「ロールプレイって?!」
「“相手の立場を理解し、意見をよく聞いたうえで自分の意見を的確に伝えるコツを体得”し、環境活動をひろげるための術を身につける!」ことを目指す本日の講師は、環境ジャーナリストの﨑田裕子氏。ロールプレイ(役割演技)をつかったワークショップのはじまりです♪
オリエンテーション後の30秒自己紹介では、進行・終わりの合図をみんなで決めて行いました(テーブルごとにタイムキーパー1人を決定)。前回のニックネームは今日も活きています。
「みどり」「ごみ」「エネルギー」のテーマに分かれ、「市民・事業者・行政・若者」の役割を決めます。「エコに無関心の商店主」「多国籍企業の会長」「留学生」「議会事務局」といったユニークな役に徹しつつ、「自らできること」「他の人に期待すること」「ともにできること」を60分間で話し合いました。
「戸惑いました」「役になりきるのは難しかった」という声もありましたが、前回でコミュニケーションのコツをつかんでいるからでしょうか、全体ではスムーズに進行した印象が大。みなさんの役者ぶりにも驚きました。

 
「批判ではなく提案型で行いましょう」
とルールを発表

 みどりチーム
 
ごみチーム エネルギーチーム

第1回の様子はこちら
コミュニケーション講座の詳細はこちら