※このイベントは終了しました。

コンサート「音楽がくれた希望」生きづらさを抱えながらも、音楽に希望をもらって日々を充実させてきた二人。
これまでの奇跡をたどりながら、耳馴染みの曲をデュオやソロ演奏でお届けします。

【日時】
2013年10月6日(日)
15:30~16:20

【会場】
エコギャラリー新宿 1階区民ギャラリー

【演奏者】
ノブタク (ヴァイオリン:本間惟彦、フルート・ピアノ:小柳拓人)
ノブタク自閉症のヴァイオリン&フルートデュオグループ。
グループ名の「ノブタク」は名前の頭文字から。2010年、障害者もメンバーとして演奏に加わったオーケストラ「コバケンとその仲間たちスペシャルオーケストラ」で出会い、そこでの二人の様子がNHKTV「福祉ネットワーク」で全国放映。
ノブは、5歳より山口音楽教育センターでヴァイオリン療育を始める。タクは12歳からフルートを始め、5歳から始めたピアノでは、ピアノパラリンピック関連の大会他で金賞、優勝多数。ピアノソロでも活動中。
共に、平日は会社員、休日はミュージシャンとして、自閉症啓発イベント、荻窪音楽祭、オーティズム(自閉症)ミュージシャンコンサート、ノブタクとその家族たちコンサート、台湾自閉症音楽楽団との共演など多数のコンサートに出演。

【演奏曲】
イッツアスモールワールド(シャーマン兄弟)
星の世界(コンヴァース)
見上げてごらん夜の星を(いずみたく)
踊る人形(ボルディーニ)
スーベニール(ドルドラ)
トルコ行進曲によるコンサートパラフレーズ(モーツァルト=ヴォロドス)
「八重の桜」メインテーマ(坂本龍一)
ふるさと~嵐~(youth case)
大きな古時計(ワーク)

【費用】
無料

【申込方法】
直接会場へお越しください。

【関連リンク】
チラシのダウンロードはこちら