第2回『持続可能な社会を目指して地球環境問題を学ぼう』

総論の講師は崎田裕子さん(環境ジャーナリスト)。地球規模ですすむ温暖化の実情とともに1950~60年代に日本各地で発生した公害問題、1993年に制定された環境基本法、2012年の「リオ+20」まで、日本社会の“環境問題”への取組みの足跡をお話いただきました。“経済のグリーン化”をキーワードに、環境まちづくりの7つの視点(市民参加・連携協働・地域性・次世代・継続発展・まちづくり・経済性)や、地域環境力の見える化と継続する仕組みづくりが必要とのお話も印象的でした。
後半は、講義を聞いて関心をもったことを1人ずつ発表。話してみたい人同士で集まり、グループをつくりました。できたグループは「地球温暖化」「経済のグリーン化・コミュニティビジネス」「地球環境を守る」「持続可能な社会」の4つ。初めてのグループ討議とは思えないほど白熱した話合いでした。

【企画運営:平成23年度新宿区エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチーム】
※エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチームとは、昨年の講座修了生と以前修了生の7名で結成されたチームで、講座の企画運営を行っています。

環境まちづくりの7つの視点についてもお話いただきました

環境まちづくりの7つの視点についてもお話いただきました

環境まちづくりの7つの視点についてもお話いただきました

白熱した話し合い

白熱した話し合い

白熱した話し合い

【関連リンク】
2011年度 新宿区エコリーダー養成講座(入門編)の予定はこちら