暮らしに活かすエコライフ・カフェ⑤を行いました

第5回は「伊勢丹の環境への取り組みー伊勢丹新宿本店見学ー」です。業務推進部 管財担当 施設・環境の小川達夫さんから「三越伊勢丹グループの環境対策について」をお話いただきました。三越伊勢丹では、社を挙げて省エネ・CO2削減に取り組んでおり、とくにLED化は徹底しているそうです。まず店長にLED化した場合の売り場の写真を見せて相談。納得した後に本格的な導入をすすめるそうです。また、小学校への出前授業の実施(環境教育・啓発)、屋上緑化(アイ・ガーデン)、そして宮城県岩沼市での「森の長城プロジェクト」の植樹祭への参加(経営トップも!)など、幅広い環境活動を行っていることを知りました。「ものを売ることが社会課題の解決につながる」という信念をもって活動されているというお話に「わたしたち消費者がすべきこともたくさんあるのでは」と思いました。
つぎに、物流部門での環境配慮を見学しました。ファッション関連で使用するダンボールハンガーは、使いまわしていること。紙ごみとビニールを分別するスペースがあること。従業員休憩所では、分別が徹底されていることを知りました。
屋上のアイ・ガーデンでは、安らぎの空間を作り出す植栽の配置の工夫や、庭園の楽しみ方についてお話いただきました。羽のある生きものは、近隣の新宿御苑からも遊びにくるそうで、"植物を介して楽しめる空間"は、区内の屋上やベランダ、庭をつないでひろがってゆくのだ、と嬉しくもなりました。

【企画運営】平成27年度(第17期)新宿区エコリーダー養成講座企画運営プロジェクトチーム


20151111144541.jpg
つかいまわしているハンガー


20151111144613.jpg
紙ごみとビニールを分別しているスペース


20151111144659.jpg
従業員休憩所の分別スペース(説明:望月さん)

20151111144741.jpg
アイ・ガーデンの竹。あおあおしています(説明:西野さん)