります。とっても楽しくエコ活動をしているのが伝わってきます。アイデアいっぱいのさまざまな取り組みをご紹介します。


取り組み内容
 新宿中学校若草学級では作業の時間に木工・手芸・園芸に取り組んでいます。今年度は昨年度にひき続き廃棄になった机の天板を利用したパズル作りの他、手形の小物かけや鍋敷きを作りました。また、骨が折れたりして使えなくなった傘を再利用してペットボトル入れ作り、バドミントンのシャトルを再利用し、むくろじの実を使って羽子板の羽根作り等行っています。牛乳パックの再利用も行い、太鼓のバチ入れ、カード入れ等を作りました。
 園芸では、ゴーヤの緑のカーテン、西向天神からいただいたミニトマトの栽培、ナスやトマト、チンゲンサイ、小松菜などの栽培を生徒と一緒に行い、収穫した野菜は家庭科の時間に調理して食べました。


パズル大会(総合の時間)
 作業で作ったパズルの数は合わせて18個。それぞれのパズルの難度は様々です。18個そろったパズル、頭を使って遊んでこそ有効というもの。そこで、パズル大会を開きました。各自の席にパズルを置き、順番に席を回って8分間で完成できるか挑戦しました。結果、16個完成できて優勝した生徒は「パズルに強い」と賞賛されました。この回でできなかったパズルに再挑戦の意欲を見せる生徒、休み時間に予習する生徒、机の上で組み合わせてから入れ込む生徒。もちろん座席回りに苦戦したり、パズル入れに苦戦する姿もありました。ちなみに「あじさい」、「サンタクロース」、「椿」、「レモン」などが難しかったようです。


さつまいもの収穫
 先週は、さつまいもの収穫をしました。巨大にんにくのような形をした芋から、お店で売れそうな形のいい芋までいろいろと収穫できました。つる・茎も分け、つるは展示のルーリースに変身、茎はゆがいて冷凍し、来週の調理できんぴらにする予定です。 昨年度はつるばかりが豊作だったのですが、ことしのさつまいもはぜんぶで4,537g(茎は1,550g)ありました。(H20年10月30日わかくさ通信より)


若草の野菜達1
 今週も自分のミニトマトの実がいくつなっているか数えてみました。前回、実がついていなくてがっかりした子も今回はしっかりついていました。実が少なかった苗も大きく元気になり、順調に数が増えています。すでに赤くなっているものもあり、これからの収穫が楽しみです。7月2日現在、キュウリ13本、ナス15個、インゲン29本の収穫がありました。トマトも183個実っています。にらと共に家庭科の調理実習に使用しています。(H20年6月20日わかくさ通信より)


若草の野菜達2
 今週はついに自分のミニトマトの収穫が始まりました。まだ6人の苗にしか赤い実がついてませんが、少し青臭さが残る新鮮な物を、若草農園のフルーツトマト5個と一緒にみんなでいただきました。(H20年7月11日わかくさ通信より)


これからにむけて
 捨ててしまえばゴミになってしまうものも立派な作品によみがえること、再利用できることを生徒達が自分で制作することによって実感できました。野菜作りも楽しみながら世話をし、収穫の喜びを感じることができました。こうした活動を生徒の話や学級通信を通じて家庭にも伝え、家庭でもリサイクルに対する意識を持たせることができました。3学期はひき続き、傘の布地を使ったエコバッグ作りと冬野菜の栽培を行っています。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ グループ部門 優秀賞
「省エネ実践の主役はあなたです」 新宿マイナス6%チーム

 新宿マイナス6%チームのみなさんが取り組まれてきた地球温暖化に焦点を当てた活動は、確
実に形になってきています。これからのますますの活躍に期待が高まります。


取り組み内容
 京都議定書の掲げるCO26%削減目標達成のためには、日常生活において環境保全意識の向上と、実践の定着が必要となります。そこで「ストップ地球温暖化――できることからやってみよう――」を目標に、持続的な人間社会づくりを目指し、エネルギーをたくさん使う生活から、消費エネルギーを抑える生活を選択するよう呼びかけてきました。


具体的には?
●家庭部門のエネルギー消費を減らすため、目に見えないCO2 排出を数値におきかえ排出量が計算できる、環境省発行の「えこ帳」の導入を推進した。新宿区発行「エコ・チェックダイアリー」の使用も呼びかけた。
●区内の各種イベントに必ず参加し、生活スタイルを変えるよう、きっかけづくりを提案し、グリーン購入もすすめた。


集計結果から見えてくるもの
 「めざせ! 1人1日1kg CO2削減」と銘打って、早稲田大学地球感謝祭(08/09/23)、リサイクルフェスタ(08/09/28)、戸山ふれあいフェスタ(08/10/19)にアンケートを行った。
●環境対策上良いと理解していても、経済的なものが絡んでくると実践は難しいようだ。
●待機電力の節約は多くの人に認識されている。
●家庭内のCO2削減に気付いた人は身近な所から節約を実践している。


これからにむけて
・活動4年目にして、環境保全の行動が多くの人に理解されてきたという実感があります。今後は、「買物ガイドマップ」「エコウォークマップ」作りをする予定です。
・「省エネ実践の主役はあなたです」を合言葉に、アクションを起こしていきます。その第一歩として「知っている」から「やっている」人が多くなるようにし、やったことが励みになるよう、どの位CO2削減できたか数値で読み取れる仕組みを示していきたいです。
・身のまわりで無駄な電力を消費しているところに気付き、行動する人が多くなるようにして、気付いたところからアクションを起こしやすい状況を作っていきます。
・省エネ製品を使えば得をする、また省エネ製品やサービスを考えた企業が、より成長できる社会になるような仕組みを作り、話し合いを深めていきます。
・市民がとり組みにくい、初期投資が大きくなるものについては、行政や企業の支援を求めていきます。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ グループ部門 優秀賞
「映像にのせて届け!アース・ビジョン地球環境映像祭」 アース・ビジョン組織委員会

 「アース・ビジョン地球環境映像祭」は、アジア・オセアニア・ポリネシアをはじめとする世界の環境映像と出会う場、様々な地域と文化の背景を持つ映像制作者と観客との対話、交流の場として、毎年、東京(新宿区)で開催しています。


取り組み内容
 「アース・ビジョン地球環境映像祭」は、1992年の地球サミットの年に、映像を通して地球環境について考えることを目的に、アジアで初めての国際環境映像祭として始まりました。
 2004年5月からほぼ毎月「新宿御苑インフォメーション・センター」で入賞作品の定例上映会を行なっています。入賞作品上映と同時に、作品に関連のある団体や監督などをお呼びして、お話ししていただいたり、映画の背景にある様々な情報を提供していただいています。展示やパフォーマンスとコラボレーションすることもあります。テレビやパソコンでも環境映像を観ることはできるのですが、上映会では多くの人と情報を共有できるというメリットがあります。またNGO・NPOなどで実際に活動している方々や、現場で撮影をした監督のお話を聞くと、映像をさらにリアルに感じることができます。もし、環境問題に関心が無かった人が、行動への一歩を踏み出してくれるきっかけにしてもらえたり、すでに実践している人たちの更なるアイデアを刺激できたらと願っています。


第16回地球環境映像祭の風景
  今年は3日間で約1300人の方々においでいただきました。若い人たちの参加が増えてきています。
 「生きる――セマングム干潟を救え」と「海のゆりかご――ハチの干潟を守りたい」上映後、両監督のトークセッションがありました。司会役は、「持続可能な開発」のための国際的な学生ネットワークWSC-SDの国際プロジェクト・チーム。この日のためにチームでディスカッションを重ね、当日に臨みました。トークセッションは開催中10回にもおよびました。
 海外の監督たちは寸暇を惜しんで積極的に意見交換します。なかには今後の製作活動にアイデア交換が活かされたり、協働が実現する可能性もあるのです。この映像祭がそのようなお役に立てることを、とてもうれしく思います。
 ’07年度は会場内での監督と観客とのQ&Aがなかった代わりに、作品上映後、ロビーで監督が質問に答える場をもうけました。大勢の人の前で発言するのは勇気がいりますが、誰でも気軽に質問できたためか、多くの人が聞きに来ていました。通訳ボランティアの皆さんが大活躍していたのが印象的です。
 NGO・NPO団体のブースは毎年会場を賑わせてくれます。東南アジアのクラフト販売「地球市民ACTかながわ」は、’08年度「環境映像部門」に作品応募を予定中。NPO法人循環生活研究所は、入賞作品中に登場したダンボール・コンポストの実物を展示・予約販売したところ、たくさんの予約注文が集まりました。多くの人が興味を持ってくれたようです。こんなところから環境問題が改善されていくのだと信じています。


これからにむけて
 新宿にいながらにして、世界の環境や状況が分かってしまう。知ってしまったら、何かをしなくてはいけない気がする……。それでいいと思います。考えるきっかけでもいい。そこから始めればいい。そのためのお手伝いができれば、とてもうれしく思います。今後の活動としては、参加している新宿区でのイベントや上映会に加えて、子どもたちに興味を持ってもらえるような活動を取り入れていきたいと思います。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ 個人・ファミリー部門 優秀賞
「なないろ・エコアクション」 下山田ファミリー

 家族みんなでチャレンジすれば、こんなにたくさんのエコ活動ができるんですね。資料はとてもていねいな作りで、かわいいイラストも入っていました。姉妹で一緒にがんばったのが、とてもよくわかります。


取り組み内容
 下山田家では、以前からエコ対策として、さまざまなことを実行してきました。そして、いろいろなところでその成果が実感できるようになりました。がんばったことが目に見えてわかると、もっとがんばろうという気持ちになれました。家族で取り組めば、たくさんのエコアクションができます。


主に、今年新しく始めたこと
 キッチン編?@合成洗剤をやめて、EM菌入りの石けんで食器や布巾を洗っています。?A生ゴミ(野菜くず)をコンポストに入れてEM菌を混ぜ、堆肥を作っています。?B食洗機は食器が多い時だけ使って、乾燥の前でスイッチを切るようにしています。
 洗たく編?C合成洗剤・石けん洗剤でないもので洗たくをしています。
 お風呂編?D窓にプチプチを貼って、お風呂場の温度を下がりにくくしています。?E浴槽のお湯の量を増やして、それをくんで体を洗い、シャワーは使わないようにしています。
 その他編?F省エネナビをつけてコマメに電気量をチェックしはじめました。一番暑かったころ、ランプが赤になった時は、ドキドキしました。?G「みどりのカーテンプロジェクト」を申し込み、ゴーヤを育てました。?H姉が夏休みに「エコグッズ」をいろいろ作ってくれました。?I富士山清掃活動に今年も参加しました。アスファルトや、スレートやかわらがたくさん、たくさん出てきました。?J「こどもエコ広場新宿」のメンバーになりました。


結果
 キッチン編?AEM菌入り堆肥をゴーヤにあげたら、去年より苗の数が少なかったのに、とれたゴーヤの数は多く、実も大きかったです。
 洗たく編?Cメダカが泳げるくらい安全な洗剤ですすぎも1回ですむので電気・水道代が減りました。
 お風呂編?Eシャワーのムダ使いがなくなり、お風呂のお湯で上手に体を洗えるようになりました。
 その他編?F電気代が一昨年の半分に減りました。?Gみどりのカーテンをたくさんの人に話して、来年参加する事をすすめました。?H家族全員のマイ箸ができて、出かけるたびにいつもかばんに入れています。 他にも、ゴーヤの天ぷらを作った時にキッチンペーパーの代わりに牛乳パックを開いたものを使ったり、家族全員でエコバッグを持ったりしています。もちろん、ランドセルにも入っています。植林体験もしました。桐生に行って、ケヤキの苗木を植えました。大きくなったかな? 夏休みには神田川探検もしました。主に生き物探しや水質検査が目的です。初めて入った神田川は気持ちよかったです。
 次に姉が作ってくれた「エコ・グッズ」を紹介します。
●レインコートで作ったかさ入れ(3段階の長さに変化します)
●マイ箸入れ(家族分)
●空き缶をあまった布やレースで飾り、お茶缶に
●新聞屋さんからもらったタオルの端にリボンを縫い付けおしゃれに
●古くなったバスタオルを足ふきマットに
●お父さんの薬びんは、ワイヤーとひもでかわいい花びんになりました。


これからにむけて
・姉が始めた「ペットボトルキャップ集め」をもっと学校全体に広めたいです。
・学校で「みどりのカーテンプロジェクト」に参加したいです。
・今年も「みどりの小道」環境日記を書いていきたいです。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ 個人・ファミリー部門 優秀賞
「1人の力がこんなに大きな力に」 土橋 由枝さん

