第6回(10/20)『トベ商事見学』

新宿区で回収されるびん、缶、PETボトル、トレー、その他プラスチック、ボンベ缶を資源化しているトベ商事(足立区入谷8-10-29)へ、天ぷら油バスで見学に行きました。車内では、ゲストにお迎えした新宿清掃事務所の志村広司さんから、新宿区のごみの分別について詳しくお話いただきました。
はじめに、戸部社長から「川下から見た循環型社会」と題し、トベ商事の概要、各種容器の生産量と資源化率(1991~2009)、新宿区で回収される資源ごみの量と資源化の過程、リサイクル費用、さらにリターナブルびん推進に向けた取り組みについて、お話いただきました。
つぎに、びん・缶施設、トレー、PETボトル施設、その他プラスチック施設、ボンベ缶処理施設を見学しました。最終的には人の手で分別されている資源ごみの実態に驚いた方も多かったようです。“分ければ資源”を忘れずに、正しい分別を実践、継続し、ひろめていくことがいかに重要か、必要かをあらためて実感した1日でした。

【企画運営:平成23年度新宿区エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチーム】

戸部昇社長

戸部昇社長

戸部昇社長

その他プラスチック資源化施設

その他プラスチック資源化施設

その他プラスチック資源化施設

“PETボトルの山”の前で説明を聞きました

“PETボトルの山”の前で説明を聞きました

“PETボトルの山”の前で説明を聞きました

スプレー缶資源化施設

スプレー缶資源化施設

スプレー缶資源化施設

【関連リンク】
2011年度 新宿区エコリーダー養成講座(入門編)の予定はこちら