ゴーヤーをおいしく食べるコツ満載の料理教室を、7/26~8/7の4日間、4会場で行いました。今年のテーマは「身体によい、昔ながらの食べ方教えます」。メニューは、白和え・ゴーヤーとなすのふるさと煮・ゴーヤーとかぼちゃのどろりあげです。

まずは、デモンストレーション。マリネ(デモンストレーションのみ)→白和え→ふるさと煮→どろりあげの順に調理方法を紹介してから、いざ調理実習へ。各班に班長さん(スタッフ)が入ります。ゴーヤーを切る係、ごまを炒る係、炒める係・・と役割分担をしながらてきぱきと調理はすすみます。各日12時には「いただきます!」を合図に食事をいただきました。「白和えとはびっくり!」「マリネがおいしい」「八丁味噌とゴーヤーは合いますね」などなど、話がはずみます。それから、「ゴーヤーの育ち具合はどうですか?」「困ったことはありますか?」など、生育状況や困りごとについても情報交換しました。

【企画運営協力】 2015新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム

講師の赤荻さん(左上)とサポーターの伊藤さん(赤荻さん隣)調理実習 牛込箪笥地域センター
サロン♪育ち具合を話し合いました。落合第一地域センター落合第一地区協議会の方々がゴーヤージュースを作ってくださいました。飲みやすくておいしかったです。ごちそうさまでした♪ 落合第一地域センター
調理実習 角筈地域センターメニュー

【関連リンク】
2015 新宿「みどりのカーテン」プロジェクト 「ゴーヤー料理教室&サロン」
新宿「みどりのカーテン」プロジェクトの記事一覧はこちら