 10年位前から“歩きたくなる町”を目指してコツコツと活動を始めた土橋さん。今ではいろんな人の協力が集まり、様々なことにチャレンジできるようになりました。


取り組み内容
 個人的に公園の手入れを始めたのをきっかけに、里親、サポーター制度に登録して、花壇・樹木の手入れなどを中心に活動を進めています。近所の住民のみなさんともグループを作って登録しています。しかし、活動は各自それぞれの時間で行います。こんな点も長続きするポイントかもしれません。やりたい時にやれるというのは、気分的にもいいものです。


町をアートで飾る
 町を美しくする観点から、壁画にも着手してみました。淀橋第四幼稚園の壁(門をはさんで20メートル程)に壁画を描いてみました。子供達の手形をデザインに取り入れて、新宿区のツツジをイメージしたものです。ほとんど1人でコツコツと描いていたのですが、時々区役所の方に手伝ってもらったり、仕上げの日は幼稚園のお母さん達にも手伝っていただいたりと、みんなで力を合わせて完成させることができました。


家の周りの緑化
 庭がないので壁を使って、プランター・ハンギングバスケットなどを使って工夫しながら花いっぱいにしています。角地なのが幸いしてかなり効果的に緑を増やすことができました。この影響なのか、だんだんと近所の家も花を植えてくれるようになりました。そこで近所のお年寄りの家や、管理人不在のマンションを巡って、ボランティアで花を植えるようにしました(もちろん管理会社には了解済みです)。それが功を奏したのか、今では我が家の前の通りは植木鉢やプランターでいっぱいです。散歩をする人が、わざわざ遠回りをしてこの道を通るようになったという話も聞きました。そればかりでなく、花を通じての会話が増え、今まで知らなかった人とも会話ができるようになりました。水遣りをすることで、ご近所との挨拶や会話の機会も増えたのではないかと思っています。これは防犯上もかなりの効果が期待できると思っています。


みどりのカーテン
 3年続けてゴーヤ・トマト作りをしてみました。今後のテーマは、連作障害についての対策(土作りなど)、冬期のプランター利用についての菜園作りを発信していきたいと思っています。エコ情報とともに、ブログで情報展開していくつもりです。


生ごみ堆肥の推進
 新宿区エコライフ推進員になり、そこで生ごみ堆肥について学んだことをきっかけにいろいろな堆肥作りを体験しました。発泡スチロール式、ダンボール式、落ち葉、EM、ミミズなど、勉強になり知識も増えたので、ぜひ周りに推進していこうと思っています。たくさん作ってご近所に分けたり、公園で利用したりもしています。


これからにむけて
 今後は、公園をもう少し使いやすくすることを考えていきたいと思っています。公園関係の件は区役所の方達に助けられながら進めています。感謝の気持ちでいっぱいです。また、壁画を増やしていきたいという思いもあります。現在、小滝橋通りの大きいガード下にと考えているのですが、JRの許可が難しいようです。しかし、このように地域の人やボランティアの方達の力で創り上げていくものが増えたら楽しいのでは、と思います。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成20年度新宿エコワン・グランプリ 大賞
「落合中学校とおとめ山公園の池の水の環境調査」 東京都新宿区立落合中学校生物部

 新宿区立落合中学校生物部の皆さんは、おとめ山公園の水質調査を通じて、環境破壊の怖さや自然の大切さを日々実感しています。この取り組みはAABE(Asian Association for Biology Education)でも発表されました。


取り組み内容
 2002年~2008年12月現在まで継続して、落合中生物部の生徒が毎月3~5日、学校とおとめ山公園の水の環境について調べています。具体的には、学校の池・プール・おとめ山公園ホタル舎・湧水の流れに従った上流~下流にかけての4地点の水質(水温、pH、COD、NH4、NO2、NO3、ClO、PO4)のパックテストによる調査、その地点付近で採集した水中の小さな生物の調査を行い、データを蓄積しています。そのことから、地域の環境保全、ホタルの飼育や鑑賞会への協力などを行っています。


ケイソウの属レベルの同定
 水中の微生物調査で得られたデータの中で、特にケイソウを取り上げて、種類と大きさを比較して記録しています。ケイソウとは
・ケイ酸質の殻をもつ単細胞生物
・多くは単独で生活する
・中には群体(集まった物)で生活するもの
・海、川、池など水域に多く生活
・中には土壌中などでも生活
・世界で約20000種
・出現種から環境がわかる
 以上のような特徴があります。ケイソウについては顕微鏡写真を撮影して、専門家・東京学芸大学生物学科 真山茂樹准教授に属レベルで同定を依頼しました。これらの写真は厚紙に貼り付けて、実物写真図鑑としています。現在はこの図鑑と比較しながら、顕微鏡で観察したケイソウを属レベルで同定しています。その結果、学校の池から9属、おとめ山公園の池からは14属を確認しました。その中には稀少種もあり、おとめ山公園の環境の自然度がいかに高いかということが分かりました。


絶滅危惧種(レッドデータブック?T類)のニホンカワモヅクを発見!
 この藻は冬期に成体(配偶体)が見られ、2003年には公園内の小川や池のかなり広い範囲に自生しているのが確認されました。そこで配偶体の出現と消失の時期及び配偶体上に見られる受精毛、精子、果胞子体などの出現時期を観察して記録したところ、03年には調べた5地点のうち、上流からの3地点まで生息が確認できましたが、04年冬期は湧水が枯渇してしまい、1地点にしか生息は見られませんでした。06年1月現在、配偶体は見られていません。また、近く区役所による大規模な公園の改修計画の話があり、これからこの藻が自生できるような環境が維持されていくのか大いに危惧されます。この藻や公園内の環境保護を訴えていく必要性を感じています。


生徒の声
 私は、地球はバランスをとっているから、私達は生きていられるんだなと思った。どれか一つの働きでも欠けてしまったら、地球がほろびてしまうと思う。そうならないためにも人間はもっと環境に気を使うべきだと思う。
 カビとかは今まではいなくなればいいと思っていたけれど、今回勉強してみてとても大切なものなんだとわかってよかったです。これ以上人間の手でうまくいっているサイクルをこわしたくないと思いました。
 自然界は自分が思っている以上に、広く大きいしくみだと思いました。自然界をこわしている人間に少しイラだちを覚えました。


これからにむけて
 地域の水の環境を調べて、おとめ山公園の環境がいかに貴重で、いかに保全していく必要があるか、ということが明確になりました。おとめ山公園には、ホタルも、珍しいケイソウも、ニホンカワモヅクも生きています。いま、地元地域がどういう状況にあり、それをどう守っていくか、落合中では中3クラスで毎年、この問題を理科の授業で取り上げ、みんなで考えています。今後は地域の人たちにも呼びかけ、この大切な自然を守っていこうと思っています。


パネル(pdf)のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

☆当日の様子を更新しました。(09.03.21)

【日時】
2009年3月14日(土) 13:00~16:30
【場所】
新宿区立牛込箪笥地域センター(新宿区箪笥町15)
【内容】
13:00~14:20
 エコワン・グランプリ表彰式、受賞者による発表
 新宿エコ自慢ポイント上位者表彰、みどりのカーテンプロジェクト表彰・省エネナビ努力賞表彰
14:20~15:10
 講演「テレビジャーナリストの見た環境問題」
休 憩
15:20~16:20
 環境白書を読む会シンポジウム
 ~区の環境施策の取り組みの成果と今後の課題~
 パネリスト予定 区長・石澤氏・崎田氏・環境対策課
 エコワン・グランプリ受賞者など
【講演会について】
 講演「テレビジャーナリストの見た環境問題」
 講師:石澤 清史氏(名古屋学芸大学客員教授・元NHKプロデューサー)

【主催】
新宿区
【問い合わせ先】
新宿区立環境学習情報センター

 地球温暖化をはじめとして、地球はいま、さまざまな問題をかかえています。今こそ、地球を救うために、私たちが身近でできることを考えていかなければなりません。
  区では、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」を行い、多数の応募作品がありました。その中から、エコワン・グランプリ大賞、区民・ファミリー部門、グループ部門、事業者部門の受賞者が決まりました。
 上記の内容で表彰式を開催しますので、ぜひご来場下さい。皆様で是非とも様々な取組みを共有していただければありがたいです。

 【関連リンク】
エコワン・グランプリについてはこちら
エコ自慢ポイント上位者の表彰について

【当日の様子】

表彰式石澤氏による講演会
受賞者による発表
作品展示の様子
環境白書を読む会会場の様子
壇上の花は参加者に配布しましたベジタブルコスモ様より提供頂いた野菜を配布

※このイベントは終了しました

「毎日家庭から出る生ゴミを利用して、何かできることはないかな?」
みなさんのそんな疑問にお答えする講座です。
生ゴミを堆肥としてよみがえらせて、資源を循環させよう!

【日時】
2009年3月13日(金) 13:00~15:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター研修室
【内容】
ダンボールコンポスト・アフター講座(3月13日開催)
堆肥実践者は約1合(ひとつかみ程度)の堆肥をご持参下さい。
堆肥づくりを経験しての疑問や不安を解消します。
Q&A、堆肥の熟成方法や使い方の講座です。
初心者の方も参加OK。<持ち物>堆肥ひとつかみ・筆記用具
【対象】
興味関心のある方10名(追加募集します!)
【講師】
NPO法人循環生活研究所
 理事長  波多野 信子 氏
 事務局長 たいら 由以子 氏
【費用】
無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、ハガキかFAX、メールフォームにてお送り下さい。
【応募締切】
2009年3月6日(金)必着
※申込多数の場合は先着順

※講座は終了しました。

※このイベントは終了しました

「毎日家庭から出る生ゴミを利用して、何かできることはないかな?」
みなさんのそんな疑問にお答えする講座です。
生ゴミを堆肥としてよみがえらせて、資源を循環させよう!

※09.01.30 第二回の講座の時間が変更になりました。
ご参加の方は必ずご確認ください

【日時】
2009年2月12日(木) 10:00~12:00
2009年3月13日(金) 13:00~15:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター研修室
【内容】
ダンボールコンポスト講座(2月12日開催)
家庭から出る生ゴミをベランダで簡単に堆肥にできます!ダンボールコンポストは、
臭いが少なく手軽にできる方法として,この数年注目を集めている方法です。
堆肥づくり45年の主婦が工夫と改善を繰り返し、更に取り組みやすくなりました。
そのNPO法人循環生活研究所による講座を開催します。<持ち物>筆記用具
ダンボールコンポスト・アフター講座(3月13日開催)
堆肥実践者は約1合(ひとつかみ程度)の堆肥をご持参下さい。
堆肥づくりを経験しての疑問や不安を解消します。
Q&A、堆肥の熟成方法や使い方の講座です。
初心者の方も参加OK。<持ち物>堆肥ひとつかみ・筆記用具
【対象】
興味関心のある方20名
【講師】
NPO法人循環生活研究所
 理事長  波多野信子 氏
 事務局長 たいら 由以子 氏
【費用】
無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、ハガキかFAX、メールフォームにてお送り下さい。
【応募締切】
2009年2月9日(月)必着
※申込多数の場合は先着順
満員御礼のため応募は締め切りました。

※このイベントは終了しました

 


【日時】
2009年2月13日(金)2時から4時
【会場】
新宿区立環境学習情報センター研修室 
【対象】
興味関心のある方20名(応募者多数の場合は先着順)
【講師】
NPO新聞環境システム研究所 理事 加来 睦博(かく むつひろ)氏
【内容】
紙の話、ペパバックづくり、新聞の上手な束ね方教室、新聞収納袋作り
【費用】
無料
【持ち物】
新聞の朝刊一日分
【申込み】
住所・氏名・年齢・連絡先を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
応募締切 2009年2月6日(金)
満員御礼のため、募集を締め切りました。

※このイベントは終了しました

☆たくさんのご応募ありがとうございました。
表彰式の概要・当日の様子はこちら
表彰作品の紹介はこちら

【募集内容】
  (1)「個人・ファミリー(家族)」、「グループ(区民団体)」において、各家庭や地域における、自然保護、省エネルギー・省資源、ゴミの減量など環境にやさしい暮らしの実践のうち、他の模範となる優れた取り組みを募集します。
  (2)「事業所」において、地球温暖化防止のために、事業所で省エネルギー・省資源に取り組み、環境経営を実践し、他の模範となる優れた取り組みを募集します。

【対象者】
  (1)区内で活動する「個人」・「家族」及び「区民団体」、(2)区内に事業所を有する事業者

【対象となる活動】
  (1)自然の保護、緑や水辺の創出などの活動、(2)省資源・省エネルギー、(3)ゴミの減量化・リサイクル 、(4)環境学習の推進 、(5)その他環境保全や地球温暖化防止に関して有効な活動
  
【応募方法】
  (1)応募用紙に必要事項をご記入の上、写真、新聞記事、報告書等、活動の実績をアピールする資料を裏面もしくはA4版の台紙に添付(必要な場合のみで結構です)して送付してください。なお、送付していただいた書類等はお返しできませんので、あらかじめご了承ください。
  (2)自らが応募するか、推薦者が応募をしてください。

