※このイベントは終了しました。

※この講座は定員になりましたので募集を終了いたしました

江戸時代、内藤家の下屋敷が現在の新宿御苑にあった縁で高遠から新宿区に寄贈されたタカトオコヒガンサクラを中心に観察します。
(予定ルート:多武峯内藤神社→「高遠小彼岸桜」の碑→玉川上水内藤新宿分水散歩道→新宿御苑内)

タカトオコヒガンザクラ

タカトオコヒガンザクラとは…
タカトオコヒガンザクラは、小ぶりでピンクがやや強い、可憐な花を咲かせます。
高遠(長野県高遠町、現在は長野県伊那市)固有の種類であるとして、タカトオコヒガンザクラと命名されている貴重な桜です。
長野県の天然記念物に指定(昭和35年2月)されていて、「門外不出」として大切に守られています。
その門外不出のタカトオコヒガンザクラなのですが、高遠のお殿様であった内藤家の下屋敷が、江戸時代、現在の新宿御苑の場所にあったので、その縁で、新宿区の新宿御苑と新宿中央公園に寄贈されました。

【日時】
2013年3月30日(土)10:00~12:30

【集合場所】
四谷地域センター

【解散場所】
新宿御苑内

【対象】
新宿区在住・在勤・在学の方 (※小学生は保護者同伴)

【募集人数】
20名(先着)

【講師】
日比野 佳正氏 ((財)日本自然保護協会 自然観察指導員)
小山 裕三氏 (新宿区エコライフ推進員)

【持ち物】
帽子、飲み物

【参加費】
御苑入園料(大人200円/小中学生50円/幼児無料)

【協力】
新宿中央公園自然クラブ

【申込方法】
※この講座は定員になりましたので募集を終了いたしました
「3月30日 自然観察会参加希望」、氏名、住所、電話番号を明記の上、ハガキまたはファックス、メールにてお申込みください。

新宿区立環境学習情報センター
新宿区西新宿2-11-4
FAX:03-3344-4434
E-mail:

【申込締切】
※この講座は定員になりましたので募集を終了いたしました
2013年3月23日(土)必着
※応募者多数の場合は先着順となります。

【関連リンク】
チラシのダウンロードはこちら