※このイベントは終了しました。

【日時】
2009年05月17日(日)日帰り 08:00~18:30(予定) 
【内容】
1、広葉樹の植林実施(桐生・新宿交流のシンボルとして柄杓山周辺を水源の森にする)
2、清流広場で交流野外昼食会(バーベキューやキノコ汁など地産地消を実践します)
3、森と水のお話
4、カブトムシ(幼虫)探し・竹とんぼづくり
5、桐生川親水活動
6、梅田ふるさとセンター訪問
協力:桐生市、赤城クリーン・グリーンエコネットワーク、桐生の清流と森林を守る会
    リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>
【対象】
新宿区内在住・在勤・在学者、および関心のある方
【募集人数】
40名(最少催行人員20名・小学生以下は保護者の同伴が必要):先着順

■当日の様子
 ツアー参加者(晴れ女達)のパワーで絶妙に雨をかいくぐった今回のエコツアーは、桐生の方々のさりげなく深く暖かいおもてなしの心に大感激のツアーとなりました。
 城山では、下草刈りのコツを教えていただいたあと、地元の方々とともにケヤキの下草刈りに挑戦!1年前に植林したケヤキ達の立派な成長を見ることができました。清流広場では、焼き豚のサンド(美味!)、梅田のきゅうり、またウドやさつまいも、かぼちゃ、フキノトウの天ぷらうどん、ホクホクなジャガイモの味噌和えなど、婦人会の方々にご準備いただいた数々の地元のごちそうにうっとり。昼食後は竹とんぼつくりや親水活動、カブトムシの幼虫探しなど、思い思いの時間を過ごしました。あーとほーる鉾座では、祇園屋台や生人形師松本喜三郎作のスサノオノミコト、パワフルな八木節演奏に圧倒されました。

参加者で記念撮影カブトムシの幼虫さがし
おいしい昼食をつくってくださった地元の方々