9月から始まった講座も、提案発表に向けた話し合いの段階をむかえ、今年度は「循環型まちづくり」と「低炭素まちづくり」の2グループで提案づくりをすることになりました。いろいろなアイデアを出し合い、グループで共有しながら「どのような新宿、その暮らしを目指すのか。また、どう実践し、どう伝えるのか」をイメージし、具体化してゆきます。

循環型まちづくりチームからは、「3Rやごみ削減について勉強し、理解することがスタート」、「環境情報の収集と発信」、「こどもの環境教育」、「エコリーダー養成講座やエコギャラリー新宿をもっと区民に身近にする」、などのキーワードが出ました。そして、「ごみの行方などの環境学習ツアーを行って、意識を高める」、「エコギャラリーにカフェを作り、子供服の回収BOXを設置すれば、より利用しやすくなるのでは?」、「環境学習への意欲を高めること、リデュースを“実践”することや地域の清掃活動に参加することも重要」などの提案がうまれました。

低炭素まちづくりチームは、4つのキーワード(ライフスタイル・水・家電・行政)から、自分たちにできる省エネ、みんなを巻き込んでできる省エネについて話し合いました。「実践している姿を家族見せて、協力してもらう」、「学校が環境教育に力を入れる」、「SNSやHP、ブログなどを環境情報の発信ツールに使う」といった提案も。また「消費者が自分に必要なものやエコな商品を正確に見分けることが大切」、「エコギャラリー新宿のHPなどを利用して、新宿の環境をひろく情報発信することもエコリーダーの役割なのでは?」といった意見も出ました。

そして、企画運営メンバーも「新宿区内で環境行動を実践する区民・事業者を増やすために、いまわたしたちにできること」について話し合いました。「ごみの分別のルールやごみ回収のシステムについて広く知ってもらう」、「植樹する人を育てる」、「みどりの保全隊を結成し、樹木医の協力のもとで活動する」などの提案とともにあがったのが「リペアマーケット」の開催。関東近郊で家具や衣服の修理をしている人や包丁の研師などを集めて“市”をひらき、家庭でできる修繕の講習会や体験コーナーを設けてその技術をひろめ、同時に修理・修繕できるものやその種類を伝えます。新聞社やテレビ局に宣伝してもらい、リペアマーケットを全国区にするといったアイデアも出ていました。

話し合い

話し合い

話し合い

発表

発表

発表


【関連リンク】
新宿区エコリーダー養成講座2014年度開催予定一覧はこちら