【応募期間】
   平成20年10月1日(水)~20年12月25日(木)(当日消印有効)

【表彰】
○「個人・ファミリー部門」、「グループ部門」、「事業者部門」のそれぞれに下記の賞を設けて表彰する。

区長賞(新宿エコワン・グランプリ大賞)1件賞状及び副賞
優秀賞(各部門ごと)2件賞状及び副賞
チャレンジ賞(各部門ごと)若干賞状及び副賞

○今年度から下記の特別賞を設け、表彰する。
特別賞(みどりのカーテン賞)賞状及び副賞
特別賞(エコ自慢ポイント賞)賞状及び副賞
特別賞(省エネナビ活用による省エネ賞)賞状及び副賞

※「新宿エコワン・グランプリ賞」を受賞された個人・ファミリー、グループ、事業者は、表彰式にて内容を発表していただいたり、新宿区ホームページに掲載するなど活動を紹介させていただきます。

【表彰の方法】
   「新宿エコワン・グランプリ賞」は、各受賞者へ通知を行った上で、改めて表彰式で賞状及び副賞を授与します。

【表彰の時期・場所】
   平成20年3月14日(土)予定 、場所:新宿区立牛込箪笥地域センター 予定

【主催】
   新宿区

【コンテスト応募・問い合わせ先】
   新宿区立環境学習情報センター

応募用紙はこちら(Excel)
ポスターはこちら(pdf)

新宿エコワングランプリ2007 受賞者・優秀作品紹介

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年12月6日(土)10:00~12:00 (雨天実施)
【会場】
新宿中央公園
集合場所:新宿区立環境学習情報センター
【対象】
子どもから大人まで関心のある方 20名(先着順)
【解説】
新宿中央公園自然クラブの会員
日比野佳正氏(自然観察指導員)、野村晃氏(新宿御苑パークボランティア)ほか
【費用】
無料
【内容】
オオバコやチヂミザサ、ヤブタバコといった、動物に依存して種子などを散布する“ひっつきむし”や、種髪(裂開する実の種子を飛ばすためにある毛)が朱肉に使われるというガガイモなど、おもしろい性質のタネを観察しました。また、よいお天気にも恵まれ、中央公園の紅葉も楽しみました。

 
富士見台にて。紅葉も見事です
ガガイモ

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年10月21日(火) 13:30~15:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
みどりのカーテン生育後の土のリサイクル方法を学びます。汚れてもよい服装でお越しください。
【講師】
外山たら氏(NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会 会長)
【対象】
新宿区内在住・在勤・在学の方 30名
【費用】
無料
【持ち物】
軍手・手ふきタオル
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、ハガキかFAX、メールフォームにてお送り下さい。
【応募締切】
2008年10月18日(土)必着
※申込多数の場合は先着順
※応募定員に達したため、募集を締め切らせていただきます。


※今回、希望者が多かったので、11月2日に行われます新宿食育とエコの祭2008(第二回エコライフ祭り)で再度行うことになりました。場所は、四谷区民センター11階、時間は午前11時~ と 午後1時~です(各回同内容、所要時間:約1時間)。ぜひご参加ください。  ※なお、人数に制限がございます。

10月21日に行われた「土のリサイクル方法を学ぼう!」には、総勢39名の方にご参加いただき、会場は熱気ムンムン。土のリサイクル方法のミニレクチャーのあと、6グループに分かれて実習を行いました。また、質問コーナーでは、「実が大きくならなかった」「葉が黄色くなってしまった」など、今夏「みどりのカーテン」に実際に取り組まれたみなさんならではの具体的な質問が多数寄せられ、外山さんから丁寧な回答をいただきました。
協力:NPO日本コミュニティーガーデニング協会
エコライフ推進員みどりの分科会


講師の外山たら氏
(NPO日本コミュニティーガーデニング協会 会長)

?@プランター内の土と鉢底石を分け、土の中の根などを取り除きます。
 
?A苦土石灰120g(40Lの用土に対して)を混ぜ、
黒のビニール袋に土を入れます。
?B土が湿る程度の水を加えます。
 
?C黒ビニール袋の口を閉じて平らにし、このまま太陽光に当てます(裏表)。秋から冬なら2~3週間で袋内の病害虫は死滅・殺菌できます。


【来年植え付け前に行うこと】
?Cの土は、肥料分がなくなり、30-35Lに目減りしています。
そのため、新しい栄養分のある土を補給する必要があります。腐葉土3:赤玉土4:堆肥3の割合でブレンドしたもの、あるいはリサイクル用土を目減り分補給し、元肥を施しましょう。そして、元肥を施してから2週間以降に苗の植え付けを行いましょう。

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年10月6日(月) 13:00~16:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター2階
【対象】
新宿区在住、在勤、在学の方15名
【講師】
千田マサコ氏(布工房 布礼あい)
【費用】
500円(ただし、芯を持参する方は100円)
【内容】
古布を活かしてベストを作りました。


 

※このイベントは終了しました

新宿みどりのカーテン便り3
2008年09月30日発行 発行元:新宿区立環境学習情報センター

秋の気配を感じるこのごろですが、いかがお過ごしですか?
センターのみどりのカーテンは、だいぶ黄色い葉が目立つものの、小さな小さな実をつけています。
さて、9月に入ってから続々と届いている「生育記録シート」の提出期限は、10月18日(土)です!多くのみなさまからのご報告、お待ちしております。
また、11月2日(日)「オーガニックスマイル-第2 回新宿エコライフまつり-」(会場:四谷地域センター10:00~16:00)では、生育記録シートのご紹介とともに、ゴーヤー談義に花を咲かせる『ゴーヤーサロン』を行います。お誘い合わせのうえ、ぜひ会場に足をお運びください。

→ダウンロード・内容を見る(pdf)

バックナンバー
カーテン便り1はこちら(pdf) (2008年06月30 日)
カーテン便り2はこちら(pdf) (2008年08月04 日)

※このイベントは終了しました

新宿中央公園で秋の七草を見つけよう!

【日時】
2008年09月27日(土) 午前10~12時(雨天実施)
【会場】
新宿中央公園
集合場所:新宿区立環境学習情報センター
【対象】
子供から大人まで関心のある方 20名
【内容】
新宿中央公園で草花の観察しながら、秋の七草(ハギ・ススキ・クズ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウ)を見つけてみませんか?

解説:新宿中央公園自然クラブの会員 
日比野佳正氏(自然観察指導員)、野村晃氏(新宿御苑パークボランティア)ほか
【費用】
無料
【持ち物】
帽子、飲み物
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい(先着順)
【応募締切】
2008年09月24日(水)必着 
※終了しました。

8月14、15、21、22日に行われたゴーヤー料理教室には、総勢101名の方にご参加いただきました。
高山先生の豪華スペシャルメニューは、ゴーヤージュース、チャンプルー、おひたし、ちらし寿司、そして天ぷら!葉っぱやワタの天ぷらは大好評でした。また、ヘチマの炒め物や和え物もいただきました。会場からは、「おいしい!」「びっくり!」「レパートリーが増えた」などの声があがりました。
今回は、ご自宅のゴーヤーを持ち寄っての料理教室ということで、48センチに育ったゴーヤーや、干ゴーヤー(「小さいので乾燥させてみました」とのこと)など、それぞれのゴーヤーを前に、ゴーヤー談義に花が咲きました。そして、ウリトモ(ゴーヤーについて話し合う友達)の環も広がったのではないでしょうか?!

協力:エコライフ推進員みどりの分科会、各地域センター高齢者給食関係者

→イベント詳細はこちら

8月14日(木)牛込箪笥地域センター

記念にパチリ

苦味も爽やかな
ゴーヤジュース
いただきます


8月15日(金)落合第一地域センター

料理開始!15合炊きました

落一のゴーヤーが勢ぞろいできました


8月21日(木)柏木地域センター

柏木のゴーヤーです調理中

中山区長がお見えになりました区長を囲んでの試食です


8月22日(金)大久保地域センター

干しゴーヤーなんと48cm

ゼリーの上には赤いゴーヤーの
種が1粒。甘いんです
班ごとの試食です

※このイベントは終了しました

みなさんのお宅のみどりのカーテンの育ち具合はいかがでしょう。
このたび、ゴーヤの料理教室を開催することとなりました。
新しいゴーヤの味を体験してみませんか?ご参加お待ちしております。

【対象】
ゴーヤで「みどりのカーテン」をつくっている方

【日にち・会場】
?@8月14日(木)牛込箪笥地域センター
?A8月15日(金)落合第一地域センター
?B8月21日(木)柏木地域センター
?C8月22日(金)大久保地域センター

【時間】午前10時~12時(受付は午前9時45分~)
【講師】高山厚子氏(元板橋区立金沢小学校校長)
【募集人数】各日20名(先着順)
【費用】300円(材料費)
【持ち物】ご自宅でできたゴーヤ・エプロン・三角巾・手ふきタオル
【メニュー】スペシャルなゴーヤ料理

【申込方法】
「〇月〇日 〇〇会場の料理教室を希望」,住所・氏名・年齢・性別・連絡先・を明記の上、Fax、またはこちらからお申込下さい
※応募は締め切りました。たくさんのご応募 ありがとうございました。

→当日の様子(報告)

※このイベントは終了しました

新宿みどりのカーテン便り2
2008年8月4日発行 発行元:新宿区立環境学習情報センター

夏本番!暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
先日の説明会にご参加いただいたみなさんはご存じのように、新宿区では、地球温暖化防止に向けて
踏み出そう!の呼びかけのもと、「新宿に1000 枚のみどりのカーテンをつくろう」というプロジェクトに取り組んでいます。センターでは、6 月7 日に植えたゴーヤーに実がつきました。
最近「地域でのコミュニケーションが増えた」「ゴーヤー談義に花が咲いています」など、うれしい声が届くようになりました。ご近所に「みどりのカーテン」について話し合うお友達(ウリトモ)はいらっしゃいますか?

→ダウンロード・内容を見る(pdf)

バックナンバー
カーテン便り1はこちら(pdf) (2008年6月30 日)

当日の様子

 
 
 
 


アンケート結果報告

●今日の講座への参加目的をお聞かせください。
・エコのことを子供に教えたかった
・毎日の料理でどのような事がエコにつながるのか知りたかったので
・娘と一緒に料理をしたかったので
・エコに興味があるから
・子供が料理に興味があり、参加した
・親子が一緒にお料理を体験できる機会を探していた(親子のふれあいのよい機会)
・親子のふれあい
・エコの勉強
・料理のレパートリーの開拓
・メニューが美味しそうだったから
・子供が学校でエコについて学んでいるので、関心があり勉強になると思ったから
・クッキングをやりたいから
・子供が料理に興味を覚え、家でなかなか教える機会も少ないので、こういう親子料理の企画はとても楽しみなので、参加したいと思いました
・料理がすきだから

●感想をお聞かせください。
・おいしい料理を教わったから。CO2排出量がわかり、いかに工夫するかがわかった
・子供にも理解しやすいエコの話だったから。レシピも解り易くてよかった
・家で作るよりも簡単だった
・子供にとってとても良い経験になったので。またごはんもおいしかったです!!
・エコについて身近でできる事が発見できた。お料理がおいしかった
・ガス・水のメーターをチェックしていただき、使い方の意識を考えさせられました
・親子で楽しく仲良くおいしく参加できました
・ライスバーガーなど、今まで作った事の無い物を作れてよかった。エコに料理をできて、とても楽しかったです
・おいしく楽しく身近でできるエコ。とても目的にあっているメニューで、子どもにとっても環境について考えるきっかけになったと思います

●ご意見等、ご自由にお書きください。
・漠然と「エコ」と知っているだけで、どのように取り組んでいったら良いのか、娘と一緒に考える良い機会となりました。ありがとうございました。
・事前説明はくわしく、わかりやすかった。反面、小1(低学年)には、やや難しく、もう少し工夫が必要かと思う。しかし参加者が小1~中1と幅広く、やむを得ないか
・またさんかしたい!
・またこうした会がありましたら、ぜひ参加したいです
・小学校に出張して、この様な授業をしていただけるとうれしいです
・とても楽しく、なるべく親が手を出さないようにしました。また参加させて頂けると嬉しいです
・小学生用の料理教室が多いんですが、中学生用の料理教室を作ってほしいです。ありがとうございました
・本当にたのしかったです。家で父と娘にも、今日参加した息子と一緒に再現してあげたいと思います。これからも企画のほう、お願いいたします

※このイベントは終了しました

【日時】
7月27日(日) 10:30~13:30(10:15受付開始)
【会場】
東京ガス新宿ショールームクッキングスタジオ
(新宿区西新宿3-7-10)
【募集人数】
親子で15組30名小学生以上
【内容】
親子で料理を楽しみながら省エネに挑戦!
【費用】
親子一組 2500円
当日受付でお支払いただきます。
【持ち物】
エプロン、三角巾、手拭、筆記用具
【メニュー】
ライスバーガー、カントリー風サラダ、フルーツゼリー
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年07月17日(木)必着

