エコギャラリーニュースよりインタビュー記事を抜粋して紹介します。

今年度からの新コーナー「まちのあの人この人」では毎回新宿の環境活動に取り組む人をピックアップしてご紹介していきます。

【インタビュー:まちのあの人この人】
新宿区立市谷小学校 校長 ??橋 康夫先生

人と人との関わりを大事に「夢を育む環境教育」を実践する

「新宿区は環境教育を実践するうえで恵まれている環境にある」と??橋先生。その理由は?@新宿区が「環境都市宣言」を行っており、行政が環境に対して大変熱心であること?A専門的な知識を持つ企業やNPOが数多く存在すること?Bそれらの専門知識と学校教育とを繋げる優れたコーディネーターがいること?C学校から環境教育に関する情報発信をするとしっかり受け止めてくれる熱意ある保護者・地域の方がいること等だといいます。
 子どもたちにとって新鮮であり、深い知識を体験的に与えてくれる地域の方や企業・NPO といった専門集団が多く存在している新宿の地の利を学校教育はもっと活用すべきであると考えているともいいます。
 2004 年に現任校に着任し、学校ISO や省エネルギー推進モデル校(04 ~ 06)として環境教育に取り組んでいますが、同年、新宿区から学校緑化推進校の指定を受け、学校と地域とが協働で緑化を進める中、翌05 年には保護者・地域の方々による「みどりのボランティアの会」が発足。その他、田村環境事務次官による「地球温暖化」に関する授業(06)や, 民間企業による「マングローブから地球環境教育を考える」授業(06)、「国連・持続可能な開発のための教育の10 年」の出前授業(07)等、積極的に地域・企業・NPO 等との協働での環境教育を実践しています。
 「環境や福祉をライフワークに」と考えていた高橋先生は教員生活の傍ら、13 年前から全国小中学校環境教育研究会にも活動的に取り組み、同研究会会長を経て、現在は相談役、中央環境審議会臨時委員を務めています。新宿区に赴任してから、新宿環境情報ネットワーク(現・NPO 法人新宿環境活動ネット)や「まちの先生見本市」等を通じての企業やNPO、地域の人との出会い、よりネットワークを広げることができ、今に至っています。環境教育の基本はそういった人と人との繋がりだといいます。
 企業で働く人も、教師も、ひとたび職場を離れれば、「地域の人」になります。そんな「生活者」としての視点で家庭や地域を見、そこで自分は何ができるのか、ということを考えることが重要なことです。
 環境問題は、21 世紀最大の課題ですが、子どもに危機感をあおるだけでなく、身近なところでできることを少しずつ実践していけば、地球環境を保全することに繋がると伝え、大人も地域地域の中で、協働で考え、実践していくことが大切だともいいます。
 「職業に囚われず、何かしたいことは?」という質問に「環境…かな」と答えた高橋先生。今後も環境教育推進のリーダーとして走り続ける気概を感じました。

エコギャラリーニュースをご覧になりたい方はこちら