2010年8月14日(土)大久保地域センター、8月15日(日)牛込箪笥地域センターで、ゴーヤー料理教室を行いました。昨年に引き続き高山厚子先生と小野ミチ子先生を講師にお迎えし、ゴーヤーとヘチマの目からウロコなおいしい食べ方をたくさん教えていただきました。メニューは、ゴーヤーのジュース、天ぷら、ちらし寿司、ロール煮、酢のもの、ヘチマの和え物、ヘチマとモズクの味噌汁です。マンゴーカルピスで割ったジュースは、その苦みは彼方へ・・・。ワタも種もまるごと揚げてしまう天ぷらは、捨てるところのないゴーヤーの真骨頂。「おいしい」の声が上がります。ちらし寿司はウコンを入れて炊き上げるので、黄金色です。ぶたひき肉を詰めて大鍋で煮込むロール煮は、“あんかけ”が決め手。うまみが倍増します。酢のものにはモズクも入り、さっぱりスルスルと、またヘチマの和え物は、ごまドレッシングをかけてしっとりいただきます。意外に好評だったのが味噌汁。モズクは味噌汁に合うんです。そのほか、サブメニューの「ゴーヤーのドーナツ」も大人気!ホットケーキミックスの甘さと軽さでゴーヤーはおやつに大変身。どのメニューも驚きとともにおいしくいただきました。
 今回の料理教室には、多くの男性にご応募いただきました。みどりのカーテンを楽しく育て、おいしく食べるコツを共有できるウリトモの環を、さらにさらにひろげてゆきましょう!
 当日の準備、下ごしらえ、運営にご協力いただいた高齢者給食の方々、みどりのカーテンプロジェクトチームのみなさん、ありがとうございました。
【企画運営協力 :2010新宿「みどりのカーテン」プロジェクトチーム】

高山先生(左)と小野先生(右)デモンストレーション
調理中4班は伊藤さん(中央)に
サポートいただきました
天ぷらを揚げている友永さん(中央)ロール煮にあんをかけてます
城さん(手前)と土屋さん(奥)
ゴーヤードーナツを揚げてます
水田さん(左)と赤荻さん(右)
できあがり!
いただきます。かんぱーい!いただきます。ピース!
おしゃべりに花が咲きます