※このイベントは終了しました。

~宮城県松島町・七ヶ浜町を例にとって~

東日本大震災に学ぶ 被災地の現状と復興計画の実際

2011年3月11日午後2時46分、未曽有の災害が日本列島を襲いました。
あれから1年半、東北3県をはじめとした被災地は、少しずつ、復興への道を歩んでいます。
定期的に宮城県沿岸部を訪れている卯月先生、および卯月先生の主宰する「早稲田大学 都市・コミュニティデザインゼミナール」の皆さんと震災復興の現状と将来のあり方を考えます。

【日時】
11月24日(土) 14:00~16:00(13:30開場)

【会場】
新宿区立環境学習情報センター2階研修室

【講師】
卯月盛夫氏
・早稲田大学社会科学総合学術院教授
・都市デザイナー・一級建築士
・国土交通省派遣宮城県松島町及び利府町震災復興計画アドバイザー
早稲田大学都市・コミュニティデザインゼミナールの皆さん

【定員】
50名(先着順)

【参加費】
無料

【主催】
新宿区立環境学習情報センター

【共催】
新宿まちづくりの会

【お申し込み】
「11月24日講演会」「住所・氏名・電話番号・メールアドレス」を明記の上、ハガキまたはファックス、メールにてお申込みください。

新宿区立環境学習情報センター
新宿区西新宿2-11-4
FAX:03-3344-4434
E-mail:

【申込締切】
11月19日(月)必着

【関連リンク】
チラシ(PDF)のダウンロードはこちら