ポスターのダウンロードはこちら(word版)

※このイベントは終了しました


【日時】
2008年07月22日(火)13:30~15:30
【会場】
エコギャラリー新宿
【対象】
子どもから大人まで 25名まで
【内容】
絵手紙を書いてみましょう。
講師:古屋恭子氏(絵手紙講師)
【費用】
500円 当日受付でお支払いただきます。
【持ち物】
ぱれっと、絵の具、筆
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【申込締切】
2008年07月18日(金)必着
※応募者多数の場合は抽選になります。

~自然の恵みに感謝し、生活を彩り、豊かに~

絵手紙体験を実施しました。
写真は作品の一部です。

新宿区では、地球温暖化防止に向けて踏み出そう!の呼びかけのもと、「新宿に1000枚のみどりのカーテンをつくろう」というプロジェクトに取り組んでいます。これまでに、区民のみなさまからは653件、学校や公共・私立施設、事業所等の申し込みを合わせると1400枚のカーテンができる予定です! →詳細はこちら

柏木地域
・Kさん 【1】 【2】 【3】
・Hさん 【1】
落合地域
・Kさん 【1~】 【6~】
【11~】 【15~】
若松地域
・Gさん 【1~】 【6~ 】
・Tさん
【1~】 【6~】 【11】
・S姉妹 【1】
・Mさん 【1】
四谷地域
・Nさん
【1】 【2】 【3】 【4】
大久保地域
・Iさん 【1~ 】 【4】
エコライフ推進員
先発部隊で植え付けした
ゴーヤです。
・Tさん 【1】 【2】
・Kさん 【1】
・Iさん 【1】
学校
・H大学 【1】
番外編
・たらさん 【1】
みなさんからのご報告、お待ちしております。 育成記録シートはこちら

新宿区では、地球温暖化防止に向けて踏み出そう!の呼びかけのもと、「新宿に1000枚のみどりのカーテンをつくろう」というプロジェクトに取り組んでいます。ご存じのように、みどりのカーテンとは、窓や建物の外側に、つる性の植物をネットにはわせてつくる「植物のカーテン」のこと。土から吸い上げた水分を葉が蒸散させることで、まわりの温度を下げて涼しい空気をつくります。
このプロジェクトの説明会が5月12日~6月7日にかけて9回行われました。説明会では、「プロジェクトの主旨と流れの説明」「みどりの先輩・エコライフ推進員からのお話」「みどりのカーテンの効果とゴーヤの育て方についての講習」「生育記録シートの書き方等についての説明」「プロジェクト申込用紙・プランター希望者の宅配用紙への記入」そして、「ゴーヤ苗の配布(1件につき2株)」を行いました。
当日の模様をご紹介します。

ご参加いただいたみなさま ありがとうございました。

 
5月12日(月)落合第一地域センター/5月13日(火)柏木地域センター

 
5月14日(水)若松地域センター

 
5月15日(木)消費生活センター/5月16日(金)四谷地域センター

 
5月19日(月)新宿区立環境学習情報センター/5月28日(水)箪笥地域センター

 
6月5日(木)榎町地域センター/6月7日(土)新宿区立環境学習情報センター

これまでに、区民のみなさまからは653件、学校や公共・私立施設、事業所等の申し込みを合わせると1400枚のカーテンができる予定です!
今後は、ゴーヤの料理教室の開催や「新宿エコライフまつり(11月2日に四谷地域センターにて開催)」でのみどりのカーテン報告会、また3月14日(土)「第2回 新宿エコワングランプリ」での「みどりのカーテン特別賞」の表彰・・・などを予定しています。
みなさんのお宅のゴーヤの生長を楽しみにしておりますとともに、ご報告をお待ちしております!(生育記録シートの提出期限は10月18日(土)です)

ダウンロードはこちらより
●生育記録シート(PDF)(EXCEL
●生育記録シート・写真用(PDF)(WORD
●みどりのカーテン便り1(PDF

みなさまからお送りいただいた474枚(11月1日付)生育記録シートは、11月2日「食育とエコのまつり」にて展示させていただきました。たくさんのご送付 ありがとうございました。

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年06月07日(土) 午後1時~3時(雨天実施)
【会場】
新宿中央公園
集合場所:新宿区立環境学習情報センター
【対象】
子供から大人まで関心のある方 20名
【内容】
新宿中央公園の自然観察会を開きます。
解説:新宿中央公園自然クラブの会員 
日比野佳正氏(自然観察指導員)、野村晃氏(新宿御苑パークボランティア)ほか
【費用】
無料
【持ち物】
帽子、飲み物
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2008年06月05日(木)必着

※このイベントは終了しました

新宿を冷やそう! 新宿「みどりのカーテン」プロジェクト
新宿を「みどりのカーテン」でいっぱいにしよう
~地球温暖化防止に向けた一歩を踏み出そう!~

窓辺にゴーヤ等のつる性植物を植えて「みどりのカーテン」をつくり、夏季の冷
房の使用を抑え、省エネを実践しましょう。
ご協力いただける方には、苗・プランター・土・ネットを支給します。
下記で開催する説明会にご参加ください。当日は、申込書を提出された方1件に
つきゴ―ヤの苗2株をお渡しします。

<対象>
区内在住の方
区内の小規模施設(事務所等)を管理する方
(地域のお手本になってくださる方を募集します。)

<説明会>
午後2時より
5月12日(月) 落合第一地域センター
13日(火) 柏木地域センター
14日(水) 若松地域センター
16日(金) 四谷地域センター
28日(水) 箪笥地域センター
6月 5日(木) 榎町地域センター


午後6時より
5月15日(木) リサイクル活動センター
19日(月) 環境学習情報センター

詳しくは下のPDFをご覧下さい。

※このイベントは終了しました

「新宿中央公園自然観察会」
初春の新宿中央公園で高遠コヒガンザクラを楽しもう!

【日時】
2008年03月29日(土) 10:00~12:00(雨天実施)
【会場】
新宿中央公園 (集合場所:新宿中央公園内エコギャラリー新宿前)
【対象】
子どもから大人まで関心のある方 20名(先着順)
【解説】
新宿中央公園自然クラブ会員
日比野佳正氏(自然観察指導員)・野村晃氏(新宿御苑パークボランティア)ほか
【持ち物】
帽子、飲み物
【費用】
無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年03月26日(水)必着

※このイベントは終了しました

~全員参加で身近な取組みを長続きさせる仕組み~
 省エネルギー活動をはじめとする環境活動は、一人ひとりの意識と行動が重要です。ところが、企業人全員が高いモチベーションで活動に取組むのは、なかなか難しいことです。このセミナーでは、誰でもできるはずのエコアクションを引き出す仕組みをご紹介します。
 省エネにこれから取組む事業者の方にも、すでに取組んでいるが効果が上がらない事業者の方にもぜひ聞いて頂きたいセミナーです。

【主な講演内容】
 ・地球温暖化の」現状解説
 ・CO2排出量の算出体験 注)計算機を持参して下さい。
 ・省エネ活動で削減できるCO2とその効果
 ・省エネ活動を継続させる仕組み(エコモチベーション体験)

主催:新宿区立環境学習情報センター
共催:新宿区エコ事業者連絡会

日時:2008年3月28日(金)14:00~16:00
定員:30名(先着順に申込みを受付けます)
講師:浅井豊司 ?潟tルハシ環境総合研究所 東京事務所長
    上野友紀子 エコモチ事務局長
会場:新宿区立環境学習情報センター2階研修室
お申し込み・お問い合わせ
新宿区立環境学習情報センター
〒160-0023 新宿区西新宿2-11-4 新宿中央公園内
電話:03-3348-6277 FAX:03-3344-4434
E-Mail:info@shinjuku-ecocenter.jp

平成19年度新宿エコワングランプリ 区民・ファミリー部門 優秀賞
「家計にもプラス、省エネ行動でCO2削減」 秋野 鐵好さん

秋野鐵好さんは、新宿区を過ごしやすいまちにしたいと、区内のまち美化(ごみ、放置自転車、たばこのポイ捨て)に努めてこられました。エコライフ推進員としても活躍されています。

取組み内容
●省エネナビの導入
エコライフ推進員としてCO2排出量削減行動のきっかけとして平成18年8月に省エネナビを導入しました。省エネナビは目標設定値をオーバーすると赤くランプが警告するため、日々確実に省エネを実践するようになりました。

●「自分にやれることは、後戻りをしないこと」
冷暖房や電気機器の温度設定、プラグをコンセントから抜くこと、電源のON・OFFに始まり、テレビは番組を選択してみるなど、家庭の中でできる省エネをたくさん見つけて実践しています。家庭にある電気で動く製品を数えてみると、75個もありました。しかし常時電源を入れておく必要性のあるものは、冷蔵庫、電話機、ドアホン等の数個でした。確実な省エネの効果が発揮され、省エネナビ導入前に比べ年間電気使用量約13%、CO2削減量-214kgを達成しました。

●エコ活動の輪を拡げる
自分だけが省エネやエコ活動に従事するのではなく、関係する諸団体や友人・知人に省エネに取り組む様子を聞くと、うれしく頼もしく思います。新宿区では省エネやみどりを増やす活動を推進していますが、区民一人ひとりが活動に参加し、日々できることを実践することが大切です。

これからにむけて
今まで以上に省エネやまち美化に取り組み、新宿区に施策にもある緑を増やす活動を実践しようと考えています。そして身近な人にエコ活動の輪を拡げて、1人でも多くの人に、一つでも多く省エネ活動を継続して取り組んでもらえるよう呼びかけていきます。

パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成19年度新宿エコワングランプリ 区民・ファミリー部門 優秀賞
「環境にやさしい家づくり」 渡辺さん

渡辺さんは、お住まいの地区でごみの減量やリサイクルに取り組まれてきました。エコライフ推進員や新宿区のリサイクルを考える会会員として、広く新宿の中でリサイクル活動に従事されてきました。

取組み内容
●エコ住宅を建てる決意
新築を建てる際、エコ住宅を建てようと考え、”環境にやさしい”住宅展示場へ出かけて情報集めに努めました。なるべく土地の特徴を活かした家を建てたいと、敷地内にある井戸を利用して井戸水と雨水に貯水槽を作りました。太陽光パネルや屋上緑化についても調べ、東京都のクールルーフ助成制度を利用し、総工費の半額を助成してもらいました。

●引越しでリユース・リサイクル
依然住んでいた住宅から引越しをする際、いらなくなった家具や布の記事を友人に譲ったり、新宿リサイクル活動センターにリサイクル製品として提供したりと、なるべくごみを出さないように工夫をしました。家具以外にも空調やトイレの設備業者の方にリユースできる備品を提供し、普段のごみ減量活動を引越しでも実践しました。

●自然の力で住み心地のよい家
家では、太陽の力で発電し、南北の開口部で部屋に風を通し、屋上では雨水を利用して緑を育てています。季節毎に自然の力を最大に活かし、夏は風さえあれば冷房は不要、冬もたいてい床暖房で過ごすことができます。大切なことは、自分のライフスタイルにあうエコの要素を見極め、取り入れることです。暮らしやすく、また、エコロジー(環境)とエコノミー(経済)にやさしい家で、毎日生き生きと生活しています。

これからにむけて
子ども世帯と協力し、屋上で有機野菜の栽培を予定しています。春には緑が美しい屋上で苗植え、夏には芝生の上でバーベキューなど、自然に囲まれた家族の団らんが楽しみです。みどりのカーテンを作ることにもチャレンジし、よりエコな暮らしを送りたいです。

パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成19年度新宿エコワングランプリ グループ部門 優秀賞
「まちが大好き、だから、まちをきれいにしたい」 NPO法人環境まちづくりネット

NPO法人環境まちづくりネットは、日本有数の繁華街である新宿の路上に吐き捨てられたガムに着目し、それをきれいに、そして安全に除去する活動を行っています。誰もが気持よく過ごせるまち「新宿」をめざして、ガムを剥がしに日々まちにくり出しています。

取組み内容
新宿通り沿いは、たくさんの店が並び、多くの人が行きかう活気あふれる繁華街です。しかし、街路には吐き捨てられたガムが黒くこびりつき、通行人から苦情がでることもあり、長い間、商店街の悩みの種でした。このガムを剥がそうにも、時間と手間がかかるだけでなく、除去するのにアスファルトをも溶かすような化学物質を含んだ強い成分の溶剤を使うなど、人体に対する負担や安全性、環境に対する影響といった問題が懸念されていました。しかし、「誰かがこの問題に取り組まなければ、一向に解決することはない」と思い、当団体は「歩きたくなるまち、新宿」をキャッチコピーに掲げ、筑波大学と提携して、人体や環境に悪影響を及ぼさない除去溶剤や、立ったままガム取り作業が行える「ガム取り棒」を開発しました。

