応募者多数のため12月の講座にご参加いただけなかった方々に向けて行った「土のリサイクル&生ゴミからたい肥づくり」。会場は東戸山小学校です。前半は、みどりのカーテン終了後の土を元気によみがえらせる「土のリサイクル」と「ルッコラの植え方」について、外山たら先生(NPO法人日本コミュニティーガーデニング協会会長)から教えていただきました。また、プランターから根を取り除き、土をふるい、石灰と水を加え、黒ビニール袋に入れて陽に当てるまでを、エコライフ推進員の赤荻さんと桐生さんに実演いただきました。
 後半は、エコライフ推進員の土橋由枝さんを講師にお迎えした「生ゴミからたい肥づくり」。実践に基づいたノウハウをたくさん教えていただきました。質問コーナーでは、ナスを植えることはできますか?ピーマンはどうでしょう?などなど野菜栽培に関する質問もあがり、外山先生、土橋さん、そして桐生さんから丁寧にお答えいただきました。
【企画運営協力 :2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】


「土のリサイクル」
外山先生(左)と土橋さん(右)

「生ゴミからたい肥づくり」の
土橋さん(右)と赤荻さん(左)

校内には生育記録シートを展示しました。
プランターの野菜は、みどりのカーテンの
仲間で結成した“みどりのクラブ”の
桐生さんによるものです。