※このイベントは終了しました。

事業者向け地球温暖化研修セミナー

~新宿中央公園でフィールドワーク~

企業が取り組む生物多様性保全「生き物調査体験&事例紹介」

COP10の成果を踏まえ、生物多様性国家戦略が改訂され、愛知目標の達成に向けてロードマップを実現するために企業には、どのような取組みが求められているのでしょうか?生物調査や自然環境の保全・修復のプロフェッショナルである(株)ラーゴと環境経営コンサルティングの(株)フルハシ環境総合研究所が講師を務め、企業の事業所内でどのように生物多様性保全の取組みが行われているかをご紹介し、実際に中央公園内でフィールドワークを行います。また、保全計画を策定し、保全活動、コミュニケーションツール作成までの流れをご紹介しますので、初心者の方から既に活動を始めている方まで幅広く聞いていただけます。ご参加をお待ちしております。

【日時】
2013年5月10日(金) 14:00~17:00(受付開始13:30)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター 2階研修室

【内容】
1.なぜ、生き物調査が必要なのか?
 ・調査から見える生物多様性保全の取り組み
2.企業、地域の保全・活動事例紹介
3.新宿中央公園でフィールドワーク
 ・生物調査体験
 ・サウンドスケーププログラム

【講師】
(株)フルハシ環境総合研究所 岩田茉莉江 氏(研究員/音風景プロデューサー)
(株)ラーゴ 濱田知宏 氏(生物多様性研究室 専門研究員)

【定員】
30名(先着順)

【費用】
無料

【申込方法】
「5/10事業者向け地球温暖化研修セミナー」「氏名・電話番号・メールアドレス」、「会社名・部署名・役職」を明記の上、Fax、またはメールにてお申し込みください。

新宿区立環境学習情報センター
〒160-0023
東京都新宿区西新宿2-11-4 (新宿中央公園内)
FAX:03-3344-4434
E-mail:

【申込締切】
2013年5月3日 必着

【関連リンク】
チラシのダウンロードはこちら