●ガム取り作戦!
平成18年より、新宿やその周辺地域で、毎週定期的にガム取り活動を行っています。毎週月・金曜日は、「東京マラソン」コースの歩道で、毎週火曜日は池袋駅西口で、そして毎週水曜日には新宿区の職員とともに新宿区歌舞伎町で行っています。また、新宿区立環境学習情報センターと連携し、新宿駅東口の商店街をはじめ、神楽坂地区や四谷地区で、ガム取りを体験する「まち美化体験会」やまちの素敵なエコを探す「エコウォーク」を開催し、環境問題に対する普及・啓蒙活動にも取り組んでいます。

●人と環境に優しく
従来のガムを剥がす作業は、腰をかがめ、膝をついて力任せに作業していたため、人体に大きな負担となっていましたが、立ったままガム取り作業ができる「ガム取り棒」を開発したことで、人体への負担をかけずに行えるようになりました。人と環境に優しい道具・溶剤を使用することでによって、誰もが安心・安全に”まち美化”活動に参加できる環境が整いました。ガム取り作戦には、ご年配の方から学生まで、幅広い世代の方が参加しています。ガム捨て問題に関心を持つ方が増えるなど、その効果を実感しています。

これからにむけて
新宿区で長年清掃活動に取り組んでいる方から、通りすがりのサラリーマンまで、色々な方と一緒にガム取りをしてきました。これからは、まちをよく知るご年配の方や、外国の方、そしてハンディキャップをお持ちの方とも一緒にガム取り活動を行うなど、活動の幅を広げ、地元である新宿を足元からきれいにしていきたいと思います。

パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成19年度新宿エコワングランプリ グループ部門 優秀賞
「"こんな家に住みたい!"地球にやさしいecoハウス」 新宿区立西戸山中学校 園芸部

西戸山中学校園芸部は、今年の活動目標を「地球温暖化対策」とし、1年生から3年生まで13名の部員で活動しました。同中学校の統廃合により校庭の樹木を残したいという思いから、園芸部として自然と環境問題をつなげ、部員が一丸となって活動に取り組みました。

取組み内容
●地球温暖化や環境問題についての調べ学習
はじめに「地球温暖化対策」について知識を得るために、科学系情報雑誌「Newton」や映画「不都合な真実」ほか、様々な書籍から情報を集め学習しました。専門的な用語や知識の習得は難しかったですが、地球環境の状況や変化をよく知ることができました。

●ecoハウスの制作
部員が話し合い、学芸発表会の展示作品として、ecoハウスを制作することに決まりました。出来る限り本物の環境に配慮した住宅に近づけるために、新宿区環境保全課や工務店、自動車会社、造園会社からアドバイスをもらい、設計、材料集め、制作の全工程を部員達の力で作り上げました。ecoハウスには屋上緑化、壁面緑化、太陽光発電、雨水貯蔵の工夫が施されています。

●身近な人々への呼びかけ
ecoハウスの制作に加え、ecoハウスの説明や環境問題の対策をまとめたパネル制作にも努めました。学芸発表会では地球環境の深刻な状況を伝え、地球のために私たちができることを考えようと在校生や保護者、地域の方に呼びかけました。落ち葉の多い時期に行う落ち葉掃き活動の参加人数が増えたり、誰もいない教室の電気や暖房のスイッチをこまめに消したりと、「地球環境のためにできることをしよう」と生徒の意識が変わってきました。

これからにむけて
西戸山中学校園芸部の部員全員がそれぞれ、例えば花の種を植えて育てたり、エコギャラリー新宿でもらったエコバッグを持って買い物に行ったりと、日頃からエコライフに取り組むようになりました。来年度はエコライフの大切さをまわりの人に広めるとともに、リサイクルをテーマに活動し、移植、さし木、根回し等の実践につなげていきたいです。

パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成19年度新宿エコワングランプリ 事業者部門 優秀賞
「エネルギーの大切さを未来を担う小中学生と考えます」 東京電力株式会社 新宿支社

東京電力株式会社新宿支社は、首都圏に電気をお届けしている会社です。人々の暮らしや企業活動を支える「電気」を瞬時たりとも停めることなく送り続けるために、発・送電と配電設備の建設・運転・保守などあらゆる面において日々努力しています。

取組み内容
「地球の将来を担う小中学生が、環境とエネルギーに対して聞いて・見て・考えて、エネルギーを身近なものとして考え、かけがえのないものと理解するきっかけづくりをしたい」、との思いから、新宿区内の小中学生で平成10年頃から様々なエネルギー教育のお手伝いをしています。

●エネルギー講座
電気がつくられる仕組みや地球温暖化など環境とエネルギーに関する講座を、当社の職員が講師になり、スライドや、実際に発電できる手回し発電規模等を用いて行う出前授業を行っています。独自に学校に配布している「エネルギー講座」のご案内や「まちの先生見本市登録集」を見て興味をもたれた学校からご依頼を受け、毎年約22校(平成15年度~19年度平均)、新宿区内のほとんどの小中学校で開催しました。講座では、日本でも有数の電気の大量消費地である新宿の特徴を取り入れ、「新宿区で使う電気を風力発電でまかなうとしたら…?」など「新宿」の視点からエネルギーについて考えることも大切にしています。

●施設見学
エネルギー講座を受講してエネルギーについて学んだ後、より一層理解を深めるために、実際に発電所や変電所・PR館など当社の設備へご案内して、見て・触れて、エネルギーや環境を体験する施設見学会を開催しています。発電所の敷地内にあるビオトープでの自然観察なども、学校のご要望に応じて取り入れています。

●教育イベント・子どもの居場所つくり事業への参加
夏休みや放課後・土日に行われる行政や地域団体等が主催するイベントや行事へ参画し、ソーラーカー作り・炭電池作り・実験クイズ等を通して環境やエネルギーについて考えていただくプログラムを実施。実施回数も毎年増え続け、平成19年度は21回にも上りました(予定含む)。

これからにむけて
”なんだろう?””どうしてだろう?”というワクワクする気持ちを大切にして、子どもたちがエネルギーや環境について興味を持ち、考え理解するきっかけとなる講座や見学会等を、引き続き新宿区の小中学校や地域で開催していきたいと思います。「エネルギー教育」を切り口として、地域の皆さんと一緒に新宿の快適な環境づくりに取り組んでいきたいと思います。

パネル(pdf)のダウンロードはこちら

平成19年度新宿エコワングランプリ 事業者部門 優秀賞
「お客さまへのおもてなしの心を屋上で」 株式会社伊勢丹

株式会社伊勢丹は、新宿に本店を構える百貨店です。「毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹」をスローガンに掲げ、衣食住すべてにおいて、お客さまの生活の質を高めることを使命とし、常に新しい試みに挑戦しています。

取組み内容
「お客さま第一」という姿勢を原点に、従来から「百貨店の屋上」というお客さまにとって”ちょっとワクワクする特別な場所”のあり方について考えてきました。そして2006年6月、本店本館屋上は回遊庭園「アイ・ガーデン」に生まれ変わりました。「アイ・ガーデン」は都会のなかのオアシスとして、芝生広場や雑木林を中心とする安らぎの場を提供するとともに、新宿区で力を入れて取り組んでいる屋上の緑化にも貢献しています。地球・都市環境への配慮、さらに未来を担う子どもたちが環境への関心を高められるような工夫を施しています。

●アイキッズクラブ農園
アイ・ガーデンのオープンとともに、アイキッズクラブ会員の子どもたちとその家族を対象として始めた取り組み。2007年はコットンと2種類のオクラを有機栽培で育てました。苗植えから水やり、虫取り、収穫まで体験し、生長記録を栽培日記につけました。マンション住まい等で土や植物とふれあう機会が少ない子どもたちには良い経験となっているようです。

●ユビキタスガイド
アイ・ガーデンでは季節の様々な草花が楽しめます。「ユビキタスガイド」というIC携帯端末を使って、アイ・ガーデン内11ヶ所に設置されたICチッププレートから情報を読み取り、画面と音声で草花の説明やクイズ、ヒートアイランド対策効果などの環境学習クイズが楽しめます。

●自然環境について学ぼう
昨年の夏休みは、「自然と環境」をテーマに、アイ・ガーデンステージで、押し花作りや太陽の光(エネルギー)で走るソーラーカー作りなど、様々な環境イベントを開催し、多くの方に自然環境について考えてもらうきっかけづくりをしました。

これからにむけて
アイ・ガーデンには親子連れや友達同士・カップル等、様々な方が訪れます。これからも多くのお客さまに安らぎの場と、自然とふれあいながら楽しく環境について学べる機会を提供し、「みどりあふれる新宿」を一緒に創っていきたいと思います。

パネル(pdf)のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

【日時】
2008年03月22日(土)13:30~16:30(受付開始13:00)
【会場】
新宿区立牛込箪笥区民ホール(新宿区箪笥町15)
【式次第】
13:30 特別講演 森田正光氏(お天気キャスター)
15:10 区長挨拶
15:15 エコワン・グランプリ表彰式
15:30 エコワン・グランプリ大賞、優秀賞受賞者プレゼンテーション
16:20 講評

地球温暖化をはじめとして、地球はいま、さまざまな問題をかかえています。今こそ、地球を救うために、私たちが身近でできることを考えていかなければなりません。
 区では、地球温暖化防止や自然保護、3Rなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」を2007年11月1日にスタートして、56点の応募作品がありました。その中から、エコワン・グランプリ大賞、区民・ファミリー部門、グループ部門、事業者部門の受賞者が決まりました。
 上記の内容で表彰式を開催しますので、ぜひご来場下さい。皆様で是非とも様々な取組みを共有していただければありがたいです。

チラシ(概要・式次第)はこちら
参加申込書はこちら
講演会のお知らせはこちら

新宿エコワン・グランプリについてはこちら
たくさんのご応募ありがとうござました。

当日の様子
 
 
 

※このイベントは終了しました

新宿エコワングランプリ特別講演
異常気象と環境問題~どうなる地球温暖化~
講師:森田正光氏(気象予報士・(株)ウェザーマップ代表取締役)

主催:新宿区
協力:首都圏エネルギー懇談会

※たくさんの方にご覧頂けるよう、募集期間を延長、募集対象を拡大しました!
お申し込みはお早めに

【日時】
2008年03月22日(土) 13:30~15:00(受付開始13:00)
【会場】
新宿区牛込箪笥区民ホール
【内容】
地球温暖化をはじめとして、地球はいま、さまざまな問題をかかえています。今こそ、地球を救うために、私たちができることを考えていかなくてはなりません。
区では、地球温暖化防止や自然保護、リサイクルなどの優れた取り組みを表彰するコンテスト「新宿エコワン・グランプリ」の表彰式に先立って講演を開催し、講師に森田正光氏をお招きします。異常気象と地球温暖化の関係を、楽しく学んでみませんか?
【対象】
新宿区内在住・在学・在勤の方、および環境に関心のある方(先着順) ※大人から子どもまで
【費用】
無料

講演会チラシはこちら

当日の様子
 

平成19年度新宿エコワングランプリ大賞
「こどもエコレンジャー 楽しくなかよくエコ活動」 竹内ファミリー

竹内ファミリーは、新宿区の小学校に通うお子さんがリーダーとなって、家族でエコライフに取り組んでいます。昨年の夏は新宿区の環境絵画展にも応募されました。

取り組み内容
エコライフを実践してもうすぐ2年。家族みんなで取り組んでいます。家族でエコクラブを結成したり、環境イベントや講座に参加するなどして、取り組むエコアクションの数がどんどん増えていきました。今となっては、「エコをしないと居心地がワルイ!」と感じています。ひとりでできること、家族や友達と取り組めること、学校や地域で取り組めることなど、いろいろあります。みんなで「エコの気持ち」をふくらませよう!

竹内ファミリーのエコアクション
全部で78個のアクションの中から、一部をご紹介します。
●省エネ・CO2排出を抑える
 ○お掃除は掃除機よりほうきやぞうきんを使う
 ○出かける時は自動車は使わないで徒歩や自転車を使う
 ○歯磨きはコップ1杯の水ですませる
●水の汚れを防ぐ
 ○合成洗剤ではなくエコな洗剤を使う
 ○みそ汁や油などを流さない
 ○水源林保全のイベントに参加して、森の間伐剤で本棚を作った
●環境問題について考える
 ○エコ・チェックダイアリーを活用して暮らしのエコ度を点検する
 ○エコレンジャーを学校で広めてエコに関心を持つ人を増やす
●ごみを減らす
 ○給食は残さず全部食べる
 ○ごみの新分別ゲームにチャレンジして覚えた
 ○地域の清掃活動に参加する
●資源のむだ使いを防ぐ
 ○お買い物には、ペットボトルの再生布で作ったマイバックを持っていく
 ○使われなくなったカフェ・エプロンをお便り入れとして再利用している
 ○使い捨てのものはなるべく買わないようにする
●動植物とのふれあい
 ○ベランダでミニトマトなどの野菜を無農薬で育てたり、メダカを飼っている
 ○アサガオでみどりのカーテンを作った
 ○アゲハチョウを卵から育てた

これからにむけて
いろいろなエコアクションに取り組んで、ごみや排出するCO2が減ったり、エコ仲間が増えたり、「エコライフって楽しい!」と思いました。これからも、家族や友達、地域の人と一緒にエコアクションに取り組んで、新宿が環境にやさしくて自然がたくさん残っているまちになってくれるといいなぁ、と思います。

パネル(pdf)のダウンロードはこちら

※このイベントは終了しました

新宿の環境を守るためのアイデア 募集!
「新宿エコワン・グランプリ」コンテスト 参加者募集!

