公開講座2(9/25)『新宿中央公園の自然観察を楽しもう!』

さわやかな気候のなか、新宿中央公園の観察会を行いました。講師はプロ・ナチュラリストの佐々木洋さん。まずは、「おんぶバッタって知っているかな?おんぶされているのはオス?メス?」のバッタクイズ(答えはオス)でウォーミングアップをしてから、新宿中央公園へ!この季節の中央公園には、バッタがたくさんいます。数分もしないうちに「見つけたー!」の声があがります。つづいてコカマキリも発見。カマの内側にある美しい“トリコロール”模様をみんなで確認しました。耳を澄ませばコゲラの声が。中央公園にキツツキがいるとはびっくりです。ビオトープでは羽先の茶色いノシメトンボに遭遇。滝ではアメンボも観察しました。
エコギャラリーに戻ってからは、昆虫の生態について写真を見ながらお話いただきました。環境の変化から、タガメが絶滅危惧2類に分類されていることに参加者からは「ええっ」と驚愕の声がもれていました。イネ科の植物があるところにはバッタやコオロギがいて、それらを食べる鳥達がいて・・と、生物は“生命の環”のなかに在ることを実感しました。
「都会には原っぱが少なくなっていることが残念」と話していた佐々木さん。寝そべって、駆け回って植物や昆虫に触れ合える場所、動植物に出会える場所は、大切に守り、育てていきたいものです。

【企画運営:平成23年度新宿区エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチーム】
※エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチームとは、昨年の講座修了生と以前修了生の7名で結成されたチームで、講座の企画運営を行っています。

コカマキリ。カマの色が美しい。

コカマキリ。カマの色が美しい。

コカマキリ。カマの色が美しい。

ビオトープ

ビオトープ

ビオトープ

アメンボ観察

アメンボ観察

アメンボ観察

【関連リンク】
募集要項はこちら
2011年度 新宿区エコリーダー養成講座(入門編)の予定はこちら