特別講座(11/3)『新宿の盛り場今昔 ―新宿はこれからどんなまちになるのだろう―』

新宿の盛り場今昔―新宿はこれからどんなまちになるのだろうーと題し、午前・午後との2部構成、ロングまちあるき(休憩1時間)を行いました。ルート作成・ガイドは、当講座の企画運営プロジェクトチームリーダー、小山裕三さんです。午前の部は、内藤新宿、歌舞伎町を歩きます。四谷区民センターを出発し、四谷大木戸跡、水道記念碑から玉川上水の流れを感じつつ花園公園、花園東公園へ。近い距離にある公園ながら、その雰囲気の違いに驚きます。奪衣婆(だつえば)像で有名な正受院、“投げ込み寺”だった成覚寺から新宿2丁目、四季の路を通りゴールデン街へ。歌舞伎町公園で午前の部を終えました。
午後の部は新宿伊勢丹屋上アイ・ガーデンからの出発。青梅街道を行きます。新宿追分元標を確認してからアルタ前広場の西条八十の碑、馬水槽をじっくり見ました。旧青梅街道の碑も確認しつつ、思い出横丁を通り、昭和初頭の悲しい歴史を語る常圓寺、常泉院に立ち寄りました。続いて、建て替えのために変貌を遂げる成子天神社から、「自分のまちに愛着を持ち続けられる“まちづくり”とは何か」を思わずには居られませんでした。そして“姿見ずの橋”のいわれを持つ淀橋上で一同ひんやりした空気を味わい、神田川の流れを残す道を抜け、ようやくエコギャラリー新宿に到着(ゴール)しました。
過去に思いを馳せながら、いまをあるく。まちの成り立ちを知ることで、現在が違った景色にも見えてきます。誰もが暮らしやすいまちとは?暮らし続けたくなるまちとは?わたしたちはどうしたいか?何ができるか?・・・多くの“きっかけ”を得たまちあるきだったのではないでしょうか。

【企画運営:平成23年度新宿区エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチーム】
※エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチームとは、昨年の講座修了生と以前修了生の7名で結成されたチームで、講座の企画運営を行っています。

成覚寺

成覚寺

成覚寺

四季の路

四季の路

四季の路

アイ・ガーデンでのお弁当タイム

アイ・ガーデンでのお弁当タイム

アイ・ガーデンでのお弁当タイム

新宿通りは歩行者天国

新宿通りは歩行者天国

新宿通りは歩行者天国

淀橋

淀橋

淀橋

【関連リンク】
募集要項はこちら
2011年度 新宿区エコリーダー養成講座(入門編)の予定はこちら