【募集目的・内容】
  「新宿エコワン・グランプリ」は、環境保全に関する意識の醸成及び行動の促進を図るため、個人及びファミリー(家族)、グループ(区民団体)並びに事業者において実践されている地球温暖化防止のための活動、自然の保護、緑や水辺の創出、省エネルギー・省資源、ゴミの減量化、リサイクルなど、環境にやさしい暮らしや企業活動、個性あふれる身近な取り組みを募集、表彰し、その活動を広めることを目的とします。
【応募対象】
 個人・ファミリー(家族)部門:区内で活動する個人または家族
 グループ(区民団体)部門  :区内で活動するグループ
 事業者部門         :区内に事業所を有する事業者
【応募方法】
 ?@応募用紙に必要事項をご記入の上、写真、新聞記事、報告書、活動の実績をアピールする資料などを裏面もしくはA4版の台紙に添付(必要な場合のみで結構です)し、送付してください。なお、送付していただいた書類等はお返しできませんのであらかじめご了承ください。
 ?A自らが応募するか、推薦者が応募をしてください。
【応募期間】
 平成19年11月1日(月)~19年1月25日(金)(当日消印有効)
【表彰】
 下記の賞を選考して表彰します。
 ・区長賞(「新宿エコワン・グランプリ」大賞)全体の中から1件 賞状及び副賞
 ・優秀賞 部門ごとに2件ずつ  賞状及び副賞
 ・チャレンジ賞  部門ごとに数件ずつ 賞状及び副賞
 ※受賞された個人・ファミリー、グループ、事業者は、表彰式にて内容を発表していただいたり、新宿区ホームページに掲載させていただいたりするなど、活動を紹介させていただきます。
【応募用紙・ポスター】
応募用紙はこちら 更新日:07年12月13日 期間の延長と申し込み先を加筆修正しました。
ポスターはこちら(縮小版) 更新日:07年12月13日 期間の延長と申し込み先を加筆修正しました。
実施要綱はこちら 更新日:07年12月13日 追加掲載しました。
※申込書のエクセル形式のデータをご希望の方は、お問合せよりご連絡下さい。

【新宿エコワン・グランプリ授賞式】
  平成20年3月22日(土)
  場所:新宿区立牛込箪笥地域センター

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年12月09日(日) 10:00~16:00
【会場】
落合第一地域センター
【内容】
●講演会(13:00~14:30)
 「ごみは減らして地球環境を守ろう」
 講師:小田烈弘氏(財団法人社会経済生産性本部エネルギーコミュニケーター)
●地域活動紹介
 地域(おとめ山)清掃活動など
●マイバッグコンテスト入賞作品の展示
●新宿エコレンジャー登場!
●ソーラーカーを作ろう!
●エコ・クッキング
●有機野菜の販売
●環境家計簿・エコチェックダイアリー・生ゴミ堆肥・プラスチックごみの問題の
 パネルの展示
●焼き芋・豚汁を食べて温まろう!
●クイズに答えて景品をもらおう!
 ・折りたたみ式自転車1台・エコツアー無料参加券3枚(エコレンジャー新宿主催分)・
  ウッドチップ(消臭用)多数・携帯用マイバッグ多数 など
※ゴミを出さないイベントを目指しているので、リユース食器を使用します。
【対象】
どなたでもご参加できます。
【費用】
無料
【主催】
新宿区
【協力】
落合第一地区協議会
【お問い合わせ】
新宿区立環境学習情報センター

当日の様子
 
 
 
 
 

※このイベントは終了しました

このページは、移動しました。

こちらをクリックしてください。

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年12月01日(土) 10:00~12:00(雨天実施)
【会場】
新宿中央公園 (集合場所:エコギャラリー新宿前)
【内容】
中央公園自然クラブの会員 日比野佳正氏(自然観察指導員)、野村晃氏(新宿御苑パークボランティア)ほかの解説のもと、中央公園の冬を楽しみます。
【持ち物】
帽子、飲み物
【対象】
子供から大人まで関心のある方 20名(先着順)
【費用】
無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年11月29日(木)必着

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年11月11日(日) 14:00~16:30
【会場】
神楽坂近辺 (若宮公園(若宮町20)集合)
【内容】
歩道上に捨てられているガムの除去と、神楽坂のエコスポット探検
講師:荻野善昭氏(NPO法人環境まちづくりネット理事長)
【費用】
無料
【持ち物】
帽子・飲み物
【申込方法】
当日、直接集合場所へ
【問合せ先】
環境学習情報センター

 

※このイベントは終了しました

【日時】
10月29日(月)午後1時30分から4時 ※31日(水)に補講あり
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【対象】
区内在住・在勤・在学の方および関心のある方 20名
【講師】
千田マサコ氏(布工房 布礼あい)
【費用】
無料
【持ち物】
古い和服をほどいてアイロンをかけたもの・物差し・布はさみ・裁縫道具・ルレット・布に合ったミシン糸・筆記用具
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年10月22日(水)必着

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年10月19日(金) 14:00~16:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
色紙を使って来年の“からくり”カレンダーをつくります
【講師】
大泉紀子氏(ニューシティ絵手紙の会)ほか
【対象】
新宿区内在住・在勤・在学の方 25名
【費用】
無料
【持ち物】
両面テープ
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年10月17日(水)必着

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年10月16日(火) 10:00~12:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
着物の生地でブックカバーとしおりをつくります
【講師】
白子ひろ子氏(パッチワーク・グループりら)
【対象】
新宿区内在住・在勤・在学の方 20名
【費用】
無料
【持ち物】
裁縫道具(まち針)、布用はさみ、鉛筆
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年10月10日(水)必着

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年10月15日(月) 13:30~15:30
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
生ごみを堆肥にする方法をお教えします
【講師】
板本由恵氏(環境カウンセラー)ほか
【対象】
新宿区内在住・在勤・在学の方 30名
【費用】
無料
【持ち物】
水切りした生ゴミ1日分
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年10月13日(土)必着

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年10月12日(金) 10:00~12:00
【会場】
新宿区立環境学習情報センター
【内容】
牛乳パックからハガキを作ります。
【講師】
伊藤京子氏・白井道美氏
【対象】
新宿区内在住・在勤・在学の方 15名
【費用】
無料
【持ち物】
手拭タオル・筆記用具
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年10月11日(木)必着 ※締め切りを延長しました。

※このイベントは終了しました

【日時】
2007年09月29日(土) 10:00~12:00(雨天実施)
【会場】
新宿中央公園
集合場所:エコギャラリー新宿 1階入口
【内容】
中央公園自然クラブの会員 日比野佳正氏(自然観察指導員)、野村晃氏(新宿御苑パークボランティア)ほかの解説のもと、中央公園の秋を楽しみます。
【持ち物】
帽子、飲み物
【対象】
子供から大人まで関心のある方 20名(先着順)
【費用】
無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【応募締切】
2007年09月27日(木)必着

※このイベントは終了しました

炊飯器を使った、目からウロコの調理法をご紹介します!

【日時】
2007年09月27日(木) 10:30~13:00 (受付開始は10:15~)
【会場】
東京ガス新宿ショールーム クッキングスタジオ (新宿区西新宿3-7-13)
【内容】
●メニュー
香りごはん、鶏と野菜の香味漬け、じゃがいもだんご汁
【持ち物】
エプロン・三角巾、手ふき、筆記用具
【対象】
区内在住・在勤・在学の方36名まで
(応募多数の場合は抽選します)
【費用】
2000円(材料費・お土産付) ※当日受付で集金します
【その他】
託児サービスあり(費用は、無料)。2歳から就学前までのお子さんをお預かりします。
【申込方法】
住所・氏名・年齢・性別・連絡先・講座名を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。
【申込締切】
2007年09月18日(火)必着

※このイベントは終了しました

中央公園自然クラブ 会員募集中
 
【日時】
原則として毎週第4火曜日
【会場】
エコギャラリー新宿2F 研修室・中央公園ほか
【内容】
新宿中央公園内の植物などを観察します。
桜や紅葉など、四季折々の豊かな自然を楽しみましょう
【対象】
区内在住・在勤・在学の方、および関心のある方
【参加費】
無料
【申込方法】
住所・氏名・年齢・連絡先・参加希望の旨を明記の上、FaxまたはMailにてお送り下さい。

※このイベントは終了しました

みどりのカーテンの情報ペーパーです。みどりのカーテンをつくっている人同士の情報交換を行ったり、育て方のコツをお教えします。皆さんのみどりのカーテンの情報をお寄せ下さい。

新宿みどりのカーテン便り1(pdf)
新宿みどりのカーテン便り1.5(pdf)
新宿みどりのカーテン便り2(pdf)

※このイベントは終了しました

ごみ問題に関心をもち、資源を大切に「リデュース・リユ-ス・リサイクル」をくらしに活かす大切さに気付き、実践に移すことを目的としている講座です。「もったいない」を合言葉に、3R定着に向けたプロジェクトを実施します。

実施日 2006年10月6日、11月10日、2007年1月26日 全三回
会場 新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿2階)
内容 どのように個人の生活に3Rを取り入れれば、地球に負荷の少ないスマートで健やかな生活を送ることができるか…。そのヒントを探る3回講座です。

共通のキーワードは”もったいない”。
思いは行政・企業・個人であっても同じこと。
私達の暮らす新宿区の現状や具体的な取り組みを知り、参加した方々がともに学んだことを共有し、ネットワークを広げ、自主的な今後の新宿地域づくりにつながることを目指します。

”もったいない”から考える
第1回 お店と消費者で”もったいない”の環をつなごう!
 「全国のレジ袋削除キャンペーンでわかった、3R定着のコツ」
 講師:﨑田裕子氏(ジャーナリスト・環境カウンセラー)
 2006年10月06日(金) 13:30~15:30

”もったいない”から考える
第2回 三つ子の魂百まで!”もったいない”心をどう伝える?
 「見て実感、触って体感!おもしろ3R講座」
 講師:鬼沢良子氏(NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット 事務局長)
 2006年11月10日(金) 13:30~15:30

”もったいない”から考える
第3回 イベントにリユースカップ導入 
 「若者が変えていくスマートなリユース3R取り組みから学ぶ!」
 講師:濱中聡史氏(国際青年環境NGO A SEED JAPAN 代表)
 2007年01月26日(金) 13:30~15:30

※このイベントは終了しました

広く区民や事業者がごみ問題や地域の課題に関心をもち、ポイ捨てなどのないまちにするために、
美化政策に関するシンポジウムを開催します。

語ろう!住みやすい新宿“エコからまち美化まで”
日時 2007年03月20日(火)14:00~16:00
場所 エコギャラリー新宿 研修室
内容 新宿6%チーム・エコファミリー・省エネナビ経験者・エコライフ推進員、まち美化推進者の方々を囲んで報告会を兼ねた意見交換会を行います。
対象 一般区民・企業関係者・学生・団体メンバー等    人数 : 30名
参加費 無料

※このイベントは終了しました

新宿中央公園内で自然とふれあい、自然情報の収集やマップ作りなどを通して、都市環境と自然の
大切さを考えるクラブです。会員以外でも参加できる自然観察会も実施しています。

「高遠コヒガンザクラを楽しむ会!」
日時 2007年3月24日(土)10:00~12:00
場所 新宿中央公園
(集合場所:エコギャラリー新宿玄関前)
内容 高遠コヒガンザクラをはじめ、生まれ変わった新宿中央公園の春を自然クラブ会員と散策します
対象 新宿区在住・在勤・在学の方 30名(先着順)
参加費 100円(資料・保険代)

■参加募集のお知らせ

実施日 毎月第4火曜日 (詳細についてはお問い合わせ下さい)
募集対象 中央公園に関心のある方
募集期間 随時受け付けております
参加費 無料
参加申込み方法 住所・氏名・年齢・電話番号を記載の上、
FAX(03-3344-4434)またはメールにてお申し込み下さい。

※このイベントは終了しました

家庭部門の二酸化炭素排出削減と快適なくらしにつながる講座です。

第2回「みんなで原子力のエネルギーを知ろう!」
日時 2006年11月7日(火) 08:00集合~18:00解散予定
場所 新宿駅西口安田生命ビル前集合→東京電力福島第2原子力発電所
およびその近辺→新宿駅西口安田生命ビル前解散
内容 原子力発電所・エネルギー館・木戸川鮭やな場見学ほか
費用 無料 (ただし昼食は各自負担)
なお、実費1000円で木戸川鮭やな場で捕まえた鮭をお土産に出来ます。

※このイベントは終了しました

「環境家計簿」機能のある小冊子を活用し、実践行動の意欲を高め、環境配慮状況を記録し、環境負荷を
削減するという、エコライフ実践行動定着促進のための事業です。

本当のエコライフ・スタートに向けて ~意見交換したい人集まれ!
日時 2006年11月14日(火) 15:00~17:00
会場 新宿区立環境学習情報センター
内容 「本当のエコライフDAY」を設けて活動している川口市の事例を紹介し、意見交換をします。「エコライフDAY」とは参加者に「1日版j環境家計簿」(=エコライフDAYチェックシート)をつけてもらい、その結果を二酸化炭素削減量としてまとめて発表するという取り組みです。
講師 浅羽理恵氏(NPO法人川口市民環境会議代表)
対象 区内在住、在勤、在学の方 40名(先着順)
参加費 無料

※このイベントは終了しました

ご家庭の電気使用量を表示する「省エネナビ」を貸し出します。電気使用量の状況をいつでもチェックできるので、省エネを心掛けた暮らしができるようになり、電気料金も安くなるかもしれません。

対象 区内在住の方
貸出期間 1年間
貸出条件 3ヶ月に一度、電気使用量や取り組んでいる省エネ行動に関する簡単なアンケートに答えていただきます。

■『省エネナビ』で地球にやさしい暮らしかた -省エネナビモニターの手引き-(部分抜粋)

省エネナビを使ってご家庭の省エネを楽しく、着実に進めていただくために、
まずは、この手引きに沿って取り組みをスタートしてください。

■ 全体の流れ
■ 省エネナビモニター実施の流れ
■ 省エネナビモニターQ&A
■ 個人情報の取り扱いについて

 
全体の流れ

?@要綱をダウンロードし、内容をお読みいただいた上、お申込み下さい。
?Aエコギャラリーまでお電話いただく。(質問等も承っております) 担当:落合・山田
?B要綱の貸出申請書兼決定通知書にご記入頂き、必ず身分証明書(住所の書いてあるもの)を
ご持参の上、エコギャラリー新宿までお越し下さい。
?C必ず手引きに従い、設置して下さい。
 ※外箱は返却時に使用しますので、捨てないようにお願い致します。
?Dデータは3ヶ月ごとにご報告をお願い致します。
?E1年後、ご返却下さい。
(ただし、使用の継続をご希望の場合は返却の一ヶ月までにご連絡下さい)

 
-省エネナビモニター実施の流れ-

【1】まず、省エネナビを取り付けてみましょう。
?@ 省エネナビの箱を開けて、「省エネナビ設置マニュアル」を取り出します。
(箱や梱包材は捨てないでとっておいてください。)
?A マニュアルの7ページから11ページに従って、ご家庭の分電盤に電流センサーを取り付けます。
?B マニュアルの12ページに従って、表示器をセットします。
?C マニュアルの19ページから29ページに従って、初期設定をします。
(パソコンで行う場合は13ページから15ページを見てください。)
【2】「省エネナビ・スタートチェックシート」を送りましょう。
?@ この冊子の5ページ目にある「省エネナビ・スタートチェックシート」に記入します。
?A 書き終わったら、郵便かFAXで下のあて先へ送ってください。
送付先:区立環境学習情報センター「省エネナビ」係
・郵送の場合…〒160-0023 新宿区西新宿2-11-4
・FAXの場合…FAX番号:3344-4434
【3】現時点で行っている省エネの取り組みをチェックしてみましょう。
?@ この冊子の7ページ目にある「2.家庭で実践した省エネ行動」(25項目のチェックリスト)
の「設置日」の下の欄に、省エネナビを設置した月を記入してください。
?A 25項目のチェックリストの欄に、実践したものに○、実践しなかったものに×、
該当しないものは空欄で回答してください。
【4】省エネナビを活用しながら、省エネに取り組んでみましょう!
【5】3ヶ月経過したら、「省エネライフ・チェックシート」に記入しましょう。
?@ この冊子の6ページから9ページの「省エネエコライフ・チェックシート」に記入してください。
?A 書き終わったら、郵便かFAXで下のあて先へ送ってください。
※ 郵便で送る場合はコピーを送ってください。原本は手元にとっておいてください。
送付先:区立環境学習情報センター「省エネナビ」係
・郵送の場合…〒160-0023 新宿区西新宿2-11-4
・FAXの場合…FAX番号:3344-4434
【6】引き続き省エネに取り組んでいきましょう!
3ヶ月ごとに「省エネライフ・チェックシート」を記入して送ってください。→【5】

 
-省エネナビモニターQ&A-

Q1 省エネナビはいつまで借りられるの?
借りた月の13ヵ月後の10日までです。例えば、平成18年8月に借りた方は平成19年9月10日が
返却期限となります。
Q2 2年目以降も省エネナビを使い続けたいのですが…
借用期間の更新をご希望の方は、返却期限の1ヶ月前までに、区立環境学習情報センター(?3348-
6277)へご連絡ください。ただし、省エネナビモニター希望者が多数いる場合など特段の事情があるとき
は、借用期間の更新をお断りする場合がありますのでご了承ください。
Q3 借用期間中に引越しをすることになったのですが・・・
必ず引越しをする前に省エネナビを返却してください。
ただし、引越し先が区内で、新たに居住する場所でも省エネナビをお使いになる場合は返却する必要は
ありませんが、必ず引越しをする前に区立環境学習情報センター(?3348-6277)へ新しい住所を
連絡してください。
Q4 省エネナビは友達に貸してもいいですか?
省エネナビを第三者に転貸したり、目的外に使用した場合は、借用期間中でも貸出しの決定を取消し、
返却を求めることがありますのでご注意ください。
Q5 省エネナビを壊してしまったのですが…
速やかに区立環境学習情報センター(?3348-6277)へ連絡してください。故意や重大な過失により
省エネナビを壊したり紛失してしまった場合には弁償していただく場合もありますので、取扱いには
くれぐれもご注意ください。
Q6 どんな省エネに取り組めばいいのか分からないのですが…
区立環境学習情報センター(3348-6277)ではいろいろな環境への取り組みをご紹介しています
ので、お問い合わせください。また、省エネや地球温暖化については下のホームページでもくわしく
紹介していますのでご覧ください。
・財団法人省エネルギーセンターのホームページ
・チームマイナス6%のホームページ
・全国地球温暖化防止活動推進センターのホームページ
Q7 省エネナビを返却するときはどうすれば良いのですか?
?@ まず、測定機を分電盤から取り外してください。「省エネナビ設置マニュアル」にはさみ込んである
取り外し方法をよく読んで、安全に取り外してください。
?A 次に、マニュアル26ページに沿って表示器の初期化をしてください。これにより、今までに計測した
データがすべて消去されます。
?B マニュアル3ページを見ながらすべての物がそろっているか確認して、箱に入れてください。
?C 返却場所は、区立環境学習情報センター、または環境土木部環境保全課窓口(新宿区役所本庁舎
7階)です。

 
個人情報の取り扱いについて

 省エネナビモニターにご参加いただいた方には、新宿区立環境学習情報センターが実施する環境に関する行事や講座のご案内を送付させていただくことがあります。
 また、チェックシートでご回答いただいた内容につきましては、集計し統計データに加工した形で、新宿区または新宿区立環境学習情報センターが実施する講座や啓発事業等にのみ使用することとし、この目的のほかには使用しません。


申込み、詳細、ご質問等は新宿区立環境学習情報センターまで

※このイベントは終了しました

新宿中央公園内で自然とふれあい、自然情報の収集やマップ作りなどを通して、都市環境と自然の大切さを考えるクラブです。会員以外でも参加できる自然観察会も実施しています。

◇自然観察会「高遠コヒガンザクラを楽しむ会!」
午前中は「タカトウコヒガンザクラ」を中心とした自然観察会、午後はスライド等で
高遠町(新宿区の姉妹都市)の自然と文化歴史等の紹介をします。
【日時】 2006年3月25日(土)10:00~12:00
【場所】 新宿中央公園
【講師】 「新宿中央公園自然クラブ」の会員
(日比野佳正氏/自然観察指導員・野村晃氏/新宿御苑パークボランティアほか)
「NPO法人自然学校ふる里あったかとお」スタッフ
【主催】 エコギャラリー新宿

◇自然観察会「新宿中央公園・区の樹、ケヤキを観よう!」
中央公園で区の樹ケヤキを中心に初秋の樹々の自然観察会
【日時】 2005年9月24日(土)10:00~12:00
【場所】 新宿中央公園
【講師】 「新宿中央公園自然クラブ」の会員(自然観察指導員等)

◇自然観察会「アジサイ咲く中央公園、初夏の草花を訪ねて!」
初夏の中央公園でアジサイをはじめとした様々な草花を観察します。
【日時】 2005年6月11日(土) 10:30~14:30
【場所】 新宿中央公園

◇自然観察会「紅葉と冬支度の樹木を観よう!」
晩秋から初冬へと移りかわる公園内で、紅葉を中心とした樹木等を観察します
【日時】 2005年12月3日(土) 10:00~12:00 (集合/9:50 エコギャラリー新宿)
【場所】 新宿中央公園
【講師】 「中央公園自然クラブ」の会員
(日比野佳正/自然観察指導員、野村晃/新宿御苑パークボランティア)ほか

※このイベントは終了しました

「我が家の環境大臣」になって、楽しくエコライフをおくろう!
◆「我が家の環境大臣」には、子どもでもお父さんでも家族のだれでもなることができます。
 みんなで話し合って決めてね!
◆エコライフのアイデアいっぱいの環境家計簿、会員証、ステッカーは、エコギャラリー新宿にとりにきてね!
 その1 家族の中の一人が「我が家の環境大臣」になります。
 その2 我が家の環境大臣は「楽しく」暮らしをチェックします。
 その3 ホームページなどで新宿のみんなのエコのアイデアや取り組みを紹介します。
 その4 省エネやエコライフのイベントや講座があります。
 その5 交流会や発表会もあるよ!

「エコファミリーになろう!」プロジェクトとは
 「我が家の環境大臣事業」(環境省主催)に登録して、エコライフのヒントになるツール「ECO-CHO」をもらいます。登録者にはエコギャラリー新宿からエコライフに関する情報提供をします。

「エコファミリーになろう!」プロジェクト
~企業・団体・地域・行政・学校の環境活動の広がりを目指す会合~
【日時】 2005年11月18日(金)18:30~20:30
【内容】 第1部 基調講演「協働の環境まちづくりの広がりに向けて」
     講師 崎田裕子氏 (ジャーナリスト、環境カウンセラー)
第2部 「我が家の環境大臣事業」説明会
     説明 財団法人日本環境協会(我が家の環境大臣事業事務局)
【会場】 エコギャラリー新宿(2階・新宿区立環境学習情報センター)
【対象】 事業者、環境団体、教育機関、関心のある方、等
【募集人員】 50名(先着順)
【主催】 新宿区立環境学習情報センター
【協力】 財団法人日本環境協会(我が家の環境大臣事業事務局)

セミナー「身近なところからはじめるエコライフ」
テレビや雑誌で話題の節約アドバイザー、丸山晴美さんのセミナー&ワークショップを開催いたしました。
【日時】 2005年8月4日(木) 10:30~12:30
【基調講演】 「身近なところからはじめるエコライフ」
【講師】 丸山晴美氏(節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー)
 
 

2005年9月23日 早稲田地球感謝祭で「エコファミリー」を募集しました

※このイベントは終了しました

地球温暖化防止」「循環型社会作り」「自然再生」などをテーマに、わかりやすく、 具体的な体験を通して参加者の「エコライフ」の実践を応援します。

第11回 <あなたのエコを発信しよう!「私たちのエコライフを広めよう!」>
エコライフ(環境にやさしい生活)の実践事例を区民の方に伝えるための企画案の作成
【日時】 2006年3月20日(月) 10:00~12:00 (集合9:50 エコギャラリー新宿)
【会場】 エコギャラリー新宿2階 (新宿区立環境学習情報センター)研修室
【指導】 森良氏(NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表)

第1回 <バードカービング体験教室「木彫りのカモを作る」>
ナイフや彫刻刀をつかって、木彫りのカモを作ります。
【日時】 2005年4月21・28日、5月12・19・26日(全5回木曜日)10:00~12:00
【会場】 エコギャラリー新宿2階 (新宿区立環境学習情報センター)研修室
【講師】 水上清一氏(野鳥彫刻家/東京バードカービングネットワーク代表)
 

第2回 <古布を使って「ニワトリ型鍋つかみ」を作る>
古布を使って、インテリアにもなるかわいいニワトリ型の鍋つかみを作ります。
時間があれば小物袋もつくりましょう。
【日時】 2005年6月20日(月)10:00~12:00
【会場】 エコギャラリー新宿2階 (新宿区立環境学習情報センター)研修室
【共催】 新宿区立環境学習情報センター、エコライフ推進員・古布リサイクル分科会
 

第3回 <「ストップおんだん館」の見学!>
ストップおんだん館(全国地球温暖化防止活動推進センター)を訪問して、省エネルギーから「地球温暖化」という世界規模の問題を、 自分自身のこととして感じて、考え、行動しいくことができるようなプログラムで解説を受けます。
【日時】 2005年7月20日(水)10:00~11:30
【会場】 ストップおんだん館(港区麻布台)
 

第4回 <落合水再生センター・水リサイクルセンター見学会>
新宿副都心・清流復活事業等の再生水を支える「落合水再生センター」と模型やパネル、シアターを通して水の世界を学べる 「水リサイクルセンター」を見学します。
【日時】 2005年8月19日(金)9:30~12:15
【会場】 「落合水再生センター」、「水リサイクルセンター」

第5回 <目で見てわかる環境測定を体験しよう!>
新宿中央公園ビオトープでの水質・雨水の酸性雨調査と新宿区エコライフ推進員による大気汚染度(二酸化窒素)等の報告など。
【日時】 2005年9月20日(火)10:00~12:00
【会場】 エコギャラリー新宿2階 (新宿区立環境学習情報センター)
【共催】 エコライフ推進員(環境測定分科会)
 

第6回 <地球のことを考えて買い物をしよう!>
買い物をするときのエコライフと省エネ家庭電気製品について
【日時】 2005年10月20日(木)10:00~12:00
【会場】 エコギャラリー新宿2階 (新宿区立環境学習情報センター)

第7回 <秋の収穫祭を体験しよう!>
稲から脱穀・もみすり・精米をして、残ったわらで縄づくりも体験する
【日時】 2005年11月18日(金) 10:00~12:00
【会場】 「新宿中央公園ビオトープ」(雨天時、エコギャラリー新宿 2階研修室)
【講師】 「新宿中央公園ビオトープの会」会員

特別編 <エコ染色でクリスマスカードなどを染めよう!>
丁度、クリスマス(カード)、年賀状の時期にあたり、NPO(山の幸染め会)と協働したリーズナブルな講座となり、 大変好評でした。
【日時】 2005年12月11日(日)10:00~12:00
【会場】 エコギャラリー新宿2階(新宿区立環境学習情報センター)
【講師】 NPO山の幸染め会
【参加者】 16名
【参加者の感想】
○初体験で楽しかったです。 染料がエコで使い方によっては色々おもしろく使えると思いました。
○色の世界が熱を加えることによって広がる。楽しかったです。
○自然にやさしい。環境を守る大切さを実感しました。
 

第8回 <保護樹木の観察と落ち葉の堆肥化の現状から今後の方向性を考える!>
新宿区内の保護樹木の観察と落ち葉の堆肥化の現状報告と今後の取組みの方向性を考えます。また中央公園(熊野神社)の保護樹木等を観察します。
【日時】 2005年12月20日(火)10:00~12:00
【会場】 新宿中央公園・エコギャラリー新宿
【主催】 エコギャラリー新宿(新宿区立区民ギャラリー・新宿区立環境学習情報センター)

※このイベントは終了しました

ごみ問題など地域の課題に関心を持ち、ポイ捨てなどのない美しいまちを実現するために、 区民や区内在勤・在学者、行政の担当者などを交えたシンポジウムを開催します。

<2005年度 まち美化シンポジウム>
【日時】 2006年2月25日(土)午後
【会場】 エコギャラリー新宿1階(新宿区立区民ギャラリー)
【内容】 当日の内容
13:00~ 落合第五小学校五年生の発表
13:30~ マリンバの演奏
奏者:栗原明美氏(マリンバ)・佐藤千里氏(キーボード)
14:00~ 「歩きたくなるまち新宿」を自分たちで作ろう
講師:卯月盛夫氏(早稲田大学教授)

【参加者】 105名
【参加者の感想】 ■中央公園の緑の馨りの中での演奏はとても心を和ませていただき有難うございました。
■そこに住んでいる住民がまず主体的に自分達の町への愛情、愛着を持って住みやすい街づくりへ協力してゆくことが基になっているのではないでしょうか。 これからの街美化、歩きたくなる街新宿へ多くのヒントを与えられました。
■皆様地域ぐるみで環境について前向きに取り組んで活動されている姿がとてもよく分かり、私もまた、認識を新たに致しました。 皆一人ひとりが自覚を持って、まちづくりに気持を向けて活ければ将来住みよい街が築かれていくと思うし、私もそのように努力してまいりたいと思っています。
■ごみ問題は一人ひとりがちょっとした心で気をつければ何でもない事だと思います。小学生がこんなに心がけて取り組んでいるので、感心しました。 地域の住民の心がけの大切さを感じました。
 

※このイベントは終了しました

日常の暮らしを見直しエコライフを実践するための講座を毎月1回、エコギャラリー新宿を中心に開催しました。

第1回(7月5日)「エネルギーについて考えよう」
講師:浅羽理恵氏(川口市民環境会議代表)
生活と密接に関係しているエネルギーについて気づき、自分の生活の中で取り組めるものは何かを考え、行動するきっかけをつくる。
 
<感想>いかに石油に頼った生活をしているかを実感した。川口市のエコライフへの取組みはすばらしい。

第2回(8月2・3日)「古布をつかった草履作り」
講師:伊藤京子氏(エコライフ推進員)
古布リサイクルについての講義と、古布を使ってぞうりをつくる。
 
<感想>自分の足にぴったりのぞうりができて、嬉しかった。

第3回(9月5日)「買い物からエコライフを考えよう」
講師:善財裕美氏(環境カウンセラー)
買い物を通じて「持続可能な社会」について考える。生活に役立つ風呂敷活用術の実践。
 

<感想>今日から風呂敷を活用したい。地球温暖化の話がよかった。

第4回(10月5日)「西友サステナビリティー・レポートを読む会」
講師:高柳友美氏(株式会社 西友 社会環境グループ)
持続可能な社会に向けて、これからのスーパーマーケットの役割。
 
<感想>西友の環境への取組みがよくわかった。活発な意見交換ができてよかった。

第5回(11月5日)「リサイクルについての講義と荷造りバンドを使ってかご作り」
講師:渡辺翠氏(環境リサイクル活動の会 会長)
廃プラスチックのリサイクルについての講義。かご作りの実践。
 
<感想>廃プラのことがよくわかった。市民の理解だけでなく、行動できる体制が必要。

第6回(12月5日)「中央公園の自然でエコ染色体験」
講師:青木孝氏(山の幸染め会 専務理事)
公園の自然に触れながら落ち葉などを採取して、山の幸染めという環境にやさしい技法を使ってハンカチを染める。
 
<感想>すばらしい染色ができて、感動しました。家に帰ってからも挑戦してみます。

第7回(2月10日)「ENEX2005と住宅と住まい展の見学」
講師:なし
ENEX2005(地球環境とエネルギーの調和展)と住宅と住まい展の見学会。

<感想>とても楽しい1日でした。企業の環境に対する意識の高さに驚いた。

第8回(2月18日)「ペットボトルリサイクルで考えるゴミゼロライフ」
講師:松村あづさ氏((株)トムラシステムズジャパン・アジアパシフィック事業開発本部長)
新宿駅周辺のペットボトル店頭回収のモデル実験の見学とゴミゼロライフについての意見交換。
 
<感想>見学会に始めて参加してよかった。リサイクルについての考えを新たにした。

第9回(2月28日)「多摩丘陵の雑木林を訪ねて!」
講師:西田氏(長池ネイチャーセンター)
多摩ニュータウンの長池ネイチャーセンターを訪ねて、長池公園の雑木林をインタープリターと歩く。

<感想>ネイチャーセンターは設備が整い、展示も工夫され、なかなか素晴しかった。

第10回(3月5日)「地球にも人にもやさしいエコクッキング」
講師:森田秀夫氏(東京ガス中央支店 副支店長)、榎本夕佳里氏
エコクッキングの実習。
 
<感想>
生活の中で自分がかなりムダをしていることが良くわかった。
エコに気配りしながら料理することの大切さを学んだ。

※このイベントは終了しました

中央公園の自然との触れ合いを通じて、自然の大切さと都市環境のことを啓発する場となり、楽しい環境活動が地域に定着することを支援しています。

現在の活動は、中央公園のマップ作りと自然情報の収集、情報の提供原稿の作成、また自然観察会の開催をしております。会員募集中ですのでぜひ参加をお待ちしております。

活動日 毎月第4火曜日 10時~12時
 

2004年度活動記
第1回 9/25(土) 自然クラブ発足する。
?@活動日を毎月第4火曜日とする。
?A活動概要など話し合いをする。
?B公園内を見学する。  

第2回 10/26(火) 活動概要を決める。
?@樹木調査をする。
?Aマップを作成する。
?B自然観察会をする。 樹木調査は、主なものは、樹高も測る。
(樹木調査は、公園側との調整もあり当面保留とする)

第3回 11/30(火) 活動内容の再検討をする。
?@自然情報の資料を作る。
(季節による情報などをセンター、HPに入れる)
?Aイラスト的な散策マップを作る。
(特徴のある樹木などを入れる・地図ソフトを使用してみる)
?B一部公園の樹木を調べる。
?C自然観察会を年4回実施する。 会員作成の樹木名のいわれ一覧表を配布する。地図ソフトをノートパソコンに入れる

第4回 12/18(土) こどもエコクラブとの合同でリース作りをする。  

第5回 1/6(木) (非公式な打合せ)
?@3/26(土)に新宿区のゆかりの「タカトウコヒガンザクラを観る会」を開催する。
?A広報は、3/5号とする?B午後は、希望者に自然観察会をする(13:00~15:00)。 募集人員:50名

第6回 1/25(火) 自然情報マップ打ち合わせ
園内植物等調査  

第7回 2/3(火) 13:00~15:00 臨時打合せ会
(3/26公募・マップ打合せ)  

第8回 2/22(火) 3/26公募打合せ 
資料、コース等打合せ。

第9回 3/22(火) 10:00~15:00 公募「タカトオコヒガンザクラを観る会」  

備考 活動時間:定例10:00~12:00

※このイベントは終了しました

私どもは?@ポイ捨てなどのまちのごみ?A放置自転車?B路上の看板やはみ出し商品を、まちを汚す3悪と見なしておりますが、まち美化を推進するには、これらの個別の対策と総合的な視点が欠かせないと考えます。
そこで、このほど新宿区エコライフ推進員まち美化分科会と新宿区立環境学習情報センターが共催で「まち美化シンポジウム」を開催したしました。

第1回 2005年1月19日(水)
■会場 新宿区立環境学習情報センター
■テーマ 「きれいなまちに暮らしたい」(ごみ問題)
■基調講演 西宮幸一氏((株)ダイナックス都市環境研究所主席研究員
■パネリスト 大浦正夫氏(大久保・百人町地区クリーン活動協議会会長)
         杉原 純氏(新宿区環境土木部環境保全課長)
         栗原明美氏(新宿区エコライフ推進員)

第2回 2005年2月9日(水)
■会場 新宿区役所分庁舎7階
■テーマ 「自転車で走るって気持ちいい」(放置自転車問題)
■基調講演 岡本享二氏(日本アイ・ビー・エム(株)本社・環境経営室長)
■パネリスト 内山安之氏(新大久保地区美化推進協議会会長)
         野崎清次氏(新宿区環境土木部道とみどりの課長)
         田中利裕氏(新宿区エコライフ推進員)

第3回 2005年3月2日(水)
■会場 新宿区役所分庁舎7階
■テーマ 「看板やはみ出し商品のない歩道を散歩したい」(はみ出し看板・商品問題)
■基調講演 壱岐健一郎氏((有)リボーン取締役社長)
■パネリスト 増田幾太郎氏(新宿大通商店街振興組合理事長)
         佐野正臣氏(新宿区環境土木部管理課長)
         松本和世氏(新宿区エコライフ推進員)

第4回 2005年3月26日(土)
■会場 新宿区立環境学習情報センター
■テーマ 「区民と新宿区議会議員でまち美化について考えよう!」
■パネリスト あべ早苗氏(日本共産党新宿区議会議員団)
         そめたに正明氏(新宿区議会公明党)
         下村治生氏(自由民主党新宿区議会議員団)
         根本二郎氏(新宿区議会無所属クラブ)
         小野きみ子氏(新宿区議会民主・無所属クラブ)
         かわの達男氏(社会新宿区議会議員団)
         なす雅之氏(新宿区議会花マルクラブ)