エコギャラリーニュースより、一部記事を抜粋して紹介します。

【エコエコ探検隊が行く! 生活の中の身近な疑問Q&A】
~ゴミの分別について新宿清掃事務所に行ってきました。~


池田事業係主任(左) 志村事業係長(右)

 環境に配慮しているつもりでも、日常生活の中で「本当にこれで良いの?」と悩むことがあります。そこでエコエコ探検隊が、区民のみなさんに代わって現場の視察や責任者にお話を伺いレポートします。
 第1回目は、新宿清掃事務所の志村事業係長と池田事業係主任の登場です。お二人は、悩める私達を優しく迎えてくれました!

Q.アルミホイルは燃えるごみ?燃えないごみ?
A.燃えないゴミです。(キッパリ!)

Q調味料などのビンやチューブ容器は、どこまできれいに洗うのかしら?またビンの口についているプラスチックが外れない場合、リサイクルに出して良いのですか?
A.食器を洗った後の残り水などを利用すれば、節水・省エネになります。外れないプラスチックは無理して取らなくても大丈夫。

Q.区民のみなさんにお願いしたいことや、分別についてアドバイスをお願いします。
A.容器包装プラスチックや古紙、ビン・缶などは貴重な資源です! ご家庭に配布している「新しい資源・ごみの正しい分け方・出し方」を参考に分別してください。菓子などの小さな紙箱は、雑誌の間に挟み込むと置き場所に困らないし出す時に楽ですよ。暑い季節はごみの匂いが気になりますね。生ごみは出来るだけ水分を取り除きましょう。

 もっと詳しく知りたい方は、ホームページをご覧ください。ごみの減量と資源の有効利用をお伝えする出前講座もあります。ぜひご活用ください。

新宿清掃事務所HP

エコギャラリーニュースをご覧になりたい方はこちら