※このイベントは終了しました。

 

当イベントが、毎日新聞で紹介されました
【日時】
2011年1月6日(木)~1月20日(木)10:00~18:00
【会場】
エコギャラリー新宿1F 新宿区民ギャラリー

【入場料】
無料
【内容】
 2010年は名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されるなど、生物多様性に対して関心が高い一年でした。しかし、まだまだ「生物多様性って、なに?」という声もあります。
 そこで、生物多様性に関わる取組み、活動をしている団体等からのパネル等の展示、紹介を行います。ぜひ、ご家族・ご友人と共にご来館いただき、『生物多様性がどうして大切なのか』という理解を深めて頂けると幸いです。
【展示団体一覧】
アース・ビジョン組織委員会/A SEED JAPAN/アニマルパスウェイ研究会/オーストラリア日本野生動物保護教育財団/環境省自然環境局 生物多様性センター/環境省新宿御苑管理事務所/環境省 生物多様性地球戦略企画室/(財)国民公園協会新宿御苑/ジュゴン保護キャンペーンセンター/知床世界遺産センター/新宿区エコライフ推進協議会 みどりと生物分科会/新宿区立環境学習情報センター/新宿自然クラブ/新宿中央公園ビオトープの会/NPO法人 生態教育センター/地球生きもの委員会映像化プロジェクト/動物かんきょう会議 製作委員会/NPO法人 日本ガラパゴスの会/日本クマネットワーク/株式会社ヌールエ デザイン総合研究所/熱帯林行動ネットワーク(JATAN)/ブッシュをにぎわす植物 森田 芙紀(オーストラリア在住)/リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>(敬称略・五十音順)


【関連リンク】
ポスターのダウンロードはこちら
「毎日新聞」にて生物多様性展が紹介されました。の記事へ