新宿駅西口から天ぷら油バスに乗り、トベ商事に見学に行きました。新宿区内の集積所(コンビニは除く)に集められるすべての資源ごみの資源化を行っているのが、トベ商事(足立区入谷8-10-29)です。
 まず戸部社長から、会社概要とリサイクルの流れについてご説明いただきました。またリサイクルは選別からはじまる、リサイクルにはお金がかかる、またリターナブルびんは減少の一途をたどっているといったお話がとくに印象的でした。つぎに、2班に分かれてびんかん・洗びん、トレー、その他プラスチック、ペットボトルのリサイクル、スプレー缶のリサイクル施設をご案内いただきました。厳しい環境のなかで黙々と作業を行う従業員の方々に頭の下がります。そして「私たちがすべきことは、分別の徹底」と痛感しました。帰りのバスは、新宿清掃事務所の志村係長による新宿区のごみ分別についてのお話と質疑応答タイム。ひとりひとりの心がけと取り組みによって、“3R”は推進してゆくのだと改めて思うとともに、利便性を追い求めるライフスタイルを見直し、“変換”を考える時期に来ていること、さらにその変換を楽しむ心のゆとりを持つことの大切さも感じました。
【企画運営協力】平成22年度新宿区エコリーダー養成講座(入門編)企画運営プロジェクトチーム


代表取締役社長 戸部昇氏

びんの選別

ペットボトルがうず高く
積み上がっています

容器包装プラスチック施設。
高い所で作業している人がいます

トレー施設。熱を加えると
黒い塊・インゴットに変わります

これがインゴット

スプレー缶施設


【関連リンク】
新宿区エコリーダー養成講座(入門編) 2010年度予定一覧はこちら