テーマは「みどりとまちづくり」。甲斐徹郎氏((株)チームネット代表取締役)から、まちを豊かにするツールとしてみどりを活用した事例を多数ご紹介いただきました。
 ケヤキをシンボルツリーとしたコレクティブハウスのお話(欅ハウス)や、個人の趣向ではじめたみどりを増やす活動がご近所にひろがる“まちなか緑化”からみどりが地域のコミュニケーションを増やし、またコミュニティとしての居場所作りに大きな役割を担うことを学びました。さらに、都留大学の学生の“エゴ”からはじまったという活動(カフェ)から、まずは自分の思い(願い)から始めることが、周囲を巻き込み、仲間を増やすポイントになることを実感しました。
 後半は、“自分の思いがそうなるようにプロセスをデザインする「そうなっちゃう理論」”をヒントに、「自分のためのまちづくり」を話し合いました。
 個の“お得感”がやがて共有の“お得感”となり必然的にひろがっていく、他人との関わりで大きなうねりが生まれる、という発想から、まちを生き生きとさせる原動力は「人」そして「人とのつながり」にあるのだと改めて感じました。
【企画運営協力】平成22年度新宿区エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチーム


冗談を交えて分かりやすく
お話しいただきました

話し合いも和気あいあいです

コミュニティガーデンでカフェを行うアイデアを
紹介した「エゴからエゴへ」チーム


【関連リンク】
新宿区エコリーダー養成講座(入門編) 2010年度予定一覧はこちら