第17期を迎えた新宿区エコリーダー養成講座。今期のタイトルは「暮らしに活かすエコライフ・カフェ」。自分の暮らしを見直しながら、利便性や時間短縮を追うのではなく、"健康に"過ごせる日常をデザインできるようになること、つまりエコロジカルな暮らしを楽しく目指せるようなヒントを共有しながら、その気持ちを育てることを目指します。
第1回のテーマは、総論と新宿区の施策とオリエンテーション。﨑田裕子さんから「地球環境の今と未来~今、私たちにできることを考えるために~」として、時代の潮流と社会課題をふまえ、低炭素社会実現に向けて私たちが目指すエネルギーのあるべき姿を、そして循環型社会に向けて私たちが目指す地域の在り方を、数々の事例をあげながらお話いただきました。限りある資源を賢く使いながら、自分で、そして地域でできることを実践していくこと。持続可能な地域づくりは、地域(の想い)と専門性がパートナーシップを結ぶことで実現に近づくというお話が印象的でした。新宿区環境対策課の奥山雄樹さんからは、新宿区が取り組む普及啓発事業について詳しくお話いただきました。
 オリエンテーションでは、今期のプログラムの主旨と流れ、見どころをお伝えしました。
4月から話し合いを重ねて練り上げてきた当講座。参加者のみなさんが、参加してよかった!楽しかった!人に伝えたい!と思うような時間を、企画メンバーとともに作っていきたいと思います。
【企画運営】平成27年度(第17期)新宿区エコリーダー養成講座企画運営プロジェクトチーム
崎田さん
崎田さん

奥山さん
奥山さん

自己紹介タイムもありました
自己紹介タイムもありました

20151015174657.jpg
企画メンバー。小山さん、水田さん、鱒沢さん、大槻さん(右から)