実施日 9月24日(木)午前9時~午後4時
場所 東京スーパーエコタウン・落合水再生センター

第3回が終了しました

午前は東京スーパーエコタウン(10/22のスーパーエコタウン見学の代替日・希望者が参加)の見学です。
「東京スーパーエコタウン」は、循環型社会への変革促進を目的とした東京都の事業です。具体的には、首都圏の廃棄物問題の解決と新たな環境産業の立地を促すため、東京臨海部で都有地を活用して行っている廃棄物処理・リサイクル施設の整備をすすめるものです。現在、公募により選定された8事業者が都有地を取得し、施設の整備・運営を自ら行っています。今回は、OA機器・電子電気機器を中心とした金属複合材のリサイクルを行っている(株)リーテムと、食品廃棄物のリサイクル施設(株)アルフォを見学しました。
午後は落合水再生センターの見学です。テーマは、「水の循環を知ろうーおいしい水ときれいな川―」。はじめに東京都水道局の中村考一氏をお迎えして、上水道のお話をうかがいました。東京都が平成4年以降、金町浄水場(葛飾区)をはじめ各地の浄水場に「高度浄水処理」を導入したことで、水質は劇的に改善したそうです。お配りした『東京水』の味はいかがだったでしょう?!
つぎに、下水道のしくみ(下水をきれにする方法)と落合水再生センターの施設について、西部第一下水道事務所教務課排水設備係 鈴木氏よりご説明いただきました。住宅街という立地条件から、周囲の環境に配慮した管理を徹底している落合水再生センターは、中野区の大部分と新宿・世田谷・渋谷・杉並、豊島、練馬区の一部の下水を処理しており、高度処理した水は神田川、隅田川、目黒川などに放流しているそうです。
その後、2組に分かれ、第一沈殿地、反応槽、第二次沈殿池、砂ろ過設備を見学。下水は、2mの試験瓶の底が見えるほどの透明度に生まれ変わっていました。

 
(株)リーテム (株)アルフォ 独特のにおいがしました
 
砂ろ過施設にて。案内役は佐久間さん。
この水が・・
 こんなに透明になります!


平成21年度 新宿区エコリーダー養成講座(入門編)の概要及び予定